2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 1-0 京都 | トップページ | 第1回時の路ヒルクライム in 会津 自転車ロードレース参戦記 »

2004/05/15

横浜FC 2-1 札幌

0505

 札幌もすでにJ1の頃の戦力はなし。着々と湘南化を進んでいるのが確認できる。惜しむらくはチームも、監督も、選手もサポーターも、わかってはいつつも認めたくない、そんな雰囲気が漂っていた試合だった。

 2-1で横浜の勝ち。競り勝ちと言える内容で、見ていて面白いものがあった。勝敗を分ける要素(湯浅健二氏風に言えば「コンテンツ」か)がいくつもあると、見所が広がる。応援しているチームが勝てば更に良い。こういう満足感を覚える試合というのはJ1でもなかなか無い。

 試合の中での最大の見所は、やはり試合開始直後のフォワードとディフェンスの入替であろう。トゥィードをフォワードに持ってくるフォーメーションは異様で札幌の選手は戸惑っていた。何しろトゥィードを始めとする前線の選手にマークが誰もついていない。和波のキョロキョロした顔を見てると、そりゃそうだろうなと思う。

 これをシステムとして捉えるのは難しい。あえて言えば3-1-6で、6の部分が4-2になったり3-3になったり2-4になったりしていた。考えたのはもちろんリティだろう。こういう馬鹿な(失礼)考えを起こせるのは彼しかいない。まあ控えのキーパーを外すという暴挙をしでかした去年よりは彼もずっと進歩している。

 リティもリティなりに思っていたのだろう。リーグ構成が12チームで4回も対戦すれば手の内はばれてしまう。川崎はともかく他のチームと戦力差はそれほどない状態で勝ち星を拾っていくためには対戦相手が想定しない「なにか」を持っていくしかない。ジェフェルソンが故障した現在、敵のチームは大久保が先発すると予想するだろう、であるならばトゥィードを上げてみようと思ったのかも知れぬ。

 もちろんこれで90分持つわけがない。少なくともディフェンスは全く手薄になる。「だから」20分限定にした。試合開始20分で何事も無かったようにトゥィードがバックスに戻ったのはそのためであろう。逆に言うと横浜だって何が何でも先制点を取りたかったのだ。

 逆に言えば、そのアタックフォーメーションで点が取れなかったのが非常に悔やまれる。いいパスは何本も通った。しかし、ゴールラインギリギリのセンタリングがあまりにも早く、味方の選手が追いつけない。トゥィードのキープ力は札幌のディフェンス能力を上回っているが、敵ディフェンスを抜いた後のフォローがなっていなかった。その後のパスをカットされてしまう。ついていない。横浜FC以外の、例えば川崎対○○と言ったJ2全般に言えることだが、試合展開がスペースの消しあいになってきており、チャンスを確実に得点に結びつけるためにはほんのわずかに生まれたスペースを攻撃側が握るか守備側が消すかが得点の有無の分かれ目になっている。そう考えた場合、いまの横浜FCがコンスタントに得点するのは結構難しい。

 パスが合わなかったのは小野信義の判断ミスが多く、こういうシーンを目にするたびにチーム創設初年度選手の限界というものを感じてしまう。眞中、重田、小野信義、増田、彼らには感謝すると共に、速やかにポジションを後継者に渡す時が来たのだと思う。怪我と実力の限界の両方が目立ち、得点の好機を摘み、失点の危機を拡大してしまう。トップ下は小野ではなく内田で固定すべきだろう。

 さて、横浜の魔法は20分で解けた。札幌はチャンスを得た。案の定攻めるが清野の息が合わない。このスピードのあるフォワードはやる気充分な雰囲気はバッチリ漂わせているけれど、周りが全くついてこれなくて空回りしてしまう。惜しいなあ・・・攻撃は完全に札幌ペースなだけにフォワードとミッドフィルダーの息のアンマッチは致命的だ。 

 試合は両者とも甲乙つけがたいレベルとだと思う。それは両チームがうまいとか、へたとかいうのではなく、J2の標準的なフォワードでは点が取れなくなってきている、という面で言っている。J2のフォワードで点が期待できるのは川崎の2トップと甲府のバロンだけで、城も小倉もマークにつかれるとそこで展開できないという点で限界にきていると感じる。

 試合はこう着状態のまま後半に入り、そのまま引分けかと思った瞬間、札幌の中尾が審判にキレて退場というアクシデントがあり、一気に横浜よりに傾く。なまじ膠着しているだけに戦力の欠如はそのまま崩壊へとつながる。試合は早川が角度の無いところからシュートを決めて得点、2-1で終了した。

 この試合は札幌の自滅というべきもので、結局決定力のなさがそのまま引き分けるか、ミスで負けるかという今年のJ2の現状ををそのまま現わしていると思う。この試合は横浜が勝ったけれど退場したのが去年のマシューだったりすればそのまま横浜に跳ね返っていた。J2は第二クールが始まったばかり。フォワードが決定力を手に入れるか、強固なディフェンスで夏場を乗り切れれば横浜FCはいい順位につけると思う。かぎはその点にある。

三ツ沢球技場 観衆:3,503人 

« 川崎 1-0 京都 | トップページ | 第1回時の路ヒルクライム in 会津 自転車ロードレース参戦記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 1-0 京都 | トップページ | 第1回時の路ヒルクライム in 会津 自転車ロードレース参戦記 »