2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« FC東京 1-1 名古屋 | トップページ | Honda FC 2-0 栃木SC »

2003/04/26

横浜FC 2-0 湘南

0426

 最初に湘南に苦言を一つ。一般にユニホームはファーストとセカンドは色の対比が強いものを選ぶのが基本だと思うが、湘南の場合ファーストが青、セカンドが黄緑という近似色を使っている。これは何か意図があってやっていることなのか。というのも横浜FCのファーストは水色なので試合は黄緑と水色の対戦ということになる。この組み合わせでゲームを行うと緑内障の人は選手の見分けがつきにくい。見え方は大体下の図のような感じ。至近距離ならともかく観戦者と反対側のピッチでゲームをされると訳がわからなくなる。

Image2


 さてその湘南ベルマーレ。現在絶不調で未だ勝ち点6。ウチは7なので偉そうなことはいえないが、湘南の立場から見れば今日の横浜戦は勝てるだろうと予想しているはず。ここは一つ返り討ちにしたい。 先に結果から書いてしまうと2-0で横浜FCが勝った。私から見て勝敗を決めた理由は二つあると思う。一つは風の向き。もう一つは湘南FWのチャンスメークにおける能力不足。 風の向きについてはこの試合、アウェイ側からホーム側にかけて強い風が吹いていた。湘南は前半は追い風、後半は向かい風でプレーしたことになる。私は前半は無得点でかまわない。失点を抑えれば後半は勝負に出れると読んでいた。強い向かい風の中でサッカーをするといのは非常に難しい。ボールコントロールがままならないし攻撃に体力を使うからだ。サイドを駆け上がってゴール前にセンタリングをあげようとしてもどうしても押し戻されてしまう。既に書かれた各サポの観戦記を読むと前半は酷かったとの記述が多いが私は無失点で抑えたことを何よりも評価したい。それは湘南FWのできが悪かったせいもあるが、マシューブーツを始めとするDF陣が最終ラインで湘南を止めた面がおおきいだろう。 当然後半は立場が逆になり、湘南が向かい風になるわけだが、それだけでなく体力が消耗してきているので前半向かい風の横浜より立場が不利なのだ。ゆえに私は横浜のディフェンス面はそれほど心配ないだろうと思っていた。

 もう一つ、これが最大の原因なのだが湘南FWが怖くなかった。栗原の抜けた穴というのがこれほどまで大きいとは私も思っていなかった。プレミア経験者のリカルドは前後の動きに精彩を欠きほとんど消えていた。これが湘南が無得点となった最大の要素なわけだが、それだけでなく失点の大きな要素にもなった。どういうことかというと、湘南はスリーバックを引いているが、ラインを殆ど上げなかった。攻めあがったとしても大体ハーフレイラインと自ペナルティエリアの中間位。これだと3列目との間隔が伸びるのでセンターバックが少し前に上がり2バック状態となる。ゆえにバックス間の前後に大きなフリースペースが出来上がりそこを横浜につかれて失点してしまったわけだ。言い換えると横浜のFW陣も決して良かったわけではない。

 何故湘南のディフェンスはラインを上げられなかったのか。それはFWを信用していなかったから。去年の横浜FCがまさにそうなのだがFWの決定力不足が大きすぎた。それ以前に湘南はシュートまでいく過程の中で横浜DFにボールを奪われすぎた。この奪われた時点でDFがラインを上げた状態だと一気にピンチを招いてしまう。それゆえ湘南の最終ラインは下げた状態で動けなかったのではないだろうか。 私は湘南の3バックの張り詰めた、しんどそうな表情に今の湘南が抱える問題点を見たような気がした。

 逆に横浜の勝因はなんといっても城だろう。この試合、彼はトップ下からボランチの間に入り、攻守で動き回っていた。本来のストライカーとしての彼の姿が見られなかったのが非常に残念ではあるが、結果的にパサーに徹することによってフォワードが生きてきたようにも思える。城の先制弾は先の湘南DFが見せたスキをついて生まれたもので、混戦の中で居場所を見つける彼の才能はたいしたものだと思う。横浜が攻められているときは守備に徹しボールと一緒に相手ゴールまで攻めあがる。この動きは西ドイツ時代のベッケンバウァーのリベロを思い出させる。リトバルスキはそれをまねしたわけではないだろうが、ドイツのキャプテンマークを巻いた城を見るとあながち関係はあるのかもしれぬ。少なくともリティの好きなファンタスティックサッカーはヨハン・クライフ対ベッケンバウアーの、あの74年ドイツ大会だったことを考えると城にそのプレイを期待しても不思議はない。
 
 それ以外の、例えば佐藤の不振、高木の消極さが非常に気になる。気力は買うがなかなか結果がでないのも事実。横浜FCの現在の最大の問題点は結果を出しているのがベテランと言うこと。これは世代交代が上手くいっていないということで、来年、再来年を考えた場合不安になる。いずれにしても今日は勝った事を素直に喜びたい。次節の水戸戦は苦しい戦いになるだろう。引分けで上等だと思うが・・。私は等々力で川崎-大宮を観戦予定。

14:00~横浜市神奈川区 三ツ沢球技場  曇り 観衆 3,701人

« FC東京 1-1 名古屋 | トップページ | Honda FC 2-0 栃木SC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FC東京 1-1 名古屋 | トップページ | Honda FC 2-0 栃木SC »