2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 名古屋グランパスエイト 2-0 柏レイソル | トップページ | 横浜FM 3-0 駒澤大学 »

2002/12/08

横浜FC 3-2 デンソー

1208

負けたら終わりの天皇杯。1回戦を無事に勝ち上がった横浜FCは2回戦でデンソーと対戦。デンソーとは過去5度戦い3勝2分け。その全てを観戦しているが、どれも苦戦でやっと勝った、負けなくてよかった、との印象が強い。はっきり言って苦手な相手ではある。

 デンソー応援団との再開も2年ぶり。2年前はお互いエール交換などもやったが今は見る影もなし。もっとも横浜側から「ひっさしぶり!ひっさしぶり!」と声がかかる。デンソー側も応える。「何かやれ!」横浜上がってこい」。デンソー「上がれない、上げてくれ!」横浜「それは無理!」心温まるコミニュケーションではある。・・・そうか?

 対戦も2年ぶりなのでお互いメンバーは替わっている。デンソー得点王の徳重はセレッソに行ったので
全体的に小粒。デンソーサポも数が減っている

 お互いがどっちもどっちの攻撃で均衡した試合が続く。先取点を取ったのはデンソー。前半終了直前にコーナーキックから先取点。非常にマズイ時間帯の失点で、この点数を返すのは難しい。さらに61分、追加失点で0-2。完全に敗色が濃くなってきた。

 ただ、そこがサッカー。各位上のチームに2-0というスコアを計じるほど程サッカーの怖さを思い知らされ
ることはない、
 格下チームが2-0でリードする。格上チームは絶対負けないと意気込む、その差がリードしているデンソーにとって恐怖心を感じ守りモードに入り守りきれずに失点、そして後半ロスタイム、パワープレーからディフェンス吉本のヘッドで同点、ここで完全にデンソーの域は消沈した。そして延長。逆転Vゴール負けにつながり横浜FCが勝利を収めた。

 残酷でかつ美しい試合だった。格下相手に苦しんでいいのかという批判もあるが、カップ戦は格下に苦戦するのは当たり前なので結果が出ればそれでいいと思う。敗れたデンソーの、本当に打ちひしがれたその姿には掛け値なしに拍手を送りたい。

私がJ2、JFLの試合を好んで見るのは全力を出し尽くしたその先にある結果はレベルの差をいとわない、そのことにあるだから。

 私は年間80試合前後見ますが、こういう試合は年に1度見られるかどうかです。見てよかった、行ってよかった。そう思う。今年で横浜FCを離れる選手たち、お疲れ様でした。そしてありがとう。

« 名古屋グランパスエイト 2-0 柏レイソル | トップページ | 横浜FM 3-0 駒澤大学 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋グランパスエイト 2-0 柏レイソル | トップページ | 横浜FM 3-0 駒澤大学 »