2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 広島 3-2 巨人 | トップページ | FC東京 1-1 名古屋 »

2003/04/19

川崎 2-2 水戸

0419

水戸が強い。開幕から3連勝でチーム創設以来の首位を奪取。その後負けが込んだりしたがやっているサッカーは悪いものではない。今までのJ2各チームにとって水戸戦は勝ち点を得る草刈場であった。すでにそのようなチームではないのは明白で、どこがどのように変わったのか興味がある。 等々力競技場は晴れていた。毎週毎週雨の連続でなんでここまでしてサッカー見なければならないのかと思っていたが、やっと気持ちよくゲームが見れる。

 等々力の人の入りはかなりよく、メインスタンドは概ね満席であった。私はメインアウェイ側の端に席をみつけキックオフを待った。ちなみに本日の観衆は7420人。新潟や札幌と比べると見劣りしてしまうかもしれないが、この数字はかなり立派だと思う。今ではJ1チームは1万人以上入ることが当たり前であるが、ほんの数年前、2000
あたりは5000人台が標準であった。ベルディの年間平均観客数が7000人台だった筈だ。今日の試合、タイトルもなにもかかっていない普通のリーグ戦で、しかもアウェイサポの来客が全く期待できない水戸戦で7420人と言うのは驚嘆に値する。この数字は胸を張ってよい。野球でもラグビーでも何でもよい。2部リーグ2軍リーグで7000人を集客できるスポーツが他にあるだろうか。いろいろと言われているがもし川崎がJ1に昇格したらホームゲームはコンスタントに1万人を超えるだろう。久しぶりに天気が良かったと言うのは大きな要因にはちがいないが。

※各サイトの川崎の観戦記を読むと観客の多い試合は「動員をかけたのは明白」とか「社命できている人は何人位か」とかいう記述を見るけれどもフロンターレはそのようなことはしていない。確かに富士通社員は組合や総務を通してS席招待券を入手しやすい立場にいるし年間シートの購入も一般よりは安く買える。しかしそれはメインスポンサーとして当然の見返りであり特に問題があるとは思えない。それは市民チームを名乗る横浜FCでもやっている。「社命による社員の動員」に至っては笑止というほかは無い。バブルの最中ならともかく株価が300円を切ろうかという会社に通常の業務を中断させて社員にサッカー観戦を命令させる余裕はない。ただでさえ勤務形態が「吉野家」と嘲笑される会社なのだから。社員はヒマはないのよ。(←生産性が悪いとも言う)もっとも等々力競技場のトラックにずらっと並ぶ富士通○○の広告看板は他のチームには羨ましいだろうなと思う。フロンターレはチーム創設以来常に黒字決算であり、営業努力もせずに億単位の広告収入を得ることは他のチームにはなかなかできないことだろう。

 水戸のサポーター、ビエントアズールはバックスタンドアウェイ側コーナーポスト付近に陣取る。少しずつではあるが去年、一昨年より人数が増えている。水戸も存続運動を乗り越え今年を迎えることができた。一戦、一戦を爪に火を灯す覚悟で迎える気持ちは他のサポには理解できないだろう。本拠地に規格スタジアムがないというのは非常に大きなハンデだと思うが頑張って欲しいと心から望む。 といいつつも敵は敵なわけで叩かなければならぬ。さて、今日はどういう戦い方で来るか。

 14:00ちょうどキックオフ。水戸は登録上3-6-1を取っているがボランチの冨田がディフェンスラインと被る感じでポジションを取り4-5-1の形を取る。冨田は中盤を機軸にフロントに出てくるので、ボランチというよりはリベロに近い。ゲームを作るのは前横浜FCの栗田でトップの小野隆義を上手くサイドにだしスルーパスを連発する。小野はオフサイドに度々かかるものの概して飛び出しのタイミングはよい。線審が少し辛い。

 今日のゲームで水戸がやったこと。それはアウグストを消すこと。今までの川崎のゲームが左サイド中心にしているのを研究していたのか、アウグストとそのパスコースに重点的に選手を配備し孤立させる。それゆえ右サイドの塩川がフリーになるのだがそこはあえて攻めさせる。パスコースが読めるので最終ラインでセンタリングの芽を摘む。なかなか効率的だ。 が・・・・戦力の差はいかんともしがたく、試合は川崎に握られる。個人技に持ち込まれると残念ながら勝負にならない。囲まれるとボールをフリースペースに出し、そこに空いてる川崎選手が飛び込む。33分、塩川のフォローに回ったDF岡山がクロスを上げ長橋が先制。アウグストが機能せずともオプションはある。それが川崎の強さだと思う。

 44分。コーナーキックからジュニーニョが追加点。2-0。得点のタイミングが絶妙でこれで勝負あったように見えた。正直に言うと私自身、水戸の力はこの程度だと思っていた。この1分後までは。 水戸の集中力はすさまじかった。失点後、ダッシュでボールをセンターサークルに戻しキックオフ後すぐにスタートアンドダッシュ。得点の喜びから抜けきれぬ川崎は慌てふためくがボールを取り戻せずトゥーリオに失点。2-1。スタジアムが一気に沈黙する。そしてハーフタイム。

 正直、水戸の怖さを初めて知ったような気がした。その怖さとは・・・自分が弱者であるということを知っていること。それを前提として勝つという意識を持っているということ。こういうチームは本当に怖い。うぬぼれがないぶんストイックに向かってくる。横浜FCのリトバルスキ監督と水戸の前田監督の違い。それはまず自分を知ること、そして敵を知ること。戦術の一番基礎となるべき部分にひょっとしたら差があるのではないか、そうも思える。

 後半開始。45分間にわたりチャンスを演出したのは水戸だった。前半ロスタイムに1点を返したことが自信につながったのかも知れない。後半開始早々、川崎のFKをあっさりカットして同点。その後試合終了までの間、水戸は栗田、山崎、トゥーリオ、そして小野。魅惑のカルテットともいうべき4人がフロンターレエリアでボールをまわしながらプレーをする。それは一昨年の水戸からは想像もできない光景であった。華麗ではない。どちらかと言うと泥臭い。川崎のタックルをかわさないでファールを受けてプレーを切るやり方には苦笑さえしてしまう。しかしそれは絶対に勝つ、勝ち点を取るという真摯な姿勢の延長であり当然のことながらアリだと思う。

 川崎は後半45分、得点をとることのないまま引分けという形でゲームを終えた。同点にされた後のプレーは川崎から見てピンチと呼べるようなものはなく、むしろ決定的なチャンスをいくつか得た点で川崎が主導権を握ったと言っていいかもしれない。しかし自分は弱者であるということを認識して負けないサッカーをした水戸をホームで倒せなかったということは負けに等しい引分けだと思う。この先、川崎が昇格を狙うサッカーをするのであれば、選手の意識改革をする必要がある。それを先頭切って実現できる選手が今の川崎にいるか私にはわからない。

 試合終了直後、雨が降ってきた。傘もカッパももっていない。一休みして味スタに向かう予定であったが一度家に引き返す。出直して味スタに行き、J1のFC東京-名古屋戦を観戦する予定である。

4:00~川崎市中原区 等々力緑地公園陸上競技場  曇り 観衆 7,420人

« 広島 3-2 巨人 | トップページ | FC東京 1-1 名古屋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島 3-2 巨人 | トップページ | FC東京 1-1 名古屋 »