2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 2-2 水戸 | トップページ | 横浜FC 2-0 湘南 »

2003/04/19

FC東京 1-1 名古屋

0419a

 今度はFC東京のホームゲームである。等々力からのダブルヘッダであるが1回横浜市戸塚区の家に戻って出直してきたため味の素スタジアムについたのは試合開始40分前。結構ぎりぎりになってしまった。それにしても東京都はどうしてこう狭い道に車がたくさん・・・・・・バイクですら前に進めやしない。

 FC東京のホームゲームでホーム側に座るのは今回が始めて。本日の観衆は1万8千人。FC東京も偉くなったものだ。ほんの3年前は江戸川や西が丘で3千、4千人程度の観客を集めて対戦していたのに。JFL,J2時代は川崎フロンターレのよきライバルとして名勝負を繰り広げてきたのだが・・・。この1万8千人のなかでその昔、町田市陸で富士通対東京ガスをやっていたことを覚えているサポなんてどの位いるのだろう。観衆は100人くらいだったような気がする。もう少しいたかな。

 ということで川崎フロンターレ側の私にとってFC東京はクソッタレである。別にガスサポ(この言い方のほうがしっくりくる。)に恨みは無いけれど、サッカーを観戦するときはこういうチームを一つ作っておくと観戦のモチベーションを高められてよい。丸子橋を挟んだ多摩川ダービーはガスサポだって楽しみにしている筈だ。J2とはしては・・・横浜FCサポにとってはフロンターレは間違いなくクソッタレであろうなあ。鶴見川を挟んだ神奈川ダービーは全然盛り上がっていないけど。どうでもいいけれど鶴見川を渡るのはそんなにめんどうなのか?>川崎華族。せっかく横浜国際を用意しているのに来やしない。夢の島だと大挙して来るのが不思議だ。

 いろいろ理由があるが今年限定でFC東京を応援することにしようと思う。横浜FCはFC東京にずいぶんお世話になっているし。DFのレンタルとかコーチの就職斡旋とか。私も気が変わらないうちにジャガードマフラーを一つ買う。2980円。非常に高い。あくまでも今年限定。来年川崎が昇格したら・・・当然クソッタレである。上がらなければ継続を考える。もちろん東京が降格する分には全く問題ない。来年は代わりに横浜FCが相手をしよう。・・・・これで本気で応援しているのか自分でもよくわからない。

 試合開始時刻が近づきスタメン発表が始まる。アウェイチームを先に言い、後からホームチームを発表するのは他のチームと同じだけれどもホームとアウェイのトーンの落差が少ない。オーロラビジョンに選手の写真を写しながら淡々としゃべる。喋り方は全部英語で観客はパンパンパンと拍手で応じる。この風景はまさにイングランドのプレミアそのものだ。いつからこんなお上品な発表をするようになったのだろう。

 私が知っているFC東京もとい東京ガスの選手紹介は違った。アウェイチームの選手発表はいかにも小馬鹿にした口調でボソボソ喋っていたのに対しホームチームの紹介は行くぜ行くぜとノリがよく発表していた。やっぱりJ1に上がると違うのか。もうこのチームはFC東京であって東京ガスではないのだなとも思う。

 FC東京名物'You'll never walk alone’をスタジアムの観客がみんなで歌い選手入場。横浜FCサポが涙別の思いで返却した迫井は予想はしていたけれどベンチにも入らずがっかり。 試合開始。FC東京は4バック、名古屋は3バックである。名古屋の登録は4バックであるが一人上にあがる。名古屋の最終ラインがどうなっているのかはFC東京のゴール裏にいる私には良くわからない。フォーメーションはともかく両チームとも前線に対するチェックが非常に厳しい。名古屋のウェズレイ、バスティッチに東京の加治、ジャーン、茂庭が張り付く。逆にFC東京の戸田やアマラオには名古屋の古賀や大森がつく。このようにFWがマンマークで張り付かれるとラインを上げられない。あげるとオフサイドをとられるからだ。この場合DFとDFの間にボールをスルーで流せばいいのだけれどそのようなことはしない。以前のFC東京はトウットとアマラオのコンビがこのスルーパスを巧みに流して敵ゴール前まで走りこんでいたのだがそれはもう昔の話。今の東京では個人技で勝負できる選手はほとんどいない。アマラオももう年だと思う。

 もっとも名古屋の出来の悪さはそれ以上で見るべきものが全くない。唯一あるとすれば楢崎のスーパーセーブ位。これを見るべきものとするなら名古屋は重症だ。酒井はフリーランニングを積極的に行うがボールが回ってこない。マンマークされているウェズレイにどうしてボールを出すのか理解できない。名古屋にはオプションが少ないのだろう。

 退屈さと気だるさがスタジアムを蓋いかけた前半35分、サイドを駆け上がった石川が敵DFからボールを奪うと一気にシュートを打つ。楢崎もこんな遠目から打つとは予想していなかったのだろう。反応できないままボールはクロスバーを叩いて直下に叩きつけられ東京先制。スタジアムが歓声に揺れる。佐藤由紀彦と石川のトレードが横浜と東京どちらに有利に働いたのかはなんともいえない。佐藤も横浜で目にみえる活躍をしているところを見るとWin-Winなのかもしれない。しかし少なくとも石川は完全に東京の一員として欠かせない存在になったと思う。金で選手を買う横浜よりは育てて使う東京のほうが彼にとっても良かったかもしれない。

 石川の先制で揺れたゲームも前半残り10分。特にめぼしいものはなくハーフタイム。ゲームの全般は東京が支配していたので東京が勝つだろうと私は思っていた。このときまでは。後半、名古屋の反撃が始まる。中盤の岡山に変えてFWの原を投入。4-3-3もしくは3-4-3の布陣でパワープレイに挑んできた。

 この名古屋の攻撃は実を結んだ。キックオフ直後、東京は防戦一方になる。後半15分、東京のマークがずれた所にボールが名古屋中盤の中村に転がり強烈なミドルシュート。一気に同点においついた。 追いつかれた東京はアマラオ、戸田に変えて阿部と馬場という期待の若手を投入。これで点がとれたら私は原監督を心から尊敬するところだが、いかんせん若すぎて名古屋に軽くあしらわれてしまう。 選手交代枠はまだ一人残っているが、ここで変えるとバランスがバランスが一気に悪くなるのだろう。両チームとも特にアクションをかけないまま残り時間が淡々と過ぎていく。

 私はイライラしてきた。名古屋はともかく東京にとってはホームゲームだ。相手の力量差を考えると・・・少なくとも磐田や鹿島と比べると名古屋は数段落ちる。絶対勝たねばならないはずだ。J1は欧州リーグとは違う。15試合で優勝が決まる大相撲のような短期決戦だ。ここで失った勝ち点2は後々の優勝争いに大きく影響がでる。客観的に見て東京は優勝を狙うのは力不足だがそれをあからさまに見せるのは間違いだろう。ファン心理だって相当悪くなる。

 それでも・・・東京は若い二人を中心にサイドと中央から突破を狙う。これはみんな老獪な名古屋DFにはじき飛ばされてしまうのだがその試みは評価したい。はじき飛ばされたのだからPKなりFKなりをとってくれればいいのだが今日の主審の柏原氏は徹底的に流す。あまりにも流すので主審までプレミアスタイルに変わったのかとさえ思うが、一般のサポには受け入れられないのだろう。東京ゴール裏からクソレフリーの大合唱が起こり始める。

 まあしょうがないよな、と私はあきらめの境地に達し、淡々と試合と残り時間を見る。このゲーム、東京のキーパーソン藤山が出れば少しはまとめられるのかもしれないが・・宮沢では自分のことだけで精一杯なのか。攻めの姿勢を見せてくれないサッカーは見ていてつまらない。あと一人交代枠があるだろう、何故ださない?(後で記録をみたらFWはいなかった。これが原因)願いは通じるまもなく試合終了。1-1の引分け。

 今日の試合、FC東京側で見た感想としては、FWはDFのマークを外せない、中盤の選手がフリーで前に出て来れなかったという点が得点できない大きな原因だったと思う。今のJリーグ全般に言えることだけどとにかくフリーの選手を見つけてパスを出すシーンが多すぎる。スペースの部分にボールを落とし、それがアイコンタクトでも事前打ち合わせでもなんでもいいからとにか走りこむ。この一連の動きをオートマティックにできなければ守るサッカーを破るのは難しいのではないか。せっかくの1部リーグである。普段2部リーグや社会人リーグを見ている私としてはそのくらいの注文はつけたい。

 試合が終わりスタジアムを出る。心配していた雨は降らず星が出ている。夜の9時半に調布にいると横浜に帰るのが面倒だが雨天の中走るのよりはずっとよい。国道20号線から多摩川沿線道路に出て、第三京浜川崎インターへ。道はそれほど混んでおらず50分程度で自宅についた。ダブルヘッダーが原因なのか帰ったとたん疲れがどっとでた。翌日は古河に関東リーグを見に行く予定であったが自宅で静養する。次の試合は4日後の23日、横浜国際でナビスコカップ予選リーグ、横浜F・マリノス対ベガルタ仙台を観戦する予定である。

19:00~東京都調布市 味の素スタジアム

  曇り 観衆 18,383人

« 川崎 2-2 水戸 | トップページ | 横浜FC 2-0 湘南 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 2-2 水戸 | トップページ | 横浜FC 2-0 湘南 »