2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 5-0 福岡教育大学 | トップページ | FC京都1993 0-5 群馬FCホリコシ »

2003/12/14

名古屋 1-0 横浜FC

1214


 あんまり負けた気がしない。悔しいというほどのものは無いけれど、惜しかったなあと思う。いろんな要素が横浜に味方して、それが最後まで生かしきれなかった、そういう試合だったと思う。

 試合内容は90分間にわたって横浜が主導権を握り、ほぼ攻め続けた内容だった。1対1で競り勝ちボールをつなげていくサッカーは普段のリーグ戦では創造できないものであり、にわかに信じられない出来だったと思う。

 横浜FCが善戦したのは河野とマシューのディフェンス-ボランチラインが非常に機能し、ウェズレイを孤立させたこと。名古屋は平山まではボールがつながるのだが、そこで横浜にカットされてしまう。逆に横浜の速攻はすばやく、サイドの横山からのセンタリングが横浜の得点チャンスを稼ぎ出す。そのセンタリングを受ける内田はボールコントロールがすばらしく、彼の能力は小野信義を越えたのではないかとも思う。前回の福岡教育大戦、ノーザンピークス戦でも内田は才能の片鱗を見せ付けつつあったが、もう完全に一人前のフットボーラーになっている。

 惜しいのは増田がそのチャンスを生かせなかったこと。彼と彼のファンには申し訳ないが、正直言って限界を感じる。FWの能力不足はどのチームも顕著であり、そこに下位チームがつけいる隙があると思うのだが、横浜FCで評価できるフォワードは残念ながら城一人である。

 いい試合だったと思うけれど、あくまでこの試合はカップ戦であり、通常とは違う位置づけであることは意識しないといけないと思う。横浜FCが名古屋に善戦したからといって、横浜FCの能力が上がったわけではない。市立船橋がマリノスに善戦したからと言って、同じ実力を持っているわけではないのと同じことだ。

 サッカーは実力が上のものが勝つとは限らないのは試合におけるモチベーションの差が露骨に結果に出るからである。よく、モチベーションと「やる気」を一緒にしてしまうことが多いが、この両者は全く違う。モチベーションとは「動機付け」のこと。プロサッカーの試合における動機付けとはその試合をやる意義がどこまで見出せるかと。格下相手に試合をする動機付けを見出すのは難しいが、格上を倒す動機付けを探すのは容易い。だからカップ戦は得てして均衡した試合になるし、そこが面白い。

 横浜は初めて対戦するチームには大抵善戦する。京都も仙台もセレッソも福岡も札幌もそうだった。初物に対する動機付けは高いものを持っているのかもしれない。そう考えると今日の試合の結果を評価していいのかどうかは来年まで待たないといけないが。

 今年一年、期待を持ちつつも大きく裏切られた結果だと思う。それが来年はどう修正されるのか、楽しみにはしたい。あまり過度な期待をもつものではないと思うけどね。横浜FCのシーズンは終わった。また来年、開幕を楽しみにしていましょう。

トヨタスタジアム 晴 1508人


« 横浜FC 5-0 福岡教育大学 | トップページ | FC京都1993 0-5 群馬FCホリコシ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 5-0 福岡教育大学 | トップページ | FC京都1993 0-5 群馬FCホリコシ »