2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 0-3 大宮 | トップページ | FC東京 0-3 レアル・マドリー »

2003/07/27

九曜FC 1-8 ザスパ草津

0727

 プロとサラリーマンの戦い。趣味でサッカーをするチームとJリーグを目指すチームの戦いの違いがモロに出た試合だったと思う。九曜も点差ほど悪いサッカーをしたわけではなかったのだが仕方がない。

 今日の試合のポイントはザスパのFW、奈良がどこまで得点できるか、前期ザルのようだったディフェンスがどこまで穴をふさげるか、この2点だと思う。ザスパのディフェンスはオーバーラップが大好きで、それは別にかまわないのだが上がった後をフォローする選手が誰もいないという困ったチームでもあった。これが解消されないとたとえ関東2部
で優勝できてもその先はない。この原因は監督兼選手の奥野にあると私は考えるのだが果たして今節はどうなるか。

その意味で言えば今日の試合は期待通りでもあり期待はずれでもあった。8対1と、実力が全く違い、ザスパの守備力を評価するところまでいかなかった。見えたのはGK小島が確実に老いてきているということ。キャッチングにファンブルが多く、ボールに対する反応も遅い。年齢を考えれば当然のことであるが、奥野と共に世代交代が上手くいっていない。今日の試合は大量得点を得たわけだから途中でキーパーを変えるべきであった。ザスパは来年JFLに上がったらどうするつもりなのだろう。

 奈良は期待に答え、ハットトリックを達成する。しかし何よりも動きが良かったのは,18番の右サイドバック寺田のオーバーラップだった。相手との実力差がかなりあるので、比較的自由に動き回れた感があるが、彼がディフェンスラインとトップ下との間でボールをジョイントする形になり、フォワードに好パスが出せる。横浜FCで言えば重田も似たようなことをするが、課題となっていたバックスのフォローが機能しているためあまり怖くない。結果として最終パスが多く通る分だけ今日の試合は見ていて楽しい。まあ、これも上位リーグに上がればどこまで通用するのか見ものではあるのだが。

 殆どサンドバッグにされた九曜の選手達は見ていて可哀想な面があった。後半15分、すでに0-4とされている。まだ30分以上あるにも関わらず足は完全に止まり両手は膝についている。公開リンチのようであるが試合なので仕方が無い。両チームのモチベーションの開きが大きくなり、試合と呼ぶにはあまりにも緊張感の欠ける展開となってきた。

 試合は前半0-3としたところで事実上終わっていたと思う。ザスパが飛び級申請する
のも道理な話で現在のところ関東2部では敵はいないだろう。このペースで行けば、年末の地域リーグ決勝大会の進出はほぼ確定と思われる。「リアルさかつく」をお題目に掲げるザスパサポーターにとっては今のところ順調なペースであろう。ただこの先、本当に群馬の山中のチームを応援し続けられるかどうかは近い将来必ず来る「痛い思い」にどこまで耐えられるかにかかってくるのではないか。それは・・資金力不足による貧戦力、連敗による監督不信、運営に対する見識の違い、そして仲間割れ、内紛。横浜サポーターとしてイヤになるぐらい見せられた世の現実を彼らはどう乗り越えるのか、横浜FCはいい教師、反面教師だろうし横浜サポにとってもザスパはいい教師だと思う。近い将来なのか、遠い将来なのかわからないがザスパがJ2に昇格して横浜と対戦するとき、その結果はわかると思う。

東京都足立区 舎人運動公園陸上競技場 晴れ 観衆 200人位(推定)

« 横浜FC 0-3 大宮 | トップページ | FC東京 0-3 レアル・マドリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 0-3 大宮 | トップページ | FC東京 0-3 レアル・マドリー »