2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 0-2 広島 | トップページ | 横河武蔵野 1-6 ジヤトコ »

2003/09/23

FC東京 1-2 磐田

0923a


 アウェイ側を除けば上層下層ともほぼ満員で埋まった味の素スタジアム。お目当てはもちろんジュビロ磐田。現在ジュビロは若返りの真っ最中で、中山もいなけりゃ藤田もいない。それでも勝ってしまうのだからすごいチームだと思うが東京にも勝つチャンスはある。

 試合内容は良かった。なんかこう・・久しぶりにレベルの高い試合というか、見ていて楽しいサッカーというのか、そういう満足感を得たような気がする。数時間後、小瀬で行われた試合に行ったサポーター達の気持ちを考えると非常にやりきれないものがあるが・・。

 いい試合だったのは理由はお互いが相手の戦術をキッチリと研究してそれに対して攻撃的なフォーメーションを組んだことにある。阿部対前田という若いフォワード同士の対戦も面白かった。結果は前田はゴールを決め、阿部は試合にからめなかったのだから前田の勝ちともいえるけれど、FC東京はケリーが完全に押さえつけられたので阿部へのパスがなかなか出なかったという可哀想な面があった。

 FC東京(に限らず日本サッカー全体と言えるが)の最大の問題点・・トップ下を押さえつけられるとフォワードはただの飾りという状態を改善しないとチームはかなりしんどいと思う。もっとも東京は石川も前に上がり実質的に3トップの状態になっていたので磐田もラインを上げることができず、結果的にFC東京が押していたゲームとなった。

 FC東京は見ていて面白い。申し訳ないがJ2とは(新潟、川崎を含めて)レベルが全く違う。おそらく東京サポは自らが監督気分でこの展開の意図は・・と推測しながらゲームを楽しめるのではないだろうか。それは守ってカウンター一辺倒の常勝チームなどより
はずっとマシだろう。それが詰めの甘さにつながり常に第二グループで戦わざるを得ないのだと思うが。

 ケリーがだめなら石川がいる。そして石川と阿部の2人にアマラオが自在にポジションを変えてゴールに向かう。アマラオはオフェンシブリベロと言うのだろうか、彼は特にポジションは決まっていないようだ。それゆえ彼にはマークが付きにくい。付いたらついたでサボってしまうというのもすごい。まさにキングオブ東京の名に相応しい存在だと思う。その東京の攻撃を生かすのは金沢のインターセプトと戸田のサイドアタック。横浜FCのように左サイド一辺倒と言うのではなく、逆サイドの逆サイドの宮沢とのセットでかけあがる。金沢の、ジュビロに対する意気込みはマッチデープログラムからも充分に伝わった。そりゃ古巣との対戦だから当然と言えば当然なのだが守備から攻撃まで全員が役割を持って試合をするというサッカーは美しく楽しい。正直、東京サポが羨ましい。

 その美しい東京が負けたのは、ほんの些細なミスだった。東京のディフェンダーがクリアしたボールがそのままさらわれて前田に送られて失点。2点目はコーナーキックから福西。あの、さわやか笑顔の悪魔はいつも何気にやってくれる。東京の集中力不足と言えばそうなのかも知れないが、この程度で集中不足というのなら横浜FCの選手は90分うわの空で試合をしている。磐田のサッカーは絶対にミスをしない。そしてパスは正確に送る。この基本ができているからこそ、レギュラーメンバーが欠けてもクオリティの高いゲームができるのだと思う。

 試合終了後、多摩川沿線道路をバイクで走って等々力へ。19時から川崎-鳥栖戦を観戦する。


15:00~東京都調布市 味の素スタジアム  曇 観衆 33,880人(公式発表)

« 横浜FC 0-2 広島 | トップページ | 横河武蔵野 1-6 ジヤトコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 0-2 広島 | トップページ | 横河武蔵野 1-6 ジヤトコ »