2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 3-3 浦和 | トップページ | 空き巣に入られた・・ »

2005/03/19

東京V 4-4 川崎

0319


 私は年間100試合前後を観戦しているけれど、4点差を追いつかれた試合というのは記憶にない。サッカーは何がおきるかわからないとは言うけれど、前半4得点して後半4失点するというのは少し極端すぎないかと思う。ひどい試合だったと一言で済ますのは簡単だが、全ての結果には原因があるわけで、それを考えなければ次の試合にはつながらない。 

 前半と後半で何が違うのか?後半早々ヴェルディは森本を投入したが、それがすべてではないと思う。もちろん森本の動きはすばらしかった。しかし本当の原因はもっと単純で、純粋にフロンターレのメンタリティの弱さからきているのだろうと思う。

 後半始まって早々、PKをとられ、オウンゴールで追加失点をした。この2点は純粋にフロンターレのディフェンスのミスであり、非難されなければいけないと思う。しかし、まだ2点差あったのだ。そのまま守りきればよかった。しかしフロンターレにはもう試合をクローズさせる力は残っていなかった。崩壊した守備がそのまま攻撃陣の不信感を呼びボールがつながらなかった。4点差を守りきれなかったというけれど、もし前半5点取れば5失点、6点とれば6失点しただろう。この試合において点差というのは意味を持っていないと言っていい。

 横浜FCを見ているとつくづく思うのだが、守備と攻撃は一体なのである。守備陣がきちんとしているから攻撃陣は安心して攻められる。結果ディフェンスラインは高く保っていられる。サッカーはそういう関連性は必ず存在している。それはリーグのディビジョンは関係ない。横浜FCの場合、攻撃があまりにもヘタレすぎてカウンターを喰らいやすく、結果ディフェンスラインを上げられないという面があるのだが、川崎の場合は話が逆で、守備の能力に問題があるため攻撃側が集中して攻めあがれない、結果カウンターを喰らっても戻れるようなポジションどりをしてしまい、それがボールを支配できない結果となっているのではないか。

 2失点後、寺田は明らかに落ち着きを失っていた。3バックのセンターはディフェンス
の要石であり、ここが機能しなくなると守備は一気にザルと化す。さっさと交代すればよかったのだが人材が薄いのだろう。フロンターレの現状を考えるとここでの交代していいのかどうか、私は判断できない。

 落ち着かない試合となった割には川崎の攻撃は一応機能していて後半も盛んにヴェルディゴールに攻め込んでいく。ただ、個人プレーの限界なのか、混戦でのボールの受け渡しができなくなっている。短いセンタリングですらターゲットの頭上を越えていき、パスを受けてもシュートに持っていくまでの時間があまりにも長すぎている。ヴェルディほどのチームになればこんなルーズなボールでは得点は入らない。

 ゆっくり攻めればとられる、早くまわせばパスが合わない。その繰り返しが心身を疲労させていく。後半ロスタイム、最後のワンプレー、アウグストのフリーキックはキーパーのはるか頭上を越えていった。これが川崎の現状をよく現していた。焦り、不安、弱者の
メンタリティが川崎を支配していたのである。

 去年、ジェフのオシム監督がよく言っていたのが印象に残っている。「ジェフはいままで中位にいました。だから優勝するポジションにいることに慣れていないのです。」と。川崎も同様でJ1に昇格したばかりで競合相手に勝つということになれていない。勝ち試合を勝ちのまま終わらせるのは強いメンタリティが必要なのだと思う。マリノスが強いのは個々の個人の能力が高いだけでなく、勝つためのメンタリティを徹底的に刷り込んでいるからではないだろうか。私は関塚監督の戦術を支持するけれど、強いチームとしての意識を植えつけられないという点で岡田監督との間に能力の差を感じてしまう。

 川崎は戦力は充実している。少なくともJ1に残留できるくらいの力はある。あとはメンタリティの問題だ。でもそれは一朝一夕につけるものではない。経験をつみながら得ていくしかない。でも正直言ってボチボチ積んだ結果を見せてくれやと思う。私はフロンターレのメンタル面の弱さは散々見てきた。勝ち点1足りないために昇格できなかったことを繰り返したのはすべて同じ根だと思う。去年もそう。ロスタイムで2点取られておいつかれた仙台戦。昇格マジックをかけながら負けを繰り返した後半戦。意識が弱い。

 シーズンはまだ始まったばかり。根が単純なだけに体が気づけば問題は劇的に改善されるだろうが、気づかなければずっと引きずるだろう。どこまで耐えられるか、せめて次節は勝利という結果で改善したところをみせてほしいと思う。


味の素スタジアム 晴れ 観衆6433人(公式発表)

« 川崎 3-3 浦和 | トップページ | 空き巣に入られた・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 3-3 浦和 | トップページ | 空き巣に入られた・・ »