2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 名古屋 1-0 横浜FC | トップページ | NEC 29-29 三洋電機 »

2003/12/27

FC京都1993 0-5 群馬FCホリコシ

1227


 「残るんや」と掲げたボード。きちんとホームアウェイを意識した選手紹介、JFLとしては決して少なくない数のサポーター。JFL残留という願いを最大限に表したサポーターの気持ちも裏腹に、切れてしまった集中力は最後まで持たなかった、というのがこの試合の感想。

 前の試合、1点差で負けた京都にとってはまず同点にすること、ということが最大の目標であったはずだ。前半はそれが意識できたと思う。右サイドからの攻めが多く使われていて、クロスも何本も入った。大きなチャンスも2,3回はあったと思う。このうち1本でも入っていれば状況はまだまだわからなかった。

 その意味では試合の価値は前半がすべてだったと思う。というのも今日の試合のグラウンドはメインスタンドから見て右サイド、つまり京都ゴール側のコンディションが非常に悪く、京都は前半のうちに点を取る必要があった。しかしボールがポストやバーを叩くなど運も無く、逆にホリコシにカウンターのチャンスを与えてしまう。

 勝負を決めてしまったのは前半終了間際。ホリコシがPKを得る。(PKの理由は不明。雪が激しくてプレーの詳細が見えない)、これが難なく決まり、1-0で前半終了。前節と併せて2-0となり、この時点で事実上ホリコシは昇格を決めたといって良かった。

 前回のジヤトコ戦でも書いたけれど、京都の戦術の特徴はディフェンスラインが非常に高いこと、かつ体力や集中力がないこと。この2点は今日の入替戦でも顕著に見られた。ディフェンスが上がるので確かにオフサイドは取りやすい。事実ホリコシは何度もオフサイドに引っかかった。しかし、所詮は弱小チームの小手先のプレーにしかすぎず、群馬は両サイドに開いて京都のディフェンスの裏を抜けてしまう。このため群馬は何度もフリーのチャンスをつくり、点を取ることができる。後半4点も取れたのはこのため。ディフェンスラインが高いため、キーパーも前に出ざるを得ない。キーパーが前に出たところを群馬のフォワードにループシュートを打たれる。慌てて戻りボールに飛びつき、何度もネットに絡んでしまう様は哀れでもあった。選手の技術もあるけれど、京都の戦術の立て方はやはりおかしい。

 技術がない、戦力がない、この現実の中でサッカーをするのであれば、まずマンマークをきちんとし、決してフリーでシュートを打たせないこと、これが第一の基本であろう。これができないチームがオフサイドトラップを使おうとは笑止と言っていいと思う。JFLにおける京都の最下位は早くから決まっていた。私がジヤトコ-京都戦を見に行ったときは静岡FCが偵察に来ていた。つまり、今回の地域リーグ決勝大会に出るチームはFC京都の戦いぶりを早くから理解していたわけで、この点に対して何の対策も立てずに入替戦を迎えれば今日のような戦いになるのは分かっていたはずだ。しかも群馬は決勝大会で6試合も戦っている。試合感を維持すると言う点でも京都は群馬にハンディを抱えていた。

 来年の京都は厳しい。地域リーグ決勝大会の関西枠は一つ減り、残った一つをアイン食品と争わなければならない。さらに紀北蹴球団が昇格し、11チームとなる。その中で勝ち抜くのは容易ではない。しかし、京都の場合、JFL昇格を目指すのであれば、選手一人一人に有料試合を行なうだけの意思がなければならないと思う。お客様からお金を取って試合を見せるという意味がわからなければ仮に再来年にJFLに昇格したって続かないだろう。それはザスパ草津や群馬ホリコシにも同じことが言える。

 来年のJFLは久しぶりにJリーグ昇格を目指すチームが出る。モチベーションの高いリーグという意味では来年が楽しみなJFLではある。

園部運動公園陸上競技場 雪 331人(公式発表)


1228


« 名古屋 1-0 横浜FC | トップページ | NEC 29-29 三洋電機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋 1-0 横浜FC | トップページ | NEC 29-29 三洋電機 »