2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ジヤトコ 4-1 国士舘大学 | トップページ | 川崎 1-2 水戸 »

2003/08/10

横浜FC 3-1 サガン鳥栖

08102

 選手入場の時、ゴール裏二つのグループから手拍子が出る。それにつられてバックスタンドからも手拍子が出る。あまりセンスがいいとは言えない入場行進曲とは対照的にその拍手の音は心に響いた。いい雰囲気を作りたい。別に世界一幸せなスタジアムでなくてもいい。ただ、また来ようというムードは作らなければならないとは思う。三ツ沢に一瞬だけ訪れたプレミアシップの雰囲気。定着させて欲しい。コールは・・ゴール裏もバックスタンドもメインスタンドも一体となってできるようになればそれが一番いい。

 第三クールに入ってから横浜FCの試合内容は格段に良くなった。急増しのぎの3-5-2がそれほど効果があるとは思えないのだが、結果としてフォワードにボールの供給量が増えた。大久保そしてレーマンの加入が大きいのと眞中のボランチ起用があたっている面はある。あとは恒例の試合開始直後、終了直前の失点をなくすこと、セットプレーの失点をなくすこと。セットプレーで得点することだ。これほど課題が明確になっているにもかかわらず一向に解決できないのは何故かと問い詰めたいのだが。

 前半1分、毎回のお約束の通りコーナーキックで失点して、その後ダメダメな展開にまたいつものパターンかと絶望にひしがれながら見ていたのだが、後半はチームが変わったかのように機能し出して3得点。今季初の連勝となった。

 試合のポイントは前半終了間際の鳥栖の攻勢を無失点で防いだこと。ここで失点していたら試合は終わっていた。佐藤陽彦の汚いチャージにイラついてはいたけれど、冷静に凌ぎきったことは良かった。

 そして後半、 ハーフタイムのリティのコメントには「システムを変える」とあったので期待はしていたのだが、全然代わり映えなし。前半消えていた横山は吉武に交代したほうがいいと思っていたのだが辛抱強く使い続けるリティ。わけがわからない。 これが・・・後半の20分すぎ辺りから状況が大きく変わった。鳥栖の運動量が極端に落ちてくる。前回の鳥栖スタジアムでの対戦もそうだったのだが鳥栖は基礎体力がついていないのではないか。臼井がいとも簡単に右サイドを突破しセンタリングを上げているところを見ると横浜は急に強くなったように見えてしまう。鳥栖に焦りが色濃く見える。もともとファールでしか敵を止められないチームだから仕方が無い。疲れてくるとなおの事ラフプレーが目立つ。加えて審判が全くイエローカードを出さないものだから試合は輪をかけて荒れてくる。私は早いところ点を入れて、この腐ったチームを黙らせて欲しいと思っていた。まあ横浜FCも人のことは言えないが。

 試合は負けてはいたけれど恐怖感や絶望感はなかった。鳥栖のGK、高橋範夫のわけのわからないセービングもありそのうち点が入るだろうと思っていた。

 執拗な右サイドの攻撃で、臼井はとうとう自分で鳥栖のゴールをこじ開けた。この信藤監督の置き土産は本当に頼れる人材に成長したと思う。そして2分後のマシューの逆転。鳥栖の拙攻に助けられた面が大きいが、先制されて同点、逆転したパターンはいままでなかっただけに次につながる勝利だったと思う。

 この勝利、いろいろな意味で大きい。スタジアムの雰囲気が良くなってきていること、逆転できたこと、選手が成長してきていること。課題は相変わらず大きいが、残り試合、ある程度の道筋はつけられたのではないか。次は広島戦。広島は調子を落としているだけに是非叩きたい。3連勝すれば上位との勝ち点差は大きく縮まる。ここを凌げるかどうか
は今年の成績の境目になるだろう。

19:00~横浜市神奈川区 三ツ沢公園球技場 快晴 観衆 3,074人(公式発表)

« ジヤトコ 4-1 国士舘大学 | トップページ | 川崎 1-2 水戸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジヤトコ 4-1 国士舘大学 | トップページ | 川崎 1-2 水戸 »