2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003年7月

2003/07/27

九曜FC 1-8 ザスパ草津

0727

 プロとサラリーマンの戦い。趣味でサッカーをするチームとJリーグを目指すチームの戦いの違いがモロに出た試合だったと思う。九曜も点差ほど悪いサッカーをしたわけではなかったのだが仕方がない。

 今日の試合のポイントはザスパのFW、奈良がどこまで得点できるか、前期ザルのようだったディフェンスがどこまで穴をふさげるか、この2点だと思う。ザスパのディフェンスはオーバーラップが大好きで、それは別にかまわないのだが上がった後をフォローする選手が誰もいないという困ったチームでもあった。これが解消されないとたとえ関東2部
で優勝できてもその先はない。この原因は監督兼選手の奥野にあると私は考えるのだが果たして今節はどうなるか。

その意味で言えば今日の試合は期待通りでもあり期待はずれでもあった。8対1と、実力が全く違い、ザスパの守備力を評価するところまでいかなかった。見えたのはGK小島が確実に老いてきているということ。キャッチングにファンブルが多く、ボールに対する反応も遅い。年齢を考えれば当然のことであるが、奥野と共に世代交代が上手くいっていない。今日の試合は大量得点を得たわけだから途中でキーパーを変えるべきであった。ザスパは来年JFLに上がったらどうするつもりなのだろう。

 奈良は期待に答え、ハットトリックを達成する。しかし何よりも動きが良かったのは,18番の右サイドバック寺田のオーバーラップだった。相手との実力差がかなりあるので、比較的自由に動き回れた感があるが、彼がディフェンスラインとトップ下との間でボールをジョイントする形になり、フォワードに好パスが出せる。横浜FCで言えば重田も似たようなことをするが、課題となっていたバックスのフォローが機能しているためあまり怖くない。結果として最終パスが多く通る分だけ今日の試合は見ていて楽しい。まあ、これも上位リーグに上がればどこまで通用するのか見ものではあるのだが。

 殆どサンドバッグにされた九曜の選手達は見ていて可哀想な面があった。後半15分、すでに0-4とされている。まだ30分以上あるにも関わらず足は完全に止まり両手は膝についている。公開リンチのようであるが試合なので仕方が無い。両チームのモチベーションの開きが大きくなり、試合と呼ぶにはあまりにも緊張感の欠ける展開となってきた。

 試合は前半0-3としたところで事実上終わっていたと思う。ザスパが飛び級申請する
のも道理な話で現在のところ関東2部では敵はいないだろう。このペースで行けば、年末の地域リーグ決勝大会の進出はほぼ確定と思われる。「リアルさかつく」をお題目に掲げるザスパサポーターにとっては今のところ順調なペースであろう。ただこの先、本当に群馬の山中のチームを応援し続けられるかどうかは近い将来必ず来る「痛い思い」にどこまで耐えられるかにかかってくるのではないか。それは・・資金力不足による貧戦力、連敗による監督不信、運営に対する見識の違い、そして仲間割れ、内紛。横浜サポーターとしてイヤになるぐらい見せられた世の現実を彼らはどう乗り越えるのか、横浜FCはいい教師、反面教師だろうし横浜サポにとってもザスパはいい教師だと思う。近い将来なのか、遠い将来なのかわからないがザスパがJ2に昇格して横浜と対戦するとき、その結果はわかると思う。

東京都足立区 舎人運動公園陸上競技場 晴れ 観衆 200人位(推定)

2003/07/26

横浜FC 0-3 大宮

0726

 開始1分、GK菅野の一発退場で残り89分をDF河野が代わりを務め、3失点で敗戦。敗戦の原因については「今村主審が悪い」という点で大勢の意見は一致している。私としては・・同主審が裁いた川崎-新潟戦の再来をまざまざと見せつけられたわけで、もはや笑うしかなかったのだ。

 しかし審判のレベルが低いのは事実だとしても、敗戦の原因にはならないだろう。私は負けの原因はリトバルスキの愚作にあると思っている。理由は当然の事ながら控えのキーパーを入れなかったこと。菅野の退場についてはペナルティエリア外での得点機会阻止なのでしかたがない。レッドカードは厳しすぎるという意見が多いけれどJリーグ基準においてはこのケースは退場としている。

少し疑問に思うのは、PKを取った瞬間は副審がオフサイドの旗を上げていたということ。私はその瞬間、副審を見ていないので実態はわからないが、もし副審がオフサイドを取ったのなら主審は副審の旗を見たのか?ということは問題としてもいい。見ていなければ論外、見ていたうえで主審判断でキーパーハンドを取るならば主審は正しい。私としては・・ここで赤紙を出して試合を壊すくらいなら真偽に関わらずオフサイドを取るけどね。開始1分だし。

 菅野の退場が妥当かどうか、その後の主審の裁き方が妥当であるかどうかは今日の勝敗には関係がないといいたい。なぜならば、控えのキーパーを入れないで公式戦を続ければ、いつかはこの日が必ず来るから。今日でなくてもいつかは。 なぜキーパーを入れないのか、裏事情を知らない私としては人づてに聞くしかないのだが、一つは他のキーパー二人が怪我をしているということ。もう一つはリトバルスキーの作戦で攻めのオプションを増やしたいためにGKを外し、フィールドプレーヤーを入れたということ。恐らく二つともそのとおりなのだろう。・・が、その結果の選択として控えGKを外したのはいずれも間違いである。

 他のキーパーが怪我をしているのなら他のチームからレンタルで獲得するべきである。殆どのJ1チームはキーパーを第4キーパーまで保有している。第4キーパーともなれば試合に出るチャンスは全く無いと言っていい。であればGKのレンタルはスムーズに行くだろう。レンタル元としても控えキーパーにも経験は積ませたいはずで、そうなれば給料はレンタル元が払う取引も成り立つかもしれない。少なくともフォワード偏重のチーム構成は明らかに間違っている。

 もしこれが・・横浜FCが3位を走っていて2位と勝ち点差が3点位だったらリティはどういう布陣を引くだろうか。少なくとも控えキーパーを抜きにはしないだろう。下位を低迷しているからキーパー退場でゲームセットのギャンブルフォーメーションを引いてもいいとはならないと思う。

 以前にも書いたことであるが、私がマイナーリーグの試合を見るのは、チームを応援するのは、一生懸命やる姿勢を見たいからである。横浜FCのA自由席代はJ1チームのゴール裏より高いのである。それを承知で来る人はそのゲームに未来を見たいはずだ。それが開始1分で負け確定とされてどう思うのだろうか。

 試合内容は予想に反して横浜FCが終始優勢であった。大宮はプレスが全くかかっておらず、フィールドの大半を横浜FCに占領されていた。この程度のチームがなぜ6位にいるのか全く理解できない。足の遅いフォワード、スペースを見つけられない中盤と、能力は横浜よりずっと劣る。何よりも盛田は消える為に出場したのかというほどで、ポストさえこなせない。もしキーパーが退場にならなければ・・と返す返す口惜しい。

 横浜の試合運びは、DF陣が河野のフォローに奔走したことを踏まえても安定していたと思う。重田と眞中の飛び出しもいい。大久保のヘディングはピンポイントできちんと合っていて成長を感じさせる。ただ大久保は新外国人と完全にダブっていて、竹中と共にリティはどう折り合いをつけるのか気にはなる。選手構成があまりにもいびつすぎて正直言って誰が怪我で誰が干されているのか見当もつかない。

 いろいろ困難ではあるけれど、次節の札幌戦で状況がどうにかつかめるのではないだろうか。そして来週以降、控えキーパーがどうなるのか、その辺りに注目したい。

横浜市神奈川区 三ツ沢公園球技場 曇り 観衆 3391人(公式発表)

2003/07/19

川崎 3-3 横浜FC

0719


 3-3の引分け。いい試合だったと思う。他の人に試合後の感想を聞いてみると3点もとられちゃ駄目だよ、と厳しい意見もあったけれど私としては川崎相手にこの内容の試合ができれば文句は無い。川崎戦の最大の課題はアウグストとジュニーニョをいかに押さえるかだと思う。しかし横浜にとって問題なのは彼ら二人そのものではなく、彼らにボールを簡単に供給してしまうことにあると思う。前回の三ツ沢では今野や山根といった中盤の選手ををフリーにしすぎてしまい、結果的にジュニーニョに渡してしまうケースが多かった。ゆえにアウグストやジュニーニョにマークをつけていても今野ら中盤にシュートを打たれてしまう。今日はその中盤の押さえがどこまで改善できるかがポイントだった。

 フロンターレの中盤を押さえる意味では今日の試合は成功した。少なくともアウグストに対するパスの供給は抑えた。そしてリティの理想とするディフェンスからの押し上げセットプレーも(まあまあ)上手くいき3点取ることができた。城、高木を欠いた状態でこの試合ができれば引分けでも評価していいのではないかと思う。

 大量失点を重ねていた時と何が違うのかと言えば眞中のボランチだろう。私は、申し訳ないが彼のディフェンス能力には期待していない。もちろん眞中本人の能力だけではなく周りとの連携の問題もあるのだが結果として彼の正面を突破されることがあまりにも多すぎる。ボランチが果たしていいのかは私にはわからないが、彼が攻撃に参加することにより中盤でのボールロストが無くなりかつディフェンスも安定してきた。

 一番嬉しいのは大久保がその眞中を含めて周りとの連携を見せ始め、機能したこと。1得点1アシストと言うのは今後期待できる。大久保に対してマークがついてくれれば城や小野信義がフリーになれる。横浜FCが何よりもほしいのは先制点だ。今年、他のチームを見てつくづく思うのは、相手にボールを預けてカウンターを狙うサッカーという時代は終わったなということ。去年のワールドカップ後、この傾向が出てきた。強い中盤でフィールドを押さえて相手に攻撃をさせないことが結果として自チームに得点を与え、失点を防ぐという80年代のサッカーが復活してきた。こうなってくると駒を持たない横浜FCは非常に辛い。ここで大久保が出てきたことは大きい。長身のポスト役は今までは神野に頼っていただけに若いフォワードが出てきてくれたことを素直に喜びたい。それは佐藤に対して強烈なプレッシャーとなるだろうし竹中にも刺激になるだろう。

 横浜FCの最大の欠点・・・ペナルティエリア内でシュートを打たない、ここでボールを取られることが少しでも改善できればディフェンス面でも安心できる。あとは守備能力を高めることだ。

 3失点。これがいいのか悪いのかと言われればもちろん悪いに決まっている。けれど今日の試合、ジュニーニョの突破やアウグストのフリーキックを止める能力のある選手はJ2にはいない。攻撃を放棄すれば話は別だが今の横浜FCの戦力から考えればやむを得ないだろうと思う。

 44節という長いシーズンで横浜FCを見れば、試合には「勝たなければいけない試合」と「負けてはいけない試合」があると思う。負けていい試合と言うのは存在しないし試合前は当然のことながら絶対勝つ気力が必要だ。今日の試合、等々力での川崎戦という意味で考えれば「負けなかったこと」は評価していい。もちろん勝って欲しいのは当然の事であるが。あまり欲張らずに一つ一つの試合が次につながればよいと思う。少なくとも負けが込んできたから監督解任!というのは愚の骨頂だ。冷静に諦めずチームを見て行きたい。

19:00~川崎市中原区 等々力緑地公園陸上競技場 曇り 観衆 6138人(公式発表)

2003/07/12

日本女子代表 2-0 女子メキシコ女子代表

0712


 日本は強かったと思う。もちろんメキシコよりも実力的に勝っていたかと言うレベルの話だが。9万人と言う絶望的なアウェーの中で常に先制したゲームができたと言うのは充分に誉めていい。少なくとも私はその中でプレーをするプレッシャーというのがどれ程のものか想像できない。であるならばホームゲームは応援してあげたいと思う。サッカーはアイデンティティのぶつかり合いで、勝ったほうだけが評価されると言う点に観る楽しみがあるわけだから、このゲームは通常のリーグ戦とは比較にならないぐらい魅力がある。何度も書いているようだけれど私が競技のレベルに関係なくスタジアムに行くのは全力でプレーをしたその先にあるモノを観たいからだ。負けたらなにもない。Jリーグもサラリーマン化してきており、存在感を架けた戦いというのはなかなか見られなくなってきている。。

 国立競技場は予想以上の観客で埋まっていた。先週のラグビーと同じかやや多いかなと言った程度。観客数は12,743人。ちなみに先週のラグビーは公式発表25,000人と言っていたが・・どちらが本当なのか。まあ10年前の日本サッカーだって公式発表は3倍増だったからね。正直言って満員になって欲しかったけれど女子サッカーに1万人も入るのは日本サッカー史上初めてのことではないか。これを機にLリーグを見に来る人も増えて欲しい。今のLリーグは組織・運営とも問題があるので。やっぱり注目され、期待されないと人は伸びない。

 さて試合開始。メキシコはあまり攻めてこず、引いて様子見で来る。メキシコとしてはカウンターねらいの作戦ということもあるのだろうが、女子サッカーは大体にして前半は点が入らないことが多い。これは90分を通してペース配分した場合、前半から勝負をかけると後半もたないという点が大きいのかもしれない。30度を超える暑さの中、90分を通してプレスをかけ続けるのはかなり厳しい。前半0-0なのは両者予想通りだろう。

 展開は組織ぐるみでショートパスをつないでくる日本とロングパスと個人能力で相手をかわすメキシコと、男子代表の特徴と全く同じ。タイプの違うもの同士の戦いで見ていて楽しい。日本はトップ下の澤から1トップの大谷にボールを当てる戦術を取る。しかしそれだけではなく誰がボールを持っていても必ず近くにフォローする選手がいるためミスが目立てない。ボール支配率は試合を通して日本がやや上、と言ったところか。

 試合は後半11分、澤がヘッドで決め日本が先制した。これが大きかった。このプレーオフはアウェイゴールが倍付けされるのでメキシコは2点とらなければならなくなった。残りが30分程度であったことを考えると、この先制点で日本は相当有利になったのは確かだ。メキシコは組織的な統率力が取れておらず、試合そのものは安心してみていられる。試合が進むにつれてメキシコは焦りの色が強くなりファールを犯し始める。日本も意識的に遅延行為をしだしており、前半殆ど出ていなかったイエローカードが飛び交いはじめる。

 試合は後半33分、途中交代の丸山がロングボールをダイレクトにはたき込み2-0。そして試合終了。日本はワールドカップ出場権を獲得した。私はその瞬間を見届けた後、国立競技場を後にし、市原臨海競技場に向かった。J1リーグ市原対仙台の試合は2時間後に迫っており、早く出発しないと間に合わない。

●女子サッカーについて

 メキシコに何故勝てたのか、それはメキシコの選手は各人が州選抜の代表で、組織的な練習が全く出来ていなかったため、と言っていいと思う。環境の違い・・日本の女子サッカーの環境もかなり酷いがメキシコの場合は所得格差や国土の広さの面で日本よりもハンデを抱えており育成に力を入れることができない。ワールドカップのアジア第一代表が北朝鮮と言うのが何よりも証明している。今日の試合は確かに上手かったと言えるけれど、じゃあLリーグの試合を有料で出来るかといわれればそれは無理だ。最大の課題は選手人口が少ないこと。プレーしたいと思わせる環境を作らなければならないと思う。逆に言うとちょっと力を入れれば確実な強化が図れる。


 今後、Lリーグのマッチメークをするのなら、Jリーグの前座もしくは後座として組むべきだと思う。日テレ、市原、埼玉、高槻なら可能な筈だ。マリノスだって作ろうと思えばできるはず。川淵キャプテンも考えているみたいだし未来はあると思う。

2003/07/06

日本 22-50 イングランド

0706


 国立競技場の人ごみはいつも見る代表戦とはちがう、のんびりとした雰囲気が漂っていた。スタジアムに来る観客は長閑で緊張感は無い。今年に入ってから惨敗を繰り返した向井ジャパン、これがワールドカップ前の最後のテストマッチとするのなら、もっと張り詰めないとと思うのだが。オーストラリアに行ったってどうせ勝てっこないさ。そんな諦めがラグビーファンの中にはあるのかも知れない。私はラグビーだろうとサッカーだろうと勝負事というのは勝って初めて認められるものだと思うのだが。

 スタンドはメインが7割程度、バックが1階席のみ開放でそれが8割程度、ゴール裏はごく一部のみ開放でそれが数十人程度。全体としては1万数千人くらい。私はバックスタンドほぼ中央に座る。この程度の入りならエリア指定にすればいいと思うのだけれど、指定なのでギュウギュウに詰めて座らされる。前方は恐らくイングランド人と思われる外人が集団で座っている。一般にラグビーはホーム/アウェイのサポーター区分がない。呉越同舟で座ると妙な気分がする。ラグビーにフーリガンはいないのだろうか。さすがパブリックスクールのスポーツだけのことはある。せめてセントジョージフラッグだけでも掲げて欲しかったのだが・・ラグビーとサッカーはファン層が完全に別なのだろう。

 ラグビーの試合はオッサンが見るというイメージがあるが今日は若い家族連れが多かった。5歳くらいの女の子が新しい日本代表ジャージを着て走り回っているのを見ると微笑ましい。ラグビーも時代が変わりつつあるのかもしれぬ。そのためにはもう少し強くなってもらわなければ困るのだが。

 さて試合開始。日本のキックオフ。イングランドがキャッチしたボールを奪って走りこんだはいいが、すぐに奪い返されズルズルズル。日本は防戦一方となり守備の乱れを突かれてイングランドは一気に独走。開始5分で楽々トライ。そしてコンバージョンも成功して0-7。会場からため息が漏れる。

 どこまでやるのか、いや、やられるのか。申し訳ないがレベルが全く違う。パスの精度もスクラムの出来もタックルの当て方かわしかたも。ラグビー界におけるイングランド代表というのがどれだけ強いのか分からないが、恐らくサッカーにおけるイングランド代表と全く同レベルではないかと思われる。このレベルで本当にワールドカップにいっていいのか。予選の組み合わせを見るとスコットランド、フランス、フィジー、アメリカという、
どう考えても日本には勝ち目の無い国がならんでいるのだが。

 日本はトライをとるのは無理とみるやペナルティゴールを狙う作戦に出る。しかし距離や角度が離れているためなかなかゴールにならない。うーーん。 こんなに実力差があるとノーホィッスルトライとなったり100点差ゲームになったりするのではないかと心配したが、日本は実力差がありなががらもそれなりにボールを持てている。話によるとイングランドはランやパスではなく、キックでボールを前に飛ばすチームらしいので極端な点数差にはならないらしい。その分華麗なパス回しといったラグビーの面白さは失われてしまうのだけれど。

 試合はイングランドが2回トライを決めると日本も1回トライかペナルティゴールを奪うといったペースで進む。はっきり言う。勝てそうもないのは分かった。ただ弱いのなら
弱いなりに全力でやれ、相手を潰せ、そう言いたい。向井監督の意図がどこにあるのかよくわからないがこんなにチンタラやっているようではテストマッチにすらならないと思う。

 後半になれば日本特有の暑さと湿気でイングランドがばてるのではないかと思ったが、甘かった。確かに食いつくようになってきたがマークも緩慢になりバックスへのショートパスもカットされ数十メートルの独走を許してしまう。もともと静かなスタンドはさらに静まりかえってしまう。私はバックスタンド中段付近に座っていたのだがそこですら選手のかけ声が聞こえてしまう。それも日本ではなくイングランド選手の英語が。しかも何を言っているのか分かってしまうのがすごい。

 試合はそのままノーサイドとなる。20対55で日本の負け。日本のトライは前半1回、後半1回だけだった。その他何回か蹴ったペナルティキックのうち2本がゴールとなった。イングランドはどちらかと言うと流していたような雰囲気があり、本当の実力は見れなかった。最後に選手が挨拶に来る。これだけ惨敗したにも関わらず拍手が巻き起こるのは別の意味で驚きであった。普通はブーイングだろう。勝てるのか?勝って決勝トーナメントに出場できると約束できるのか?私はそう言いたいのだが。勝てるわけが無い。最初からそう考えているのなら絶対に勝てない。フランスやスコットランドの得点ディスペンサーにされて終わりだろう。それじゃあ駄目だ。

 今の日本ラグビーは20年前の日本サッカーと同じなのかも知れない。あと10年。歯を食いしばって耐えなければならぬ。その間、強くなるためには競技人口と観戦人口を増やしていかなければならない。細かいレベルではその努力は見えるけれど全体としてはまだまだ見えない。まずはトップリーグからか。また見に来よう。

14:10~東京都新宿区 国立霞ヶ丘球技場 曇り 観衆25,000人(公式発表)

2003/07/05

横浜FC 1-2 水戸

0715

 1-2の敗戦。失点は前半7分と後半ロスタイムによるもので失点の時間帯は福岡戦や広島戦のケースと全く同じである。原因はいろいろあるのだろうが、一言で言えば選手の気持ちの持って行き方が下手なのだろうと思う。もう少しだと思うのだが。戦術的な面に関してはこれ以上いじっても効果はないのではないか。少なくともディフェンスを前提とした押し上げという形としてはここ数試合のフォーメーションは理にかなっている。

この試合、試合開始直後の失点は河野と菅野の意識のずれが原因だと思う。そして終了間際の失点は眞中のマークミス。しかし勝敗を決めた最大の原因は水戸の点を取りに行く、絶対勝つという高い熱意が横浜FCに打ち勝った事だろう。この試合、水戸の勝利への渇望は今までの横浜との対戦の中で何よりも高かった。もちろん6試合連続無得点の状態を打破したかったのことにあるのは明確だ。ガチガチに守って縦ポンサッカーというJ2の特徴は変わりつつあるのかも知れない。水戸の3トップも魅力ではあったがトゥーリオ、パンチョの押し上げも見事だった。それを補佐する栗田、センターを守る吉本と2列目3列目の選手の攻撃にかっての弱小チームの面影を見ることはできない。とくに同点にされた後の水戸の攻撃は3トップに加えてトゥーリオとパンチョが両サイドから攻めあがる5人攻撃だった。失点を恐れず攻撃できるのは開幕から15節まで昇格を睨む位置につけていた自信が大きい。

 それでは横浜FCはどうだったのか。横浜だって悪くはなかった。前半45分はいつものようにダメダメだったけれど後半山尾に変わって入った大久保が決めた初ゴール、そして試合終了までの間はいつ逆転できてもおかしくなかった。あと少しの意識の差、もう少しの差、もう少しの運。それが試合終了まで残り数分を頑張れるかどうかの違いになってきているのだと思う。

 前回の観戦記にも書いたけれどサッカーは心理戦だ。負けが続けば選手は自信をなくす。ひとつ勝てば取り戻せる。その気持ちを支えてあげるだけの度量を私は持ちたい。去年と勝敗数は同じではあるが、90分全体を通した内容はここ数試合は確実によくなってきている。4失点とか5失点とか取られていたときよりもね。

 横浜FCの各ファンサイトでは試合運びについて展開が遅いと紛糾しているが、これは仕方がないだろう。的確なディフェンスと速攻、積極的なシュートと確実なゴール、これができるようならチームはとっくにJ1に上がっている。去年の惨敗の原因が無茶な速攻にあると決め付けるのであれば、今年の攻め方はボールキープを前提としたビルドアップだろう。何で非難されなければならないのか私にはわからない。

 リトバルスキの態度や試合後のコメントに激怒している輩もかなり出ているが、彼はそういう人間だということを知らないわけはないだろう。JFL時代からずっとそうだったのだ。(ついでに言うとデュイスブルグの試合でもそうだった)去年の今頃、信藤監督が結果を出せないでいたとき、多くの人が大合唱で叫んでいた。リティを呼べと。今年、半分消化しただけでまた同じことを叫ぶのか。解任々々と叫んでいるのを聞くと横浜FCの監督の成り手はいくらでもいるように思えるが実際はどうなのか私は知りたい。

 私は、少なくともシーズンが終わるまではどんなに負けが続けても頑張って見て見たい。その度量がないのなら横浜FCのサポーターを続けるのは無理だ。 その少しを支えるのがサポーターだろう。単に勝敗の結果だけを見て紛糾するよりもまず状況を把握し、どうすればいいかを考えるべきだろう。俺達がついている。だから頑張れと。私はそうしたい。負け続けているのだから鞭を叩かなければ駄目だというのは間違っていると思う。 

19:00~横浜市神奈川区 三ツ沢公園球技場  曇り 観衆 2553人

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »