2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 佐川急便東京 3-2 FC京都1993 | トップページ | 川崎 2-1 アビスパ »

2003/05/18

ルミノッソ狭山 3-1 群馬FCホリコシ

0518

 ルミノッソ狭山というと関東リーグの雄というイメージがある。ザスパ草津とかYSCCとか、新興勢力が注目されてきても我関せず、目標はあくまで関東リーグ優勝、そして地域リーグ決勝大会に進出して今年こそJFLへ、その目標を立てていることに間違いはないと思う。実際関東リーグで自前のグラウンドを持っているのはルミノッソだけで企業のサポート体制も他チームとは桁が違う。しかし今年は出足から苦しく現在群馬FCホリコシ、エリースについで3位である。まだ第5節が終了したばかりだからつまずいているとはいえないし、事実勝ち点はホリコシが13、エリースが11、ルミノッソが8。今日の試合いかんではまったくわからない。

味スタでFC東京戦を見て深夜に帰宅した私は翌日疲れた体を引きずり起こして関越自動車道へ。花園インターから秩父方面に走ること20分。寄居グラウンドに着く。グラウンドはピッチが3面は取れるほど広い。道路を挟んだ反対側にも同じ広さのグラウンドがあり、そこでは少年サッカーをやっている。おそらく景気のいいときに造成地を作ったものの、バブルが弾けて頓挫、そこを本田技研が買い取って練習場にしたというのが実像だろう。とにかく無駄に広い。 グラウンドであるから観客席などというものはない。異様に広いピッチの脇で広告看板に挟まれながら身を縮めて見る。両チームの練習を眺めているとホリコシの応援団がバスで到着。全員高校生とその保護者で楽器を持ち込んでプーカ、プーカと音あわせ。気の抜けた音に練習している選手もずっこける。ブラスバンドはやるなとは言わないが音合わせぐらいは見えないところでやって欲しい。

 試合開始が近づくと観衆も集まってきた。といってもホリコシ応援団も含めて50名ほどだが皆、広告看板と広告看板の間で挟まってみるので密集度は高い。しかしこの看板、ピッチ側からしか見えないのであんまり広告の意味がないような気がするが。アウェイチームにホンダをアピールするのが狙いなのだろうか。

 試合開始。両チームとも攻撃時は3バック、ディフェンス時は4バックでお互いスピーディに攻める。JFLと比べてしまうと高度な技術はないが、意図した攻めや判断の度合いなどはちゃんと見れるレベルはある。ザスパ草津のようなタレントはいない。しかし約束事・・特に相手が攻めてきたときのディフェンス同士のケアの仕方などは丁寧だ。個人能力任せのイケイケドンドンサッカーとは違う。なんだかんだ言ってもやはり一部と二部はちがう。この世界で長いことやっているやり方というのがわかっているのだろう。

 試合は大体がルミノッソが押していた。パスの出だし、一対一の個人技もルミノッソが優勢でホリコシはルミノッソのシュートコースを潰すのに手一杯となる。逆にホリコシの攻撃はゴールキーパーからの縦パス一本でこれはルミノッソのボランチに全部拾われてしまう。これではルミノッソの先取点は時間の問題だなと思っていたところ、案の定ルミノッソ#9が混戦から先制。その後も押し続け40分近くでさらに#9長谷。試合の流れは大体
見えてきた。

 スタメンの確認や交代選手、さらにはフォーメーションを確認したいのだがピッチレベルのためおぼつかないのだがホリコシは後半から選手を入れ替えたように思える。なにしろアナウンスがないので誰がスタメンで誰が交代したのかわからない。関東リーグはこの辺が辛い。

 後半もルミノッソが押す。ホリコシはルミノッソに体を入れるようにしたフィジカルコンタクトを増やしていく。というよりもはやこの方法でないと止められない。本当にホリコシが首位でルミノッソが3位なのかわからない展開で、完全に各上と格下のしあいとな
る。ファールで試合が止まるたびホリコシの選手がレフェリーに文句を言う。見苦しい。そういうイライラした展開が続き、結局ホリコシにレッドカード。ルミノッソの決定的チャンスを潰したのがいけなかったか一発レッド。仕方ないか。後半は両チームずつ一点ずついれ3-1でルミノッソの勝ち。エリースは引分けだったのでこれで1位ホリコシが勝ち点13、2位エリースが勝ち点12、3位ルミノッソが勝ち点11。わからなくなってきた。次は第7節、前半戦最終節である。

 で・・・・ここから私の問題が始まる。現在時刻は13時ちょうど。14時から大宮公園サッカー場でJ2大宮アルディージャ対横浜FCの試合が始まる。寄居グラウンドから大宮公園サッカー場までは距離65キロ。残り時間1時間。私は選手の挨拶もそこそこにバイクに飛び乗り関越自動車道をひた走る。制限速度の何倍かを出して川越インターをおり、渋滞の中、国道16号線を走る。概ねスムーズに行ったと思うが初めての道ゆえ何回か道に迷う。それでも京浜東北線の陸橋を超えると右手に大宮駅が見え、それを超えると見慣れた氷川神社の入り口についた。この時点でちょうど14時。大宮公園サッカー場の中に入ったときは試合開始5分程度。まあ間に合った、といったところか。


11:00~埼玉県児玉郡寄居町 本田技研寄居グラウンド

  曇り 観衆 50人くらい

« 佐川急便東京 3-2 FC京都1993 | トップページ | 川崎 2-1 アビスパ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐川急便東京 3-2 FC京都1993 | トップページ | 川崎 2-1 アビスパ »