2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 1-0 広島 | トップページ | HondaFC 3-0 ザスパ草津 »

2004/11/23

横浜FC 3-2 湘南

1122


 今期ホーム最終節。試合開始30分前に会場に入るとスタジアムは既に大入りで、座る場所を確保するのも大変な状況だった。推定で6000人位か。第3クール、第4クールに入ってから観客数が飛躍的に伸びている。この試合で言うと招待券を結構撒いていることは事前に聞いていたので、半分予想できたことなのだが、それでもスタジアムに来てくれたというのはすばらしいことである。今年後半から売り出したファミリーチケットや学割の効果もあるだろう。チケットの価格については私は以前から再三再四批判してきたのでやっとマシになったか、という気持ちが強い。あとはゴール裏を値下げすることだ。まあゴール裏に来る人たちはそれ相応の気持ちがある人たちなので、彼らにしてみればいまさら主張するものではないのかもしれない。

 試合は3-2で横浜FCの逆転勝ち。横浜FCサポ的には劇的な逆転勝利と言えるのだろうが、客観的にみれば正直ほめることができない。

 一言で言うと横浜の勝因も湘南の敗因も、戦力的な面よりもメンタル面の強さ弱さによって決まったものだからだ。J1クラス、またはJ2上位の試合を見れば、まずフォーメーションがあって、「この選手を前に押し上げたことにより○○が機能して、結果的に得点を得た」というような評価ができるのだが、この試合で言うとそのようなものがない。

(湘南は)先制点を取ったらイケイケで追加点が取れた。横浜は焦って追加失点をしてしまった。後半は横浜が1点を取り返した。すると湘南は焦って同点を許してしまった。この流れを両者とも変えることができずに試合終了間際に横浜が逆転した。

 この試合だけではないし、これは湘南や横浜だけでもない。メンタル面で試合を決めてしまうのはJ2下位チーム共通の特徴である。川崎対J2下位チームの試合を見るといつも同じ感想を持つ。

 試合開始から数十分はキチンと試合ができる。オフサイドトラップもかけられるしカウンターも狙えるし、相手のストライカーにはマークもちゃんとつけられる。しかし、前半終了まであと10分、あと5分、そういうタイミングでいつも失点する。そしてこの失点を後半取り返すことができずに敗戦する。横浜FCだけでなく湘南も札幌も鳥栖もみんな同じだ。

 J2なんてそんなものだよ、と吐き捨ててしまうのは容易い。でも基本戦術がちゃんとできて、いいサッカーをしているのならば、そのいいサッカーを90分見せられないのかと思う。もちろん相手が牙をむくタイミングがその残り10分というのもあるだろうが、失点してしまうと立て直せないというのがメンタル面によるものであるなら非常に勿体無い。

 横浜FCは今シーズン、過去最高の8位が確定した。それは素直に評価すべきことだと思う。失点が少なくなった、サポーターが一つにまとまった。スタジアムの観客が増えた。三ッ沢の雰囲気が良くなった。ひとつひとつ良くなっている。でも、最後まで残ったチームの壁・・弱者のメンタリティが最後まで払拭できなかったのが非常に悔やまれる。

 強者のメンタリティを得るには・・それは地獄をみるしかない。選手もサポも泣いて泣いて泣きまくって、もう少しで・・という状態を何度も経験して得るものだと思う。J2下位チームはそれをどうやって得るか、踏み越えるか、考えるしかない。

 来年、横浜FCがどうなるかはわからない。伝え来る情報ではネガティブなものしかないけれど、来シーズンは成長したこと、得られたことを失うことなく課題が克服できることを心から強く願う。 


三ツ沢公園球技場 晴れ 観衆6,287人(公式発表)

« 横浜FC 1-0 広島 | トップページ | HondaFC 3-0 ザスパ草津 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 1-0 広島 | トップページ | HondaFC 3-0 ザスパ草津 »