2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 静岡FC 2-6 静岡産業大学 | トップページ | ジヤトコ 2-6 静岡産業大学 »

2003/08/30

川崎 1-2 山形

0830b

 いつでも点が取れそうに見えていつまでたっても点が入らず、また例によって引分けかと半ば諦めていたところにうまいこと先取点が取れたという試合。川崎は選手層が暑いと言われているけれども、結局はアウグスト様様で彼の献身的なフォローがそのまま信頼につながり2得点につながったのだと思う。

 川崎の課題-攻撃一辺倒になったときの守備の脆さは幾分修正はしてきていると思う。岡山をスーパーサブにして伊藤弘樹を右サイドバックにしたことから無理な押し上げがなくなり前線からバックスまでフィールドの全面でプレスがかかるようになった。川崎の凄いところは最近流行りのショートパスの連続でプレーを進めるのではなく、フィールドの場面場面を一つ一つ制圧しながらパスを出していくところにあると思う。フィジカルの強いサッカーというのだろうか、プレミアシップの華麗さというよりブンデスリーガのような愚直さと言った点が垣間見える。

 それを支えているのはアウグストであり、前線をすばしこく走る今野であり、2列目からパスを供給するジュニーニョであり、最後尾を仕切る箕輪であったりする。こういういい試合をするにもかかわらず観客が4千人台というところに川崎の悲しさがある。今の川崎は充分見るに値するサッカーが出来ているとは思うのだけれども、空席の目立つ(開放していないのだから当たり前だが)等々力競技場の2階席を見ると、残念な気持ちになる。

 今日の試合は最初から最後までフロンターレペースだった。必死に守る山形の選手には前回等々力で対戦したときのヘタレさは無かったけれども、一人一人の能力は残念ながら川崎には大きく劣る。

 川崎は試合のほぼ全てにおいて山形陣内でプレーをしていた。点が入らなかったのは、ホベルチのキープ力のなさ、決定力のなさに尽きると思う。こういうときは今野がマークをひきつけてくれればいいのだけれど、それは無理。フリーランニングをして点にからめば湯浅健二氏大絶賛となるところだが、残念ながらフリーランニングで終わっている。普段の今野はもっといいんだけれどね。 

 後半の山形は攻勢にでる。ただ、やっぱり雑というか、怖くない。もちろんいいシュートは何本もあったけれど、偶然の賜物という感じか。川崎のディフェンダーは安定してそうで実は安定していなく、かといってダメダメでもないといったところ。よくわからないシステムではある。川崎は我那覇を入れるもダメ。この選手は本当に使えない。

 どう考えても勝つだろうとおもいつつ、全く点が入らない展開に嫌気がさした後半35分。混戦からアウグストが至近距離でゴール。これで勝ちが見えた。さらにロスタイムで
追加点。終わったと思ったところから失点するあたりがいかにも川崎らしい。直後に試合終了だったからいいようなものの、後半終了間際に失点する癖は開幕時から直っていない。まあどこぞのチームよりはマシだが。

 川崎は強い。しかしそれは圧倒的な強さではなく、攻略されてしまう脆さがある。終始押していても勝ちきれない弱さがある。新潟に勝てないというのはその最たるものだろう。何回も同じ事を言っているけれど、結局はフォワードか。ホベルチが怖くなってくれれば昇格の可能性はかなり高い。今日、新潟が負け、広島が引き分けたことにより昇格の望みはかなり出てきた。次は大事な試合。絶対勝ちたい。

19:00~川崎市中原区 等々力緑地公園陸上競技場 雨 観衆 4,796人(公式発表)

« 静岡FC 2-6 静岡産業大学 | トップページ | ジヤトコ 2-6 静岡産業大学 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静岡FC 2-6 静岡産業大学 | トップページ | ジヤトコ 2-6 静岡産業大学 »