2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 関東学院大学 87-10 大東文化大学 | トップページ | ジヤトコ 1-0 FC京都1993 »

2003/10/25

横浜FC 0-1 福岡

1025


 同時開催される三ツ沢陸上競技場の東海大学対日本大学の試合に心が惹かれるが、そこは我慢して球技場へ。相手は好調アビスパ。私は来週からスペインポルトガルに行くので今日が横浜FCリーグ戦最後のホームゲーム。出国準備に忙殺されて球技場に着いたのは試合開始15分前。何とか間に合った。

 アビスパサポはアウェイゴール裏に一塊になって四方を弾幕で囲み城を作っている。恐らく九州から来たのだろうが気合は入っている。レプリカも全てアウェイ用に統一してかっこいい。チームもサポも何かと問題を起こしているが、頑張って欲しいものだ。もっとも私は98年福岡対川崎、俗に言う博多の森の悲劇を現場で見ているので、このチームに対しては蹴りを入れたくなるぐらい憎いのだが。今のチームに当時の面影はなし。時は流れる。

 試合はどういうわけか、横浜の圧倒的なペースで進む。ボールポゼッションは70-30で横浜。これは前回の川崎-札幌戦と同じ。前半から快調に飛ばす横浜を見てお気楽ムードで試合を見る。 が、なかなか点が入らない。福岡も守ってばかりいるわけではなくてベンチーニョと宮崎、そして川島のオーバーラップといい攻めを見せてはいるのだが、クリアボールを殆ど横浜に拾われるので怖くはない。 今日、横浜FCで一番目立ったのは増田。試合中絶好機をふかすシーンが多かったので、評価しない人も多いかも知れないが、サイドを何度も駆け上がり、きちんとセンタリングを上げチャンスメークをする姿は好ましく見えた。このため今まで逆サイドの横山も普段よりもマークが減り、城や小野、内田に多くつながったわけだが・・・頼むから決めて欲しかった。それにしてもこの程度のチームが何故いままで好調なのか、私にはわからない。少なくとも試合内容は横浜の方が圧倒的に良い。どのくらい一方的かというと・・以下、アビスパの公式サイトから引用。













前半 後半

00分 0-0 試合開始
01分 0-0 宮崎のシュートでCK
04分 0-0 アレックスにイエローカード
09分 0-0 林のシュートはずれる
13分 0-0 横浜FC・横山のシュートでCK
16分 0-0 横浜FC・内田のシュートはずれる
25分 0-0 横浜FC・山尾のシュートはずれる
28分 0-0 林のシュートはずれる
30分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
38分 0-0 横浜FC・早川のシュートはずれる
41分 0-0 ベンチーニョにイエローカード
43分 0-0 宮崎のシュートはずれる
44分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
44分 0-0 前半終了


45分 0-0 後半開始
46分 0-0 横浜FC・北村のシュートはずれる
52分 0-0 福岡交代 古賀OUT・大塚IN
54分 0-0 横浜FC・横山のシュートはずれる
54分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
58分 0-0 横浜FC・増田にイエローカード
60分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
63分 0-0 横浜FC・横山のシュートはずれる
66分 0-0 福岡交代 ベンチーニョOUT・福嶋IN
68分 0-0 横浜FC・北村のシュートはずれる
72分 0-0 林のシュートはずれる
73分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
80分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
82分 0-0 福岡交代 原田OUT・宮原IN
82分 0-0 横浜FC交代 北村OUT・大久保IN
85分 0-0 横浜FC・河野のシュートはずれる
85分 0-0 横浜FC・内田のシュートはずれる
88分 0-0 横浜FC・城のシュートはずれる
88分 0-0 福嶋のシュートはずれる
89分 0-0 横浜FC・大久保のシュートはずれる
89分 0-0 横浜FC・河野にイエローカード
89分 1-0 川島のシュートが決まり決勝点
89分 1-0 試合終了


 もうね、バカかアホかと。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。と言うのはどうでもいいけれど、要するに一方的に攻め続けて全く点が取れず、後半ロスタイム、フリーキックの一発で負けたわけだ。

 今期の横浜FCの試合はこういうケースが非常に多い。前半開始早々、もしくは試合終了直前。等々力の川崎戦、三ツ沢の広島戦、水戸戦。何度押していながら勝てる試合を引分け、引き分けられる試合を落としたのか。横浜FCの
戦力は他チームと比べても劣っていないのだ。勝てないのは・・何度も書いているのだが、横浜のセットプレーの精度が弱く、逆に相手チームのセットプレーは決まってしまう、このハンデがあまりにも大きいのだ。

 とはいえ前々節からすこしずつ強くなってきている。次の試合は見れないが、ホームで山形が相手だ。決して勝てない相手ではないだけにものにして欲しい。私の次の予定は明日のジヤトコ-FC京都戦である。

横浜FC 0-1 アビスパ福岡 三ツ沢球技場 曇/晴 2655人


« 関東学院大学 87-10 大東文化大学 | トップページ | ジヤトコ 1-0 FC京都1993 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東学院大学 87-10 大東文化大学 | トップページ | ジヤトコ 1-0 FC京都1993 »