2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 5-0 湘南 | トップページ | 横浜FC 0-0 京都 »

2004/04/17

ザスパ草津 1-0 横河武蔵野

0417

 1-0でザスパの勝ち。得点者は佐藤正美。こう書くとザスパは強いな、佐藤も結果を出したのか、横河も1失点に抑えたのならいいじゃないかと見られがちだが実際は違う。 この試合の構図を簡単に言うと、突破力の全くないザスパの佐藤とディフェンス力が脆すぎる横河武蔵野の戦いだったということだと思う。

 佐藤の突破力の無さについては横浜FC時代にも、そして横河にレンタルで行ったときにも指摘したのだがそれが直っていない。1対1の局面で抜けない、奪われる、後方にパスを出す。そのため横河のディフェンダー陣はもう一人のザスパフォワード、フラビオだけ気をつけていればよく見た目上接戦になってしまっている。

 ザスパに関して言えばつくづく奈良をホリコシに放出してしまったことが悔やまれる。私は桐蔭時代から奈良を追っているけれど彼は日本では珍しい「一人でなんでもしてしまうフォワード」である。彼がいるからフラビオが生きるのであり、彼の持ち味によってザスパは関東2部を優勝できたのだと思っている。放出の経緯はいろいろあったのだろうけれど、つくづく惜しいことをした。

 こういう「エゴイスト」を嫌う監督は多い。最も代表的なのはフィリップ・トルシエだけど、エゴイストに対するマークの集中化で他の選手が生きるという側面があるのはもっと強く認識していいと思う。川崎のマルクスが怪我で欠場したとたんチームが生き生きしてきたのはエゴイストジュニーニョの存在とそのエゴイストを生かせるトップ下の今野のコンビがあるからだ。我那覇が点を取れるようになったのもジュニーニョニ対するマーク
のきつさが彼に幸いしているからだと思う。去年のザスパにはそれがあった。今年はしんどい。

 ではその佐藤を横河のディフェンスが抑えていたのかというと実はそうでもない。これがこのゲームの面白さををスポイルしてしまう(JFLの試合の大半がそうなのだけど)一員になっている。ザスパの、それほど早いとは言えない攻めに対し横河は安定した守備を見せることができない。非常に簡単にウラを取られてしまう。仕方がないのでファールで止める。そしてイエローカード、レッドカードを貰う。ディフェンダーがイエローカードを貰うのは宿命のように思っている人が多いけれどそれは違う。カードを貰いやすいのは単にヘタだからだ。敵の攻撃パターンが読めていないからアタフタしてフィジカルコンタクトに走ってしまう。

 横河のディフェンダーがイエロー2枚を貰って退場したことにより横河のディフェンスが安定しだしたのは一種の皮肉であろう。マークの受け渡しなどに難があるから裏をとられるわけで、この辺が改善点として認識できればいいのだけれど、今の横河にソレを望むのは苦しいか。

 ザスパはその安定しているとは言えない横河のディフェンスを突破してもなお横河のゴールを破ることはできなかった。ザスパが得点できたのはゴール前での混戦から佐藤の前に転がったボールを蹴りこんだもの。もちろんその得点には彼の能力の賜物といってもいいと思うけれど、佐藤に期待されているものはそこではない。

 この試合がスコア上、接戦のように見えたのは上記の通り相手にチャンスを作らせてしまう横河ともらったチャンスをモノに出来なかった草津の拙攻拙守の応酬だったからだと思う。この辺がイマイチ勝ち切れない草津と勝利をつかめない横河の成績に現れているのではないだろうか。

 辛口な評価をしてしまったけれど、そういうレベル的な面を除けば、見ていて楽しめた。それはお互いが自分の特徴を生かして攻めていたから。中央突破を計る草津とサイドからサイドチェンジを繰り返して攻める横河。横河の場合、左サイドの金選手の突破力は他の横河の選手よりも一回り上である。そういうボールを持つと期待できる選手がいるチームというのは良い。惜しむらくはそれを生かせる選手がいないのが残念だ。数年前まで在籍
した登内がフォワードとしていたのなら、金からのクロスを受けてチャンスを作れるのになあ、と思う。

 ザスパにしても横河にしてもチームの真価はもう少し見極めないとわからない。他のJFLチームと比べて決してダメなわけではないから何とかなると思うけれど、ザスパはフォワードのコンビネーションの向上、横河はディフェンダーの安定化、これができるかどうか、この辺はまた見に来たときに注目してみようと思う

群馬県敷島サッカー場 観衆:1,842人

« 川崎 5-0 湘南 | トップページ | 横浜FC 0-0 京都 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 5-0 湘南 | トップページ | 横浜FC 0-0 京都 »