2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 四国旅行その1 | トップページ | 柏 1-1 川崎 »

2005/03/05

湘南 2-0 横浜FC

0305


 通常、昇格有力チームというのは前年降格したチームだ。戦力の引き抜きはあるにせよ、チームとしてのあるべき方向(J1復帰)が明確であるだけにそれは当然だろう。 今年のJ2は降格チームがない。ということは混戦したリーグになることを意味する。川崎、大宮が抜けてJFLから2チーム昇格すれば、現有戦力を保てれば少なくとも中位には入れる「はず」だ。少なくとも最低目標はそうなるだろう。

 そう考えてみると今日の試合の位置づけはハッキリしている。湘南には悪いが今日の試合は絶対に勝たなければならない相手だ。緒戦ということを考慮すると、内容の良し悪しは問わないからとにかく勝て、そういうことでいいと思う。

 私は移籍情報に疎いので湘南の新戦力というのが良くわからない。ついでに告白すると横浜FCの新戦力も良くわからない。フリューゲルス時代の佐藤一樹は知っているが、6年経過した今は参考にならないだろう。パラシオスが抜けたことは横浜にはチャンス、その他の両チームの外人の出来を考えるとまあ互角、あとは監督の力量次第かな、そう考えてキックオフを待った。

 試合は惨敗と言えるものだった。スコアこそ0-2と「普通の負け」であるが、内容が全く無かった。ひとつひとつのプレーが全くつながらず、戦術の意図が見えず、ずるずると湘南に引っ張られるだけのゲームだった。

 この試合、選手を使う力量というのは横浜の監督よりは湘南の上田監督のほうが遥かに上だった。坂本と柿本の2トップと高田のトップ下という代わり映えのしないフォーメーションはダミーであった。3列目にいた加藤望のオーバーラップに横浜FCのディフェンスは大混乱に陥った。

 この加藤、なにしろ早い。横浜から見て右サイドに駆け上がる加藤をケアするのは早川の役目であるが、全く対応しきれていない。恐らく早川は柿本を潰す役目なのだろうと思うけれど、外側からオーバーラップを許してしまうポジショニングの悪さと一対一の弱さはいかんともしがたい。まあ大分ユースのフォワードですら止められなかった
ディフェンダーだから「予定外の出来事」に対応できないのは仕方がないのかも知れない。

 結局湘南の攻撃を無理に止めようとするからペナルティエリア付近でファールとなってしまう。これを加藤が直接放りこんで湘南先制。あとは(横浜から見て)ザルの右サイドを突かれきり追加点を取られ、前半が終了した。

 前半を見ていて正直しんどかった。攻める手立てがない。攻撃の戦犯はフォワードにパスを出せない内田だと思うけれど、内田とて攻める手立てが見えなければどうにもなるまい。無理やり上げたクロスにジェフェルソンは合わせようとするのだが、あたらない。前半のうちに一点取り返せればよかったのだが、それは無理な相談だった。


 後半も同じ展開が続く。何故選手を買えない?シルビオとやらがどういう選手なのか知らないが、突っ込むのは後半開始早々だろう。湘南も2-0となり、前半ほど積極的に攻めてこない。横浜は相変わらず攻めてが見えず、膠着したまま試合は終了した。

 私は複雑だった。去年、リトバルスキーが作り上げたディフェンス陣が全く機能しなかったことに加え、攻める道筋が見えない、という2重の問題が露呈してしまったからだ。ワンパターンとはいえ、サイドからの攻め上がりに道筋をつけた去年のほうがまだ良かった。別にリティのファンだからいうわけではないが、戦術を変更したのであれば、去年のどこに問題があり、どう変更することで解決の道筋をつけたのか、ちゃんと説明して欲しかった。加藤望のオーバーラップを許したのはディフェンスだけの問題ではなく、ボランチの危険察知能力が足りない面もであり、そういう点で言えばマシューブーツの退団はあまりにも痛かったといえる。

 この敗戦は次節までに解決できるのだろうか?山形は湘南よりもずっと戦力が上である。修正できればそれでよし、出来ないようならば手を打つべきタイミングを早めに設定することが必要だろう。


平塚競技場 曇り 観衆7721人(公式発表)

« 四国旅行その1 | トップページ | 柏 1-1 川崎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四国旅行その1 | トップページ | 柏 1-1 川崎 »