2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 3-1 サガン鳥栖 | トップページ | 横浜FC 1-2 甲府 »

2003/08/17

川崎 1-2 水戸

0817


 3日連続の雨。等々力は屋根があるからいいけれど、これが三ツ沢だったらバックレていたかもしれない。雨は霧雨なのだがカッパを着ずにバイクに乗るとシットリと濡れる。ライダーにとっては一番いやな天気。今日の水戸は小野が欠場中なので、川崎は特に苦にすることなく勝てるだろう・・と思っていたら甘かった。

 1-2で川崎フロンターレの負け。あまりにも痛い敗戦。もっとも川崎が勝てない時は広島、新潟のいずれかがお付き合いして負けてくれるので差が広がらないで助かってはいる。

 今日はジュニーニョが累積警告で出場停止、代わりに中村が初先発。前回開始6分で初得点を挙げたホベルチと共にこの試合でも機能するようなら今年の川崎は本当に強い。もしだめなら・・・かなり苦しい。

 結論・・かなり苦しい。結局中村の意識の空回りというか気負いすぎというか、ボールが中村のところでつながらなかった。ホベルチの1トップで2列目に今野と中村がいたのだが、ホベルチにあわせようにも中村で潰されるのでどうしようもない。結局アウグストが無理やり自分で打つシーンが増えてチームとしてはバラバラだった。


 むしろ小野隆義が怪我で欠場している水戸のほうがチームとしてはまとまっていたと思う。水戸はまず守る。それは以前から徹底していたやり方で特に目新しいことではないのだけれど、アウグストとホベルチにマークをキッチリつけてしまえば川崎はなにもできないということを水戸はわかっていた。

 ボールポゼッションの大半を川崎が握っているにもかかわらず点が取れないとなると本当に苦しい。こういう試合は見ていてつまらないのだが水戸にとってはアウェイなので知ったことではない。

 結局フォワードなんだよ・・。もう口癖のようになってしまった独り言を繰り返す私。一人で強引に抜いていってしまうジュニーニョとパサーに徹する中村、あるいは我那覇。チームとして本当に必要にしている能力の差というのがあまりにも顕著で見ていて辛い。

 そして川崎ゴール前、混戦の中、マークのズレによる失点。横浜FC戦でもさんざん見せつけられた拙守。私は伊藤よりも岡山のほうがいいと思うのだが違うのだろうか。岡山はフォワードもできるというスーパーユーティリティプレーヤーなのでジョーカーとして使うつもりなのだろうが、この試合では立て直すことはできなかった。

 現在の状況が根本的に改善できない限り・・・ジュニーニョ、アウグストと同様の能力を持った選手が現れない限り、この混戦状態は最終節まで続くだろう。現在、広島が落ちて新潟が独走の状態だが新潟だってこのまま持つとは思わない。結局精神力勝負で最終節にもつれ込むという毎度毎度のJ2名物が今年も繰り広げられると予想される。川崎サポの立場としても横浜サポの立場からしても川崎には来年J1に上がって欲しいのだがそのめどは立っていない。まだ15試合以上あるわけでこの先どうなるか分からないけれど。9月3日の新潟-川崎戦がヤマ場になるのだろう。

 とりあえず・・次だね。

川崎市中原区 等々力緑地公園陸上競技場  雨 観衆 4,044人(公式発表)

« 横浜FC 3-1 サガン鳥栖 | トップページ | 横浜FC 1-2 甲府 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 3-1 サガン鳥栖 | トップページ | 横浜FC 1-2 甲府 »