2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 箱根ヒルクライム | トップページ | アルフィー30周年ライブ »

2004/08/11

横浜FC 0-1 甲府

0811


 会社が終わってすぐに三ツ沢球技場に行く。球技場に入って今日の対戦相手が甲府だと知る。かなりひどい話だと自分でも思うが、横浜FCを見るのも久しぶりになってしまった。


 横浜FCは決して弱いチームだと思わないけれど、J2は第4クールまであるのでお互い研究しつくしあってしまい、どうしても夏場以降は弱くなってしまう。このため強力な武器のないチームは辛い。横浜に限った話ではない。鳥栖もそうだし札幌、湘南もそうだ。


 こういうとき、強力な選手があればその選手を起点にしてオプションが組めるのだが、横浜FCの武器はディフェンダーのツゥィードだけなので、得点力不足という弱点をさらけだしてしまう。ディフェンダーが強固といっても毎試合完封勝ちできるほどのチームではないから点が取れないこと、つまり1-0で負ける試合を作ってしまう。この甲府戦もそうだった。横浜FC戦は何試合見ても観戦記はここで完結してしまっている。


 甲府戦の敗戦後、予想していた通りリティ解任を問う声がちらちらとウェブ上に上がってきた。失点が去年と比べて少なくなっているのが眼に見えているから、去年と比べてそれほど大きくはないけれど、意見としては少し稚拙だなと思う。


 何故、点を取れないのかといえばリティの意識がディフェンスありきのチーム作りをしているからだろう。4バックでラインを固めてマシュー、あるいは中島から前線へボールをだそうとするのだけれども展開力が無いために左右のウィングで糞詰まりになっている。前に見た試合もそうなのだが左ウィングの杉本が一生懸命前に走っているのに彼にパスがこない。来るのはいつも右の臼井である。湯浅健二氏がいつも指摘しているフリーランニングの重要さを杉本は寡黙にこなしているのだが、フリーランニングがタダの無駄走りにしかなっていないところに横浜FCの深い病巣がある。


 オプションが欲しい。展開力がほしい。横浜FCを見ているといつもそう思う。バカの一つ覚えのようなサイドからのクロスをみているとその先の展開まで読めてしまうのが非常に悲しい。今年の夏の親善試合、バルセロナ対鹿島の試合を見たけれど、見所はロナウジーニョの個人技ではなく、左自陣内から右敵陣内に対して上げた一本のロングパスだった。そのパス一本でバルサゴール前に詰めた鹿島の攻撃は一瞬で崩壊してしまった。技術
の問題ではない。視野の広さと想像力という点で横浜FCとバルセロナの間には無限に近い差がある。


 そんなことは当たり前だろう。分かりきったことを言うな。そういわれるかもしれない。では横浜FCがその展開力をつけるのはどうすればいいのだ?監督を変えれば想像力がつくのか?違うだろ。


 ディフェンスを固めて失点をしない、という意識が根底にある以上、監督を変えても効果は上がらない。今の状態で得点を増やそうとするのなら、スタートの状態から両サイドバックの早川と中島を少し上がり目にしてツゥィードからマシュー、中島または早川とショートパスをつないで速攻をかけるしかないと思う。しかしこれはフォーメーションで言いえば2-2-4-2となる。横浜FCサポの大多数はこれをアレルギーのように毛嫌いしているのは周知の事実であろう。結論から言えばもうフォーメーションはいじれない。結果的にいまの状態からコンビネーションをよくしてゴールを奪う算段を考えるしか他に方法はないと思う。


 それは今年中に改善を見ることはないかもしれない。むしろそのほうが可能性は高い。しかし、でも去年よりは今年、今年よりは来年と進歩が見れれば応援しがいがあるのではないかと私は思う。そういう楽しさは強いチームのサポは感じることはできない。


 現在8位。川崎を例外とすれば第二グループの首位である。昇格は厳しいだろうが2、3チームを抜く可能性は充分にあると思う。試合内容は決して悪くないのだから。 

三ツ沢球技場 晴 観衆3,407人(公式発表)

« 箱根ヒルクライム | トップページ | アルフィー30周年ライブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根ヒルクライム | トップページ | アルフィー30周年ライブ »