2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 空き巣に入られた・・ | トップページ | FCホリコシ 0-1 横河武蔵野FC »

2005/03/26

横浜FC 1-0 草津

0326


 1-0で横浜の勝ち。見ていて非常に疲れた試合だった。手に汗を握る展開というわけではない。ボールが落ち着かず、あっちに行ったりこっちに行ったりと見ていてイライラして、ストレスばかりがたまっていった。


 この試合、インターセプトの応酬という面で見れば十分にJ1級と言えるのだが、実際はお互いにボールが保持できず、奪われてばかりの緊張感の欠けたゲームだった。

 J2も4節になってくるとチームの特徴というか監督の目指すやり方というのが見えてくる。横浜FCの場合、足達監督は玉ばなれの早いスピーディなサッカーをしたかったのだろう。ゲームを見ているとパスを受けた選手はとにかく次の選手にパスを出さなければならぬと言った妙な使命感を感じてしまう。もっと落ち着けばいいのにと試合中私はそんなことを考えていた。

 リトバルスキーが監督の時は、試合が面白いかどうかは別として、戦術はわかりやすかった。それは彼の戦術はボールを支配することに重点を置いていたからだろう。ボールを保持しながらパスの出所を捜す。ゆえに失点は少ないが攻撃も遅くなり、結果ゴール前を敵に固められ得点できなくなる、そういう傾向はあった。


 足達監督の場合、戦術としてはとにかく前へつなぐんだ、という意識が見える。これは日本のサッカーの特徴とも言えるもので、欧州のサッカーと比べても十分に早いと思う。この考え方自体は問題ない。しかしこういうシャンパンサッカーを目指すのであれば選手には広い視野が必要とされる。フランス代表ならともかくJ2の、それも下位の戦力でそれができるのかといえば非常に怪しいといわざるを得ない。できもしないことを無理やりやっている印象がある。

 リトバルスキーは個人の能力を高めることによって敵の守備を突破しようと考えた。足達監督は戦術の浸透によって敵の守備を突破しようと考えているのであろう。そう考えた場合、開幕序盤がオロオロガタガタした試合になるのは仕方の無いことかも知れない。問題はいつその戦術が浸透し切れるのか、だ。私にはわからない。

 この試合、オロオロガタガタしているのは草津も同じで、結局のところ先に落ち着いたほうの勝ちというものだった。先に落ち着いたのが横浜。久保田が前線をかき回してディフェンスを引きつれ、その隙を縫って城が決めた。草津はとにかく宮川にボールを預けるんだという気持ちは見えるのだが彼に対するフォローが全く無くて、宮川にボールがわたった所をつぶされてしまう。これでは勝てないだろう。

 サッカーは心理戦、という目で見れば相手の能力を見切ったほうが勝ちである。草津は最後まで横浜の力を見切れなかった。その差がゲームに出てしまった。相手を見切るためには精神的な支柱となる選手が必要で、JFLの時は小島や鳥居塚がその役目を引き受けたのだがJ2では役不足なのだろうか。佐藤正美が復活すればどうかといえば、難しいだろう。いずれにしてもこのままでは状況は好転しまい。今日のアウェイ側ゴール裏では熱心なサポーターが大きな声を出していたけれど、この地獄にどこまで耐えられるかはひとつの壁だと思う。

 横浜にしても状況は決して芳しくない。小野信義が去年よりもずっと動けているのが救いだけれど、新戦力が必ずしも期待にこたえていない現状はいかんともしがたい。惨敗するようなことはないだろうが、こうすれば勝てるという戦術もないのである。個人的には佐藤一樹には期待していたのだが何かこう今ひとつである。さあどうするか?


 横浜は次は仙台と対戦する。仙台は開幕からボロボロだったけれど、この日は札幌に3-0で勝っている。もう少し寝ていればいいのにと思うが仕方が無い。仙台相手に勝てればこの先の見通しも明るくなるが、負ければ泥沼にはまる。そういう意味では重要な試合だろう。がんばってほしいと思う。

 試合が終わって私はやり残した仕事を片付けに職場に戻った。明日はJFL開幕戦、ホリコシFCの試合を見に高崎に行く予定である。

三ツ沢球技場 晴れ 観衆4387人(公式発表)

« 空き巣に入られた・・ | トップページ | FCホリコシ 0-1 横河武蔵野FC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空き巣に入られた・・ | トップページ | FCホリコシ 0-1 横河武蔵野FC »