2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月

2003/09/28

横浜FC 2-5 川崎

0928


 結果だけ見れば前半は横浜ははいい戦いをしたように見える。しかし実際は少し違うと思う。この試合、川崎は横浜とは戦っていなかった。誰と戦っていたのかと言うと、審判である。それは次節の新潟戦、累積警告を出すことなくベストメンバーで戦いたいがためにハードコンタクトをかけられないでいたように見えた。

 私はこの試合、アウグストは出ないのではないかと思っていた。アウグストはイエローカードが累積3枚で次に貰うと出場停止である。川崎は選手層が厚そうに見えるが実際はそうではない。石崎監督の方針なのだろうが、スタメンが完全に固定されており、試合感のある選手は今日のスタメンプラス5人前後しかいない。攻撃はジュニーニョからホベルチへ一本、ディフェンスは伊藤、渡辺、箕輪におまかせ。その間をアウグスト、長橋、山根、今野が走りまわるという分業体制だ。だからこの試合でレッドカードや累積警告を貰うと次の新潟戦は大きな穴があく。それゆえに川崎のフォワード陣は積極的に前に出てこれなかったのだろう。

 それでも川崎は横浜程度が相手だと代わりの選手がなんとかしてしまう。前半、山根の放ったミドルシュートはそのまま横浜ゴールに放り込まれあっさり先制。横浜FCは上位チームが相手の試合はまずひいて守るので、対戦チームは遠目から積極的に打つ。新潟も、広島も前回の川崎もそうだった。崩されて失点というのならばまだ諦めもつくが、ロングシュートや直接フリーキックがこうも簡単に決まってしまうのではサポーターはやりきれない。

 またこのパターンか、とやや諦めの形で見ていたが、その後は崩されるわけでもなく、淡々と時間は過ぎていく。といっても別に横浜FCがよいわけではない。どっちつかずの展開で、強い逆光のバックスタンドにはかったるさを伴ったけだるさが漂ってくる。。

 川崎は前回等々力で対戦した新潟戦の悪夢が脳裏に焼きついているのだろう。審判のせいで試合が壊された恐怖はなかなかなくならない。この横浜戦、万一落とすことがあればそれは今シーズンの終了を意味する。ディフェンスさえ固めていれば失点することはない、横浜の自滅を待てばよいと考えたのではないだろうか。

 川崎はやや引いて守っていたため横浜の攻めを許してしまい、かえってPKを取られてしまう。おかしな展開で、攻めきれない守りきれないという川崎の状態は分からなくはないが、年間を通じて両方とも見ている身にとってはついイライラしてしまう。

 前半終了間際になって審判の癖もつかめたのか、ジュニーニョやホベルチに勢いが付きはじめる。彼らが積極的に前に出れば中盤もスルーパスを出しやすい。この連携、積極性が川崎フロンターレと横浜FCとの絶望的な違いで、きちんと機能すれば横浜FCは川崎に勝つのは難しい。横浜FCにいいたいことは、パスを前に出して欲しいということ。ショートパスは常に横か後ろ。前に出すときは一か八かのロングキックかサイドからのドリブルでは敵のゴールまでたどり着けないだろう。

 戦力に差はあるけれど横浜の選手の意欲は高かったと思う。ボールを奪われてもあきらめないで奪い返す気持ちは随所に見えたし、トップの城にとにかくつなごうという目論見も垣間見えた。小野信はまだまだパスが不正確であるが、そのうちの一本が城に出た。難しいシュートではあったがこういうパスを決める城はやはりチームの中では飛びぬけている。

 しかし試合はここで終わる。眞中の2枚目のイエローカードを機に試合は崩れた。敗因は選手でも審判でもない。リトバルスキー監督の交代ミスである。

 リティの采配は気まぐれというか、感情的というか、論理性を欠いたものが多い。眞中の退場のあと、入ってきた選手はレーマンと北村。つまりフォワードの選手である。退場したのはディフェンスだ。数的不利な状況の中、ディフェンスを欠いてまで攻撃に出る必要はあるのだろうか。はっきり言うと横浜FCの選手は1対1ではジュニーニョは止められない。ジュニーニョだけではない。アウグストだってそうだ。使えない我那覇をフリーにさせてジュニーニョにパスをやすやすとださせてしまう。これで勝つのは無理だ。

 わからない交代はなおも続く。81分、なんと後藤を投入。この理由がわからない。すでにジュニーニョにハットトリックを決められているのである。この場面で欲しいのはボランチ、できれば高木が欲しかった。控えがフォワードばかりで守備が安定できると判断した理由を私は知りたい。

 2-5で横浜の負け。まあ試合前から大体の予想はついていたが、今の横浜FCの問題は戦力的なものではない。冷静な指揮官、あきらめない選手たち。お金とは関係ない部分で建て直しを求めたい。


14:00~横浜市港北区 横浜国際総合競技場 晴 観衆 1,851人(公式発表)

2003/09/27

横河武蔵野 1-6 ジヤトコ

0927


 なんでこう・・見る試合、見る試合こんなに大差が付くのだろう。同一リーグの試合で6点以上点が入るなんて勝負を放棄しているとしか思えないのだが。明日は横浜-川崎か。はあ・・・・・・。

 降格ラインがすぐそばまで見えてきて補強の必要に迫られていた横河武蔵野。レンタルで獲得したのはなんと横浜FCの佐藤。確かに出番を失っていた佐藤にとってはまたとないチャンスだと思うけれど、私としては複雑な気持ちである。佐藤の悪い面・・1対1の勝負弱さが補強という点で吉と出るとは思えなかったのだが。まあ、今後横浜が彼を必要とするか見極めるいいチャンスなので観戦に行くことにする。

 横河は・・前半はよく耐えていた。佐藤はやはり1対1に弱く、彼にボールが渡った時点で横河の攻めがストップしてしまうけれど、ディフェンスラインもしっかりしていてスペースを突いたいいサッカーをしていた。ジヤトコはマンマークが弱くて攻撃が雑。ただ横河の攻めが佐藤で終わってであるがためにカウンターを取りやすく、全体的にジヤトコが優勢で攻める。これに耐える横河といったところか。

 積極性の無い攻めではあるが、サイドの隙を狙って佐藤が攻め上がりゴール前に流したボールに横河のフォワードがきっちりあわせて横河先制。展開的にジヤトコが押せ押せだったのでこの先制点には意外な感じがした。

 前半が終了し、このまま守りを固めて逃げ切れれば横河が勝つかも・・と思っていたら甘かった。後半、ジヤトコは2列目の河合がフォワードまで上がり3トップに。これが機能しだし、一気にジヤトコペースに。55分にあっさり新村に同点にされ、その後河合が逆転。・・どうでもいいけれど前半でさえ押されているのだから後半は守備固めをするべきではないかなと。逆転されて気落ちしたのかその後は横河は攻める手立てを失い、立て続けに6失点、1-6の惨敗。佐藤はサポーターの問いかけに何も応えず、憮然としたままスタジアムを後にした。

 大敗した原因は、選手の質とか監督の能力とか予算とか、いろいろあるとは思うけれど、ようは精神的支柱をもった選手がいないことに原因があると思う。横浜FCにも言えることだけれど、同点にされた、あるいは逆転された、その時点で勝ちをとる算段が見えなく
なってしまう。「やる気があるのか」とサポは怒鳴りたくもなるけれど、目の前の目標が急に見えなくなるとモチベーションを保つのは難しい。

 そういう失意の状態を立ち直らせるためにキャプテン、コーチ、監督がいるわけだけれども、選手の心の中にその声が届かない。選手とて人間で、サポーターもその点を理解しないとチーム状態はなかなか立ち直らない。正直に言えば、レンタルで補強するのは得点力のあるフォワードではなくJ1で実績のあるボランチ又はディフェンダーではないのかと思う。


 横河武蔵野FCも正念場となっている。選手がその苦境を乗り切るには約束事の確認や逆転されてもあきらめない気持ちを持つ、といった精神論しかないと思う。降格争いは、京都はほぼ決まり、残る1席をアローズ、横河、佐川印刷で争っている状態だろうか。 次節の横河の相手はデンソー。実力は今日のジヤトコぐらいか。苦しいけれどふんばりどころだろう。


2003/09/23

FC東京 1-2 磐田

0923a


 アウェイ側を除けば上層下層ともほぼ満員で埋まった味の素スタジアム。お目当てはもちろんジュビロ磐田。現在ジュビロは若返りの真っ最中で、中山もいなけりゃ藤田もいない。それでも勝ってしまうのだからすごいチームだと思うが東京にも勝つチャンスはある。

 試合内容は良かった。なんかこう・・久しぶりにレベルの高い試合というか、見ていて楽しいサッカーというのか、そういう満足感を得たような気がする。数時間後、小瀬で行われた試合に行ったサポーター達の気持ちを考えると非常にやりきれないものがあるが・・。

 いい試合だったのは理由はお互いが相手の戦術をキッチリと研究してそれに対して攻撃的なフォーメーションを組んだことにある。阿部対前田という若いフォワード同士の対戦も面白かった。結果は前田はゴールを決め、阿部は試合にからめなかったのだから前田の勝ちともいえるけれど、FC東京はケリーが完全に押さえつけられたので阿部へのパスがなかなか出なかったという可哀想な面があった。

 FC東京(に限らず日本サッカー全体と言えるが)の最大の問題点・・トップ下を押さえつけられるとフォワードはただの飾りという状態を改善しないとチームはかなりしんどいと思う。もっとも東京は石川も前に上がり実質的に3トップの状態になっていたので磐田もラインを上げることができず、結果的にFC東京が押していたゲームとなった。

 FC東京は見ていて面白い。申し訳ないがJ2とは(新潟、川崎を含めて)レベルが全く違う。おそらく東京サポは自らが監督気分でこの展開の意図は・・と推測しながらゲームを楽しめるのではないだろうか。それは守ってカウンター一辺倒の常勝チームなどより
はずっとマシだろう。それが詰めの甘さにつながり常に第二グループで戦わざるを得ないのだと思うが。

 ケリーがだめなら石川がいる。そして石川と阿部の2人にアマラオが自在にポジションを変えてゴールに向かう。アマラオはオフェンシブリベロと言うのだろうか、彼は特にポジションは決まっていないようだ。それゆえ彼にはマークが付きにくい。付いたらついたでサボってしまうというのもすごい。まさにキングオブ東京の名に相応しい存在だと思う。その東京の攻撃を生かすのは金沢のインターセプトと戸田のサイドアタック。横浜FCのように左サイド一辺倒と言うのではなく、逆サイドの逆サイドの宮沢とのセットでかけあがる。金沢の、ジュビロに対する意気込みはマッチデープログラムからも充分に伝わった。そりゃ古巣との対戦だから当然と言えば当然なのだが守備から攻撃まで全員が役割を持って試合をするというサッカーは美しく楽しい。正直、東京サポが羨ましい。

 その美しい東京が負けたのは、ほんの些細なミスだった。東京のディフェンダーがクリアしたボールがそのままさらわれて前田に送られて失点。2点目はコーナーキックから福西。あの、さわやか笑顔の悪魔はいつも何気にやってくれる。東京の集中力不足と言えばそうなのかも知れないが、この程度で集中不足というのなら横浜FCの選手は90分うわの空で試合をしている。磐田のサッカーは絶対にミスをしない。そしてパスは正確に送る。この基本ができているからこそ、レギュラーメンバーが欠けてもクオリティの高いゲームができるのだと思う。

 試合終了後、多摩川沿線道路をバイクで走って等々力へ。19時から川崎-鳥栖戦を観戦する。


15:00~東京都調布市 味の素スタジアム  曇 観衆 33,880人(公式発表)

2003/09/20

横浜FC 0-2 広島

0920

 「サッカーは熱くなったら負けである。」こう書くと不思議に思う人がいるかも知れない。けれど私は事実だと思う。サッカーに限った話ではない。競技というものすべてにおいて例外ない法則だと思う。本日出された2枚を始め、毎試合出されるレッドカード。リーグ中、群を抜くイエローカードの数。試合後、サポーターに当り散らす選手。これでは負けて当然だ。、今の調子で横浜が勝つ要素はない。戦術とか、技術とか以前の問題。

 私はバイクに乗っている。サッカーの試合も見るけれどバイクのレースも見る。バイクのレースにおいて勝敗を分けるのは「レースを読む目」を持てるかどうかだ。同じカテゴリーであればバイクを操縦する技術に極端な差はない。勝敗はチームがワークスチームか、プライベーターかというマシンの戦闘力の違いで決着がつく。選手は案外クールなのだ。それではライダーはレース中、何を考えてバイクに乗っているのだろうか。

 それは己の技量、マシンの戦闘力、チームの力、それらを総合的に考えて出走マシンの中で自分の位置をつかむこと。そして同じ位置の選手の中でトップをとること。これにつきる。そしてレースの中で競争相手の性格やポジションを見据えていかに抜くか、いかに逃げ切るかを考えること。この「考えること」が勝負の分かれ目だ。これにつきる。バイクのレースにおいては熱くなったら負けなのだ。時速300キロ近いスピードの中でバイクをコントロールして他の選手と競争する。冷静な判断力がなければこの競技はできない。冷静さを失えば、それは転倒-ヘタすれば死を招く。

 これってサッカーでも同じではないのか?足でボールを扱う難しさに加えて敵の選手を抜き、味方の選手とチームプレーを行う。この一連の行為を成立させるには冷静な判断がなければ無理だろう。サッカーだけではない。技術レベルが一定の水準に達していれば、他の競技も同じ。野球からプロレス、囲碁将棋に至るまですべての競技は心理戦なのだ。

 「やる気があるのか」この言葉は非常によく聞く。まあ、惨敗したのは事実だし私が客観的に見た試合・・例えば先月の天皇杯予選の静産大戦など・・では私も言うけれど、サポーターの立場でチームを見た場合、この罵声?は違和感を覚える。

 もちろんやる気は必要だ。いやいやプレーするぐらいならやらないほうがマシだ。しかし、ここで結果の出ない原因を探ってみるのならその理由はやる気ではなく、選手が平常心を失ってしまったからだろう。やる気がなくなってしまったのではない。冷静さを失ってしまったのだ。それが原因。

 だから・・私は選手に罵声を浴びせる気になれない。意味がないし効果もないから。当たりちらしたその先に勝利があるのかと言えば、「絶対に」ない。チームも監督もサポーターもまずやるべきは選手に冷静さを取り戻してもらうこと、そして選手を愛することだ。

 そんなことできるか。そう怒るサポーターもいるかもしれない。でも冷静に考えて欲しい。愛せない選手に何を期待するのか。誰に対して応援するのか。苛立ちを見せるサポーターを見て選手が冷静になれるとは私は思えない。

 まず何をしたいのか。選手に罵声を浴びせることで自分が満足するのであればすればいいと思う。少なくともサポーターにはその権利がある。遠いスタジアムまで入って惨敗する。雨の中、たちつづけて応援して負ける。お金を払って試合を見て、この結果なら選手は罵声を浴びて当然だ。ただし、次の試合の勝利を期待してはいけない。罵声を浴びて冷静さを取り戻せるとは思えないから。

 「やる気があるのか」・・あるに決まっている。それで生活しているのだから。結果がでないことに対して焦燥感をもち、自分自身に苛立ち、そしてサポーターにはすまないと思っているのだろう。選手本人のサイトを見るとそう思う。

 私は選手にはもう少し、頑張って欲しいと思う。結果の判断はシーズン終了をもって判断する。現時点では監督を始め、多くの選手には厳しい結論が出ると思うけれど。


14:00~東京都江東区 江東区夢の島陸上競技場  雨 観衆 1,851人(公式発表)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »