2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« HondaFC 3-0 ザスパ草津 | トップページ | 雪の西が丘 »

2004/12/05

横浜F・マリノス 1-0 浦和レッドダイヤモンズ

1205q


 いい試合だった。ファールが多くカードもたくさん出て、試合がブツブツ途切れたけれど、絶対に負けられない戦いというのはえてしてそういうものだ。選手からタマシイを感じることのできる試合というのは優勝がかかったときと入替戦くらいだと思う。試合の随所で見られた選手同士の揉め事を見ると選手に気合が入っているのが遠くからでも良くわかる。いいのだ。揉めても。サッカーとはそういうものなのだから。

 今まで何度も書いてきたけれど、私はマリノスは決して嫌いなほうではない。少なくとも浦和なんかよりは数倍マシで、その意味ではマリノスサイドでマリノスの試合を観ることには抵抗はない。勘違いして欲しくないのだが、別に応援しているわけではない。観戦エリアはマリノスサイドでも別にかまわないという意味のことである。

 ただこの試合、マリノスは不利だろうと予想していた。マリノスは久保もアンジョンファンもユサンチョルも欠場という飛車角金落ちの状態で、対する浦和は山瀬と坪井がいないとはいえ攻撃陣が絶好調であるから。

 結果は予想に反して1-0でマリノスの勝ち。河合の先制点をそのまま守りきるといった展開で、浦和を完全に封じ込めたことは純粋にすごいと思う。私はこの試合でマリノスが点を取るとは思っていなかった。フォワードが坂田と清水では点を取れる可能性がかなり低い。その予感は概ね当たった。坂田は確かに成長している。しかしJ1におけるエースストライカーとしては今一つらかった。

 岡田監督もその点は分かっているのだろう。攻撃に入っているときでも奥大介をセンターサークルのあたりに配置している。普段はもっと高い位置でボールを供給しているのにこの位置だと点には絡めないだろう。

 だからただでさえ弱い攻撃陣がますます弱くなってしまう。奥から坂田にパスが出て、坂田がとんでもなく長いドリブルで駆け上っていく姿を見ると、これはちょっとなあ・・とファンでなくても苦笑してしまう。

 奥がこんなにディフェンシブな位置にいるのはもちろんエメルソンを殺すためで、そういう意味では作戦はしっかり当たった。エメルソンに対して有効なパスは少なかった。このエメ対策のフォーメーションは少し興味深い。

 エメルソンを完全に封じきった試合を私は今年見ている。味の素スタジアムでのFC東京-浦和戦。この試合、FC東京はセンターバックの茂庭をエメルソンのマンマークにあて、エメルソンに対してボールを持たせないようにしていた。この試合をみれば、エメルソンのケアをキチンとすれば、浦和といえど決してすき放題攻撃できるわけではない、ということがわかる。ストライカーにボールに触らせないこと。FC東京サポには失礼な話だが、エメルソンと比較して個人能力が見劣りする茂庭ですらこれがちゃんとできるということは、私にとって大きな衝撃であった。

 サッカーとは同じ能力を持った人間同士が攻撃側と守備側にわかれてボールの取り合いをすれば守備側が勝つというのは分かっていたけれど、能力差があっても守備側のほうが
有利であるというのはにわかには信じられなかった。

 だから結局サッカーとは守備からはじめるのであり、それを端的に現わしているのが昨今のJ2なのだろう。

 では、マリノス-浦和において岡田監督はどのような体制をとったのか?基本的には同じである。ただ、FC東京は4バックなので、茂庭一人でOK、マリノスは3バックなので中澤-中西-松田でエメをケアしあったという違いがある。でも考え方は同じなのだ。


 エメルソンが封じられると浦和は点を取れないのか?浦和には非常に酷な言い方だが、一言で言えばそうだ、としか言いようが無い。エメルソンと比べると田中達也も平林も長谷部も、三都主も、今日は出なかったけど多分山瀬も、エメルソンと比べると能力的には相当の差がある。

 強力なストライカー、というのはそれだけでは武器にならない。その選手をマークされればそこで終わりだから。エメルソンのような選手が生きるのは、田中や山瀬がエメ抜きに自分達だけで点を取ることができることが条件だと思う。マークが彼らにつくからエメルソンがフリーで生きるのではないか。この試合とは関係ないが、川崎とジュニーニョの関係だって同じである。ジュニーニョも凄いが我那覇やマルクスがストライカーとしてなりえるからジュニーニョが生きるのだと思う。

 ただ、誤解して欲しくないのは田中達也だって普通のJリーグレベルとしては充分に及第点がやれる。坂田や清水だってそれなりに能力をもっていると思う。しかし、この大舞台でガッチガチのぶつかり合いとなると、オレ様にボールをよこせと主張できないフォワードはやはり弱い。浦和やマリノスだけの問題ではなく、日本人フォワード全体の問題だろう。

 この試合、カードがたくさん出たけれど、退場者は出さなかった。イエローカードを貰った選手はそれ以降ラフプレーがなくなった。みんなわかっているのだ。チャンピオンシップは90分ハーフの試合であることを。累積二枚目で退場することは、通常の試合で前半の内に退場することとなんら変わらないということだ。そういう計算もきちんと試合から感じられる。見に来てよかったと思う。

 今日の試合は1-0でマリノスが勝ったけれど、2試合目も浦和を零封できるとはとても思えない。その意味ではやはり2戦目も見なければならぬ。チケット確保が難しそうだ


横浜国際総合競技場 晴れ 観衆64,899人(公式発表-チケット完売)

« HondaFC 3-0 ザスパ草津 | トップページ | 雪の西が丘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HondaFC 3-0 ザスパ草津 | トップページ | 雪の西が丘 »