2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 日本 22-50 イングランド | トップページ | 川崎 3-3 横浜FC »

2003/07/12

日本女子代表 2-0 女子メキシコ女子代表

0712


 日本は強かったと思う。もちろんメキシコよりも実力的に勝っていたかと言うレベルの話だが。9万人と言う絶望的なアウェーの中で常に先制したゲームができたと言うのは充分に誉めていい。少なくとも私はその中でプレーをするプレッシャーというのがどれ程のものか想像できない。であるならばホームゲームは応援してあげたいと思う。サッカーはアイデンティティのぶつかり合いで、勝ったほうだけが評価されると言う点に観る楽しみがあるわけだから、このゲームは通常のリーグ戦とは比較にならないぐらい魅力がある。何度も書いているようだけれど私が競技のレベルに関係なくスタジアムに行くのは全力でプレーをしたその先にあるモノを観たいからだ。負けたらなにもない。Jリーグもサラリーマン化してきており、存在感を架けた戦いというのはなかなか見られなくなってきている。。

 国立競技場は予想以上の観客で埋まっていた。先週のラグビーと同じかやや多いかなと言った程度。観客数は12,743人。ちなみに先週のラグビーは公式発表25,000人と言っていたが・・どちらが本当なのか。まあ10年前の日本サッカーだって公式発表は3倍増だったからね。正直言って満員になって欲しかったけれど女子サッカーに1万人も入るのは日本サッカー史上初めてのことではないか。これを機にLリーグを見に来る人も増えて欲しい。今のLリーグは組織・運営とも問題があるので。やっぱり注目され、期待されないと人は伸びない。

 さて試合開始。メキシコはあまり攻めてこず、引いて様子見で来る。メキシコとしてはカウンターねらいの作戦ということもあるのだろうが、女子サッカーは大体にして前半は点が入らないことが多い。これは90分を通してペース配分した場合、前半から勝負をかけると後半もたないという点が大きいのかもしれない。30度を超える暑さの中、90分を通してプレスをかけ続けるのはかなり厳しい。前半0-0なのは両者予想通りだろう。

 展開は組織ぐるみでショートパスをつないでくる日本とロングパスと個人能力で相手をかわすメキシコと、男子代表の特徴と全く同じ。タイプの違うもの同士の戦いで見ていて楽しい。日本はトップ下の澤から1トップの大谷にボールを当てる戦術を取る。しかしそれだけではなく誰がボールを持っていても必ず近くにフォローする選手がいるためミスが目立てない。ボール支配率は試合を通して日本がやや上、と言ったところか。

 試合は後半11分、澤がヘッドで決め日本が先制した。これが大きかった。このプレーオフはアウェイゴールが倍付けされるのでメキシコは2点とらなければならなくなった。残りが30分程度であったことを考えると、この先制点で日本は相当有利になったのは確かだ。メキシコは組織的な統率力が取れておらず、試合そのものは安心してみていられる。試合が進むにつれてメキシコは焦りの色が強くなりファールを犯し始める。日本も意識的に遅延行為をしだしており、前半殆ど出ていなかったイエローカードが飛び交いはじめる。

 試合は後半33分、途中交代の丸山がロングボールをダイレクトにはたき込み2-0。そして試合終了。日本はワールドカップ出場権を獲得した。私はその瞬間を見届けた後、国立競技場を後にし、市原臨海競技場に向かった。J1リーグ市原対仙台の試合は2時間後に迫っており、早く出発しないと間に合わない。

●女子サッカーについて

 メキシコに何故勝てたのか、それはメキシコの選手は各人が州選抜の代表で、組織的な練習が全く出来ていなかったため、と言っていいと思う。環境の違い・・日本の女子サッカーの環境もかなり酷いがメキシコの場合は所得格差や国土の広さの面で日本よりもハンデを抱えており育成に力を入れることができない。ワールドカップのアジア第一代表が北朝鮮と言うのが何よりも証明している。今日の試合は確かに上手かったと言えるけれど、じゃあLリーグの試合を有料で出来るかといわれればそれは無理だ。最大の課題は選手人口が少ないこと。プレーしたいと思わせる環境を作らなければならないと思う。逆に言うとちょっと力を入れれば確実な強化が図れる。


 今後、Lリーグのマッチメークをするのなら、Jリーグの前座もしくは後座として組むべきだと思う。日テレ、市原、埼玉、高槻なら可能な筈だ。マリノスだって作ろうと思えばできるはず。川淵キャプテンも考えているみたいだし未来はあると思う。

« 日本 22-50 イングランド | トップページ | 川崎 3-3 横浜FC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本 22-50 イングランド | トップページ | 川崎 3-3 横浜FC »