2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FM 3-0 駒澤大学 | トップページ | 静岡産業大学 0-0 佐川印刷 »

2002/12/25

鹿島 1-0 川崎

1225

 毎年天皇杯には強い川崎フロンターレ。今年もヴィッセル、ガンバを破って準々決勝進出。負けたら終わりの天皇杯。クリスマスを迎えてもまだ試合ができるのはいいことだと思う。一応、まだフロンターレも応援している身ではあるのだけれど。

 こちらはJ2、相手は鹿島。普通に考えれば鹿島の圧勝であるが、そこはカップ戦、何がおこるかわからない。こちらはモチベーションが高く、相手は勝って当たり前、全力でやれというのは無理なもの。ひょっとしたらの期待も沸く。

 戦前の予想では圧倒的に攻撃をしかける鹿島、ディフェンシブから逆襲を狙う川崎、そういう展開だろう、そう踏んでいた。確かにその通りの展開だった。しかし予想外だったのはそのディフェンシブな戦い方が非常にハイレベルであり、見ている者を全く飽きさせな往き詰まる90分であったことだ。

 鹿島は本山を基点にアウグスト、柳沢がゴールを狙うのだが川崎の、ボランチ鬼木を中心に鉄壁に守りきる。鹿島の攻撃陣が川崎のペナルティエリアに入った瞬間、強烈なスライディングによってボールははじかれる。PKを恐れない守りで川崎の戦術の浸透度が高いことが証明されている。

 しかし残念ながら川崎には鹿島ゴールはあまりにも遠かった。川崎陣内におけるボール奪取率は高く、それゆえにカウンターで鹿島エリアまでは入れるのだが最後の最後に秋田が立ちふさぎ、ペナルティエリアまでは入らせない。川崎には得点の匂いがない。時々FKを得るのだが精度が低く有効なセットプレーにはなりえなかった。

 膠着状態が続いたかに見えた後半11分、ついに先制点を取られる。右サイドFW(アウグスト?)に気を取られた隙にセンターにボールが入り本山に押し込まれる。ほんのちょっとの集中力欠如。これで勝負あったと見ていい。

 鹿島はフォワードを交代させシステムを守備的にする。フォワードはワントップ、トップ下に本山を置いてあとはディフェンスに回る。これで鹿島の勝ちに見えた。 ところが試合終了2分前、絶妙のクロスが鹿島ゴール前に入り、ポストギリギリに伊藤彰が飛び込む。ドンピシャのタイミング。思わず立ち上がったがわずかに届かず。ため息のスタンドとともに試合は膠着し、鹿島勝利で終わった。

 終わってみれば予想通りであったが、内容は満足。2年前、ナビスコカップの決勝で見た同カードにくらべればずっと進歩している。来年度、川崎の見通しは明るい

« 横浜FM 3-0 駒澤大学 | トップページ | 静岡産業大学 0-0 佐川印刷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FM 3-0 駒澤大学 | トップページ | 静岡産業大学 0-0 佐川印刷 »