2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 1-2 水戸 | トップページ | 静岡FC 2-6 静岡産業大学 »

2003/08/23

横浜FC 1-2 甲府

0824

 手立ての見えない試合。どういう手順で攻撃を仕掛け、どういう手順で守るのか、見ていてわからなかった。行き当たりばったり、と言ったほうがいいかもしれない。 横浜FCが最近採用している3-5-2のシステム。前回の鳥栖戦、その前の山形戦でこれがある程度機能してしまったため、今日の試合も採用したと思える。

 しかし少なくとも横浜FCにおいて3バックと4バックの併用はあまりにも無理があると思う。なぜなら3バックと4バックではディフェンダーに求められる役割が全く違うから。4バックの場合、両サイドバックはオーバーラップ要員として使用できる。リトバルスキーが好んで使用するサイド攻撃はこの4バックゆえに出来ている。しかし3バックにするとディフェンダーはマンツーマンの守備に徹せざるを得ない。攻撃は一つ前のボランチに預けて展開力にかけるしかない。その展開力を期待する選手はなんと眞中。これでは厳しい。

 眞中はもともと攻撃をする選手ではない。ディフェンダーとしてハードマークをすることはできてもマークを受けることに慣れてはいない。今日の試合、多くの場合、眞中は敵を振り切ることなくバックスにボールを預けるか、サイドに流すかしていた。しかしそのパスの出し方は中途半端で多くの場合敵にさらわれゴール前をフリーにしてしまう。他の守備陣は必死に守ってはいるが、いかんせん数が足りずファールで止めざるを得なかった。

 幸いなことに今日の恩氏主審は「横浜FCの」ファールに対して非常に寛容で、特にハンドについてはすべて流すという奇特な主審であった。話が外れるが、恩氏主審は非常に多くのカードを出すことで有名で、今日の主審が彼だと知ったときは憂鬱になったものだがそれは危惧に終わった。むしろ甲府に対して気の毒なカードが目に付いた。

 甲府も今日はそれほどいい攻撃を見せていたわけではない。外池が潰され藤田と小倉が孤立して横浜に対する攻撃に無理が見えた。横浜FCの失点がセットプレーとオウンゴールで済んだのは甲府の中盤を押さえられた点が大きいと思う。逆に言うと今日の敗因は横浜FCの自滅だということだ。

 去年と比べ、今年のフォーメーションは節ごとの変更が著しい。控え選手にしてもリティはGKさえいれることを嫌がっていたのに今日の試合はなんと後藤を入れてきた。私は後藤の現役復帰はたちの悪い冗談だと思っていたのだが。そして登録上のフォワードは誰もいない。佐藤は仕方が無いにしても神野はダメなのだろうか。そして竹中は・・。

 リティの指導が悪いのか、練習場に問題があるのかそもそもチーム体勢がダメなのか、あるいはそのすべてか。競技場でしか横浜FCを見ることが出来ない私は今チームに何が起きているのかわからない。少なくとも監督を変えれば済むという問題ではないのはないだろう。

 ひとつだけ監督にお願いしたいのは、修正はいいとして根本的な戦術を変えるのはやめて欲しいということ。横浜FCの特徴はサイドアタック。それでいいではないか。相手も対策を立ててくるのは当然である。そこにオプションを盛り込んでいく。チームの成長というのはそういうものだと思う。今のチープな練習環境の中で全く異なるフォーメーションを使うのは無理だ。

 問題点ははっきりしている。戦術は開幕当時のままでいい。一対一の強さ、セットプレーからの得点を増やすこと、かつセットプレーでの失点を減らすこと。開始5分、終了前5分の失点を減らすこと。ごく基本的なことばかりだ。これができないようならどんなフォーメーションを使っても勝つのは難しい。

 まだ試合はある。負けるのはいやだが、前回の試合よりも○○の点は良くなった、こういえる内容を見せて欲しい。サポはチームを変えることはできない。負けても負けてもスタジアムに行くことができるのは未来を見ているからだ。その気持ちを消さないで欲しい。


19:00~横浜市神奈川区 三ツ沢公園球技場 快晴 観衆 3,265人(公式発表)

« 川崎 1-2 水戸 | トップページ | 静岡FC 2-6 静岡産業大学 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 1-2 水戸 | トップページ | 静岡FC 2-6 静岡産業大学 »