2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 星陵高校 0-1 高知高校 | トップページ | ザスパ草津 1 (PK 3-1) 1 図南SC »

2003/01/12

ヤマハ 24-24 NEC

0112

 
 試合開始30分前、待ち合わせの時間より少し早く到着。ガイドブック(500円)を買う。秩父宮のチケットボックスはごった返していて落ち着かない。ほどなく、よりふじ氏が到着し、チケットを買ってスタジアムに入る。

 観客は思ったより多くバックスタンドは満席であった。早めにスタジアム入りしたせいもあり、私たちはバックスタンド上段を確保することができた。ラグビー観戦をするのはこれで4回目であるが、サッカーと比るとかなり雰囲気が異なる。全く盛り上げようとしないスタジアムDJ、ゴール裏サポーターの不在等が大きな原因であるが、なによりも客層が全く違う。推定年齢50歳超のオッサンたちがずらり並び、片手にビール、片手にスポーツ新聞を読みながら試合開始を待つ姿は競輪場の観客席のソレと同じで場違いなムードが漂う。

 もっともサッカーだって以前はそうだった。私は三ツ沢で日産や古河の試合を見たことがあるが、カップ酒を並べたオッサンたちに混じって私はじっとゲームを眺めていたのだ。あのオッサンたちはどこに行ったのだろう。多分、まだいるとは思う。サポーター集団や追っかけギャルが台頭してきて相対的に存在価値が薄れてきただけか。急に懐かしさや切なさを覚える。

 もっとも50過ぎて秩父宮でラグビーを見るというのは趣味としてはかなり高尚な部類に入るのかもしれない。神奈川や埼玉、都内の住宅街から都心まで来てビールを見ながらスポーツ観戦というのは誰にでもできることではない。人生を達観した、悠々自適の風格さえ漂う。人生とは、かくのごとく生きたいものだ、とまでは思わないが。

 ラグビーを見るにあたって最大の障害・・それはルールの複雑さである。とりあえずボールは前にパスしてはいけない、ボールを持っていない人にパスを出してはいけない、トライ5点、ゴール2点、ペナルティゴール3点とまで覚えておけばそれなりに楽しめるが限界はある。やはり詳しい人に教えてもらわなければならぬ。

 スタンドでゲームを見ていると、「ノットリリースザボールって何?」とか言う声があちこちから聞こえるので、観客の1割程度はルールを知らない人ではないかと思われる。当然私もそのうちに含まれる。

 ラグビー協会がラグビー人口を増やそうと真剣に考えるのであれば、まずトップリーグのような組織の改革よりも、ルールを知らない一見客をいかに取り込むかを検討すべきであろう。アメフトのXリーグで実施している現役競技者によるゲーム解説(ゲームスチュワード)などはいい方法だと思うのだが。

 味もそっけもない選手紹介が終わり、入場行進曲もなにもかからず選手がピッチに現れる。今日の試合はトーナメントなので負けたら終わり。NECもヤマハも実力が伯仲しているので試合自体は期待できる。

 開始早々、ヤマハがペナルティを得る。このままプレーを続ける手もあるのだがゴールを狙う。トーナメントなので少しでも点を取って有利に進めたいのだろう。この辺の気持ちは理解できる。

 試合は1進1退。前回見た釜石対NECの試合はゴールラッシュ(NECの一方的な)だったのだが、今回はそうではない。素人の私にも実力が拮抗しているのがわかる。よりふじ氏によると、ヤマハの9番、村田選手がキーとなってゲームを組み立てているのでヤマハが押しているように見えるがNECもがんばっている。お互いが少しづつ、トライをきめ、ゴールをきめ13-17、NECリードで前半終了。

 後半も局面は同じだった。とにかく潰す。ボールを持った選手めがけてチャージをする。反則いとわぬ行為の連続で見ているほうも力が入る。

 そして後半、19-24でNECリードのままタイムアップが近づく中、ヤマハが会心のトライ。同点!!ここでゴールを決めれば逆転逃げ切り勝ちであったのだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・残念ながら失敗。同点のままロスタイムへ。

 同点でゲーム終了の場合、トライ数の多さによってNECの勝ちが決まるのでヤマハはとにかく点を入れるしかない。戦法はNEC陣内に入ってペナルティを得る。これでゴールを取る!わかりやすいやり方である。しかしNECもそれはわかっているのでボールを奪うとすぐにヤマハ陣内に切れ込む。

 ロスタイム最後の最後、ヤマハはNECのほんの少しの隙を突いてドロップキックを試みる。これが成功していれば・・・・しかしポストの右を外れ失敗。そして最後のワンプレー・・もう一度ドロップキックを試みるが・・失敗。これでタイムアップ。24-24、トライ数の多さによりNECが2回戦に進出決定。

 ノーサイド・・がっくりとしたヤマハに観客は惜しみない拍手を送る。得点がない試合というのはえてしてつまらないものであるが、私自身は結構楽しめた。ラグビーも最後は駆け引きのゲームなのだということはわかる。惜しむらくはもう少しルールや戦術に理解があればいいのだが。もう少し勉強しよう。明日はサッカー、ザスパ草津の入替戦である。

« 星陵高校 0-1 高知高校 | トップページ | ザスパ草津 1 (PK 3-1) 1 図南SC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星陵高校 0-1 高知高校 | トップページ | ザスパ草津 1 (PK 3-1) 1 図南SC »