2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

横河武蔵野 0-0 デンソー

0731
 多摩市陸上競技場までJFLの試合を見に行ってきました。カードは横河-デンソー。この競技場、年に1、2回は観戦に行きますが、いつ何時行っても暑さにやれられます。日陰が全く無い上、飲料水は紙パックのコーヒー牛乳しかないので脱水症状を起こしやすい危険な競技場なのです。そのため事前にコンビニで水とスポーツ飲料を大量に買い込んだのですが、今日は主催者が売店を用意してくれました。それでもうだるような暑さでマトモに試合を見るどころではなかったのですが。

 今日の対戦カードである横河はかってはJFLの底辺、デンソーはホンダ、大塚に次ぐナンバー3の位置を占めていたのですが、時代は変わり横河は躍進、デンソーは逆に下位に沈み込むようになりました。横河は完全にクラブ化していて、今期の大躍進は十分に賞賛に値します。デンソーの低迷ですが、企業チームは母体の予算状況によって強弱が変動するため仕方が無いものはあります。メンバーを見ていても人材がいないのは明白です。ただ、今日の試合ですと横河のほうが完全に格上なのですが、試合の主導権を握ったのはデンソーでした。13番の村田が左サイドから駆け上がりゲームを作ります。それに対し横河は守ってカウンターという展開でどっちが上位のチームなのだか、という感じでした。もっとも暑さのせいなのか、これがJFLクオリティなのか、相手陣内に入ってからの攻め上がりが異様に遅く両チームとも決定的なチャンスは少ないものでした。

 呆然と見ているとどっちでもいいからサッサと点を取れ!という気持ちになります。これが通常のJFL会場ですとバックスタンド芝生席に移動し、観戦モードから日光浴モードに切り替わるのですが、今日の会場はメインスタンド以外は封鎖されているのでがんばって見なければなりません。デンソーは攻めているのですが、チャンスメークに乏しく膠着してしまいます。選手交代をすればいいのでしょうが、カードが全く切れないところにデンソーの人手不足を感じさせて切なくなります。ただ、デンソーはJFL特有のバレーボールサッカー(センターラインを挟んで両ゴールキーパーが相手ゴールに向かって蹴りこむサッカー)をしませんでした。つなげて走って、というサッカーは好感が持てます。逆に言うとその程度しか印象の無い試合だったといえます。

 今日は横河武蔵野の主催試合でしたが、チアリーダーあり手製のMDPありと一生懸命運営をしているところに好感を持ちました。横河の選手サイン会は選手が観客席に来てサインをするようです。これは驚きました。こういうふうにスタジアムに来た観客を大切にするから観客はチームと一緒に戦おうという気持ちになるのです。これがマイナーリーグを運営する「肝」なのだと思います。なんで観客はマイナーリーグの試合を見に来るのか、答えはここにあるのでしょう。有名選手を見に来るわけじゃあないんですよ。

2005/07/30

横浜1-0水戸

0730
 まず、純粋にいい試合だったと思います。J2にしては人もボールも良く動いていました。横浜FCがこういう試合をできるようになったというのに新鮮な驚きを感じました。北村の得点ですが、チャンスを逃がさなかったいい得点でした。シュート自体はヘロヘロっとしたものでしたけどね。でもこれでいいのです。試合後のサポーターMOM投票があるのですが、私は北村に入れました。ただ、勝因はもちろん北村だけにあるのではなく、中盤を制圧した内田・佐藤やシュートコースを全部封じたディフェンスなどチーム全体が良くまとまったからだと思います。これ以上のクオリティを望むのであればJ2では無理でしょう。やれることをやったいい試合でした。

 カズですが、後半残り15分の出場でした。勝っている場面でしたのでフォワードにボールが行かないのは仕方が無いですね。

2005/07/29

FC東京 0-4 バイエルンミュンヘン

07282
 今日は等々力で川崎-ボルトンという渋めのカードを開催していましたが、私は味の素スタジアムに行ってFC東京-バイエルン戦を見に行きました。私はバイエルンはドイツのチームの中ではいちばん嫌いですが、それでもドイツのサッカーチームが来るとなれば優先度が上がります。カーンが出場しないとわかったときはスタジアム中が強い落胆に覆われました。当然か。そのほかにもショルやシュバインシュタイガーがいません。うーん。バイエルンは疲れがあるのか、スタメンはレギュラーメンバーが半分ほど。それでも私はいちばん好きなハーグリーブスが出ているのでこれで満足です。カーンは別にどうでもよろしい。
 試合は0-4で東京の負け。もうチームのレベルが全く異なっていて、この敗戦でFC東京を責めるのは厳しいと思います。この試合ではバラック、マカーイというレギュラーよりも、新入りのイラン代表カリミ、控えが多いハーグリーブスが見せ場を作っていました。ボールポゼッションは70-30くらいでバイエルン。大人と子供の試合で、FC東京はどこをどうすれば勝てるというようなレベルではなかったと思います。引いて守ってカウンターなら大差はつかなかったと思いますが、東京というチームはそれは許さないでしょう。
 ブンデスリーガの特徴、1対1の駆け引き。花試合とはいえ、それが見れただけでも私は満足です。

2005/07/23

市原1-0川崎

0723
地震の影響で一緒に観戦予定だったタケウチさんが京葉線の電車の中に閉じ込められ競技場に到着できないという事態が発生しました。他にも同様な事態にあった人は大勢いたようで、この日の観衆は4993人。せめて30分遅らせられないかなと思いますが、アウェイ川崎サポの帰る時刻を心配したのかも知れません。ジェフのサッカーは相変わらずクオリティが高いのですが、川崎も試合前の予想ほど引きこもったサッカーをしているわけではなかったと思います。少なくとも前回見た市原-大宮戦、大宮-川崎戦よりはずっとマシでした。巻とハースの両方を今の川崎が封じるのはかなり難しく、結局心配された左サイドを巻に突破されて0-1。その後パワープレイに出るも逃げ切られておしまい。はあ。
これで川崎はHOT6を2勝1分3敗で終了しました。満足度の点数をつけると45点。大宮に負けたのが痛かったです。

2週続けて臨海で見ましたが市原は臨海で試合をするべきチームではないでしょう。きちんとした蘇我スタでこのチームを見てみたいです。帰りは電車が止まっていましたが、私はバイクでしたのでそのまま湾岸線を通って22時30分には帰宅しました。

2005/07/18

市原2-0大宮

0718
3連休最終日。今週の土曜日に市原対川崎の試合があるのですが、私はオシムサッカーが大好きなので今週の観戦は市原対大宮を選択します。2週続けてとなりますが、臨海に行くことにしました。バックスタンド改修後の市原臨海競技場は初めてでしたが、うわさにたがわない酷いスタジアムです。数多く並ぶ太い柱の列に視界を遮られながら試合を見るというのはおおよそ有料イベントをするスタジアムではありません。ゴール裏コーナーサイドがある程度見やすいのでここを選択しましたが、ここは仮設。はあ。イタリアのスタジアムはこういう仮設スタンドが多いのですが、なにも真似しなくても。観衆は5000人強ととてもJ1の試合とは思えぬほど寂しい入りでしたがその理由は十分うなずけます。

試合は市原が大宮を全く相手にせず横綱相撲で2-0の圧勝。内容は点数以上の開きがあり、格が違うと思わせます。選手の能力はほぼ同じなのに・・。翌週はその大宮にいいようにあしらわれた川崎が挑みます。勝つどころか引き分けで御の字ですが果たしてどうなるか。

2005/07/17

川崎3-2セレッソ大阪

0717
3連休第2戦は等々力で行われる川崎対C大阪。私は川崎に対しては上位5チームには負けてよし、下位5チームには絶対勝て、そのほかはせめて引き分けを要求しています。私の脳内目標はあくまでもJ1残留なので降格を争う相手に必ず勝てれば目標は達成できると踏んでいます。その意味で言えばセレッソは引き分けでOKなのですが、今期の川崎は上位に勝って下位に負けているので今節は絶対に勝たなければなりません。結果は3-2で勝てましたが主審のジャッジと儲けもののPKで逃げ切れたようなものです。守備陣が相変わらず不安定で、特に箕輪の抜けた穴が大きすぎます。裏をつかれてミドルシュートで失点というのはシュートコースが消せていないということです。右サイドの長橋を突破されるとどうにもなりません。もちろんその長橋の責任も大きいのですが、簡単にセンタリングをあげられるというのはどういうことよ!と思います。2000年のダメダメ時代よりはよくやっているのが救いです。この試合から我那覇、マルクスが復帰しました。本調子になれば希望が持てます。

2005/07/16

横浜0-0湘南

0716
 この3連休は毎日サッカーを観戦します。初戦は三ッ沢の横浜対湘南。久しぶりの三ッ沢球技場です。この試合、サポーターズグループが中心となって「三ッ沢15,000人プロジェクト」というものを立ち上げました。要するに三ッ沢球技場を満員にして選手を後押ししよう!という企画です。
 動員計画はフロンターレの十八番ですが、サポーターサイドの企画というのは初めてで新鮮でした。私はビラをポスティングする程度でしたが、中心メンバーの熱意は相当なもので10万枚前後のビラをまいたようです。結果は5700人程度の観衆と少し残念なものでしたが、企画の立ち上げから試合を迎えるにいたった経緯については大きな財産になったと思います。また挑戦すればいいのです。残念なのがこの企画に対しクラブは「公式」には全く動かなかったことです。ホームページの取り扱い方は全く無視、クラブ提供のチラシは「500円引き」というセコイもので、川崎や大宮がやった○○なら無料という意気込みとは程遠いものでした。チラシも神奈川ダービーが主眼でパッと見てサッカーに興味がない一般人にはなんのチラシだかわからなかったでしょう。
 横浜FCはどうしてこうサポーターの気持ちが汲めないのかと残念に思います。試合当日、横浜駅近くに横浜と湘南の両サポが三ッ沢まで行進しました。この様子は湘南の公式サイトに紹介されましたが横浜FCは無視しました。
 まずやるべきこと、これができなければ有名選手を獲得しても世間一般には認知されないでしょう。もう私がこういうことをいう資格はありませんので今後は好きにすればいいと思いますが、この企画にかかわった多くの友人知人の努力を思うとやりきれません。

 試合は0-0の引き分け。典型的なJ2サッカーでコメントをいれるようなものはありませんでした。

2005/07/13

大宮1-0川崎

0713a

 くそ暑い7月に6試合を行うHOT6とやらのせいで平日にわざわざ駒場まで試合を見に行かなければなりません。我ながら流石にあほらしいと思います。もっともJ1とJ2を比べてみると圧倒的にJ1のほうが移動が楽ですが。会社の残業時間がかなりたまっているので代休を消化する格好でこの日は休みにしました。午前中は家の掃除や銀行・役所への諸届け。一人暮らしの会社員はたまには平日に休みを入れないと日常生活に差支えが出ます。土日に掃除などやりたくはないし。

 夕方に自宅を出発、バイクで移動します。6時には駒場に着きましたが会場はガラガラ。平日だから当然だろうと思っていましたが試合開始になってもガラガラ。なんだそりゃ。この時大宮と浦和って生活圏が全然別であることに気がつきました。横浜FC、あるいはマリノスが等々力でホームゲームを開催しようとしても観客は少ないでしょう。それとおんなじ。ウェイ側バックアスタンドコーナー対角は私一人でブロックを占領していました。いくらなんでもそれはちょっと寂しい。

 試合は1-0で大宮の勝ち。前半は粘って0-0、後半は隙を見て即効で1点を掻っ攫い、後は守りきるという三浦監督の本領が存分に発揮された試合でした。三浦監督の本領発揮というよりは毎年々々大宮におんなじ負け方をしている川崎の進歩の無さが存分に発揮した試合といえるかも知れません。

 得点したのはトゥットでした。隙を見て一人で独走してゴールというのは川崎、FC東京、浦和時代を通じて彼の特徴と見えるもので、こういう同じ形で失点をすること、旧川崎在籍選手に点を取られることも川崎のマヌケな特徴です。逆に川崎は新潟戦のマルクス、鹿島戦のアウグストといずれもイマイチです。特徴をつかまれているのでしょう。そういう情報を取り込めないあたりが川崎の弱点でありJ1で苦労している点だと思います。

 ムカついたので帰りは速攻で帰りました。

駒場到着

スタジアム直付けは嬉しい。勝つよ。20050713184026.jpg

2005/07/10

全国社会人サッカー大会予選決勝

0710


 ワールドカップ予選で民放局が「絶対負けられない戦いがここにある」と執拗に流していたけれど、おおよそすべての公式戦で「絶対負けられない戦い」は普通にある。

 7月10日(日)、アマチュアサッカーの全国大会である全国社会人サッカー大会の代表決定戦が保土ヶ谷サッカー場で開催された。観衆は概ねチームの関係者のみ。保土ヶ谷サッカー場の観客席は非常に小さいけれど、それですら座る場所を確保するのには困らな
かった。私が観戦したカードは東芝府中(関東2部)対町田ゼルビア(東京都1部)。勝ったほうが10月に兵庫県で行われる全国社会人サッカー大会の参加権を得る。アマチュアサッカーに関心が無い人は関東2部とか東京都1部とか言われてもどのくらいのレベルかわからないと思うが、J1を1部とすると関東2部は5部、東京都1部は6部に相当する。リーグのレベルは東芝府中の方が格上ということになるが、東芝も町田も昨年度は東京都1部に所属しており、今までに何度も対戦しているので両チームにしてみれば勝って知ったる相手である。

 町田ゼルビアは将来はJFL入りを念頭入れている。「将来Jリーグ入りを狙っているチーム」という話題が出るとよく引き合いに出されるチームでアマチュアサッカーに詳しい人たちには結構名前が知られている。町田市はJリーガーを数多く輩出しており、街にプロクラブを作る土壌は整っている。戦力も東京都1部としては不釣合いなほど充実していて元エスパルスの谷川、元横浜FCの竹中などプロ経験者もいる。現役のプロ選手の兄弟も在籍していたりして純粋に戦力比較だけをするのであれば東芝府中よりも町田ゼルビアのほうがずっと上だろう。

 試合開始は12時。梅雨の中休みなのか陽がガンガンにさしていて蒸し暑い。アマチュアサッカー特有の過酷さを感じる。ただし観客席から見る限りピッチコンディションは非常に良く、快適にプレーできそうだ。

 ゼルビアにはサポーターズグループいてメインスタンドホーム側に陣を張っている。今日の試合、私はその中の一人の方から誘いを受けていたので挨拶をする。彼らのテンションは非常に高い。横断幕を張り、レプリカ(というより本物か)を着る。彼らが陣取るスタンドの直下で選手たちが試合前のミーティングをする。選手達とはみな顔見知り。選手との距離が近い分、サポートしている実感の強さはJリーグチームのサポーターの比ではないだろう。


 試合開始。お互いが攻撃的に攻めあうという展開で、東京都1部対関東2部というカテゴリーとは思えないほどスピーディに試合が進む。パスにしろドリブルにしろ、ひとつひとつのプレーに意思があり、見ていて飽きさせない。数年前のJFLなどはセンターサークルを挟んでロングボールの蹴りあいばかりだった。今日見ている試合はそれよりずっと下のカテゴリだ。にもかかわらず試合はコンパクト&スピーディである。こういう試合を見ると、サッカーの面白さとリーグノカテゴリは全く比例しない、ということがイヤというほど良くわかる。少なくともJ2でこれよりクオリティの低い試合はいくらでもある。

 ゼルビアはボランチ谷川とトップ下の竹中が試合を魅せてくれた。彼らがボールを持って攻めあがると期待感が生じる。能力的にはこの2人が明らかにチームの中で1枚うえで、ゲームを作っているというのが良くわかる。18分、ゼルビア中村が先制する。先制点はゴールラインを超えたかどうかのきわどいものだったけれど、決して運がよかったわけではなく、チーム全体で攻撃をかけ続けた結果によるものだと思う。試合はこのまま一進一退が続き、前半終了。時刻はまだ1時前で、観客席はうだる様に暑い。ゼルビアがリードしているので皆、表情が明るい。

 後半開始。形勢は一気に逆転し、東芝の一方的な攻撃となる。私はピッチレベルで写真を撮るために東芝ゴール裏に移動したが、こっち側に選手がこない。シャッターチャンスが皆無となってしまった。待てど暮らせどゼルビアの選手は全くこない。まずいなあと思っていたら同点にされてしまう。何やってんだか。 東芝の一方的な攻撃はなおも続く。逆転も時間の問題かと思っていたがゼルビアディフェンダーが良く耐えて同点のまま後半終了。

 攻撃がうまくいかなかったのはいただけない。しかし選手は良く走り良く耐えた。私は感動していた。この暑さの中、動きが鈍くなってきているとはいえ、集中力を切らさずに追加失点を与えなかったことは賞賛に値する。試合終了間際にボコボコ失点するJリーグチームを散々見ているだけに前後半80分をプレーしきるというのは並大抵のことでは無いはずだ。ゼルビアはもちろん東芝府中もすばらしかった。ゼルビアサポーターも負けるつもりはない。前節、関東1部の厚木マーカスをPK戦で破っているだけに格上チームに対する恐れなどというものはないのだろう。

 延長戦が始まる。消耗戦になるだろうと思っていたが、試合はゼルビアが押す形になった。試合自体はゼルビアのものだった。交代で入った星がピッチをかき回し始めると東芝は集団の連携が取れなくなってきた、延長前半10分は無得点、そして延長後半5分、竹中のアシストを受けた中村が決勝点を挙げた。中村は今日2得点。そして竹中は交代し、試合終了。ゼルビアは全国社会人大会進出。

 勝ったのはゼルビアであったがその差は紙一重だったと思う。その差とはモチベーションの差、陳腐な言い方であるが「背負うものの差」なのだろう。勝つことを信じて全力で応援したものがあるかないかは非常に大きな差になると思う。12対11の差が試合終了5分前に出たといえるのかも知れない。

 試合が終わり、サポーターの人から選手を紹介してもらう。みんな喜んでいる。ありがとう、そういってくれるその言葉は素直に受け止めることができた。私もいいたかった。いい試合を見せてくれてありがとう。

 試合は終わったが時刻はまだ2時。うだるような暑さの中、私は保土ヶ谷サッカー場から引き上げた。 

2005/07/09

鹿島2-0川崎

0710
 横浜FC-鳥栖戦と鹿島-川崎戦のどちらにしようか悩みましたが鹿島の試合を見に行くことに決めました。横浜FCサポーターのS氏からは「横浜FCがアウェイでやるときはどの試合を見てもかまわないが横浜FCホームのときはちゃんと三ッ沢に来い」という非常にもっともなお言葉を頂戴しましたが、現在横浜FCに対しては観戦意欲が減退しているので少し休もうかと考えていました。まあ自分の気持ちに鞭を打ってがんばって見続けるのもひとつのあり方ですが、無理した挙句にサヨナラするくらいなら行きたくない時は無理せず休むのもひとつのあり方だと思います。ファンかサポーターかの境界論争に関係なくね。金を払って見る以上、どの試合を見るかは自由です。趣味において「○○なら○○すべし」とシバリを入れると一気につまらなくなりますよ。

 閑話休題、昼前に自宅を出て東関東自動車道を走り、富里インターを降り、印旛沼でのんびりします。その後利根川沿いを走り午後5時過ぎに鹿島スタジアムに入ります。相変わらず見やすいスタジアムです。もっとも観客のえらい減りように驚きましたが。それでも1万5千人の観衆はたいしたものです。モツ煮やステーキ丼といったパワフルな売店群も健在。鹿島はスタジアムの外にも屋店が出ていてお祭りムードをかもし出しているのがいいですね。

 試合は2-0の完敗。前半0-0で後半開始早々に失点するというのはいつものパターン。しかもオウンゴール。競合相手に先制されると川崎はどうにもなりません。鹿島のサッカーはノッタリクッタリで見ていてイライラしします。しかも鈴木のヘタレっぷりにあきれましたが、それでも勝ってしまうのが鹿島です。要は勝てばいいのです。「別に強そうに見えないが・・」というのは強者に対する最大の褒め言葉であることに敗者は気づくべきでしょう。試合の運び方からしてできていないんですよ。残念ながらね。これは監督を交代すればいいというものではなく、地獄を見続けてそこから生き残って初めて気づくものだと思います。川崎は今年は苦労し続けるのは間違いないでしょうね。関塚監督とトニーニョセレーゾとの差ではなく、チームの経験値の問題でしょう。

 鹿島スタジアムは海が近いので夜霧が発生します。試合途中から靄がかかってきましたが、これは霧雨であったと試合後に気づきました。茨城県にいる間はたいしたことはありませんでしたが首都高湾岸線に入ってから土砂降りになり、横浜ベイブリッジを渡るころには前が全く見えないほど雨が叩きつけてきました。レインコートは役にたたず、全身びしょ濡れで帰りました。事故を起こさずに帰ってこれただけ良しとしましょう。

カシマスタジアム

0対0 でハーフタイム20050709192141.jpg

2005/07/02

試合終了

2−1で勝ち。えらい。20050702204836.jpg

スタジアム到着

勝つよ20050702175941.jpg

レンタル自転車

磐田駅前で自転車をかりました。ヤマハのパスです。これから市内を散策します。20050702133851.jpg

磐田駅到着

三光鳥がお出迎え20050702133120.jpg

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »