2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 枝折峠ヒルクライム-3 山頂にて | トップページ | カズ、山口・・・・・・・ »

2005/08/14

マリノス 3-1 大宮

0814
 三ッ沢にマリノスの試合を見に行きました。バックスタンド・両ゴール裏は超満員で2重に立ち見ができていました。もうマリノスは三ッ沢で試合をするチームではないんだなあ・・と、時代の流れを感じます。日産スタジアムでは2万人以上集めていますので、三ッ沢で試合をすれば満員になるのは当たり前です。

 このカードは前節にマリノスが大宮を1-0で下しています。そのため大宮は1点ビハインドでゲーム開始となります。ここがこの試合の最大のポイントです。格上のマリノスに対し手負いの大宮がどう攻めるかが見所でした。しかしこの大宮の気負いが裏目に出てしまいます。久保に通ったパスを奥野が潰して一発退場。私はイエローカードもしくはただの直接FKが妥当だと思いますが、判定は覆りません。タダでさえ気負っている状態でひとり少ないとなると、この試合を勝つのはかなり難しいといえます。結局マリノスに先制されて試合の流れがほとんど決まってしまいました。その後、露骨なボール回しをするマリノスの隙をかっさらって大宮は同点に追いつきますが、それが限界だったといえる試合でした。

 マリノスは決して素早く攻めないというところに怖さがあります。バックスとフォワードがラインを一定に保ちながら、そしてボールをまわしながらじっくり着実に相手ゴールを侵略していきます。例えて言うのならインベーダーゲームをやっているような、あるいは碁を打っているような、そんな感じがしました。この試合はキックオフの段階で既に「寄せ」に入っているようでした。大宮の首を絞めるマリノス、あがく大宮、そう書けば実感がわかるかと思います。

 大宮もマリノスのボール回しの隙を奪って攻撃を仕掛けますがマリノスが同じ失態を繰り返すはずもなく手詰まりの感が出てきます。時間が進むにつれトゥット、森田と前線の選手を投入しますがマリノスの手の中で泳がされているようで哀れさも漂ってきます。千葉対大宮の試合と同じ感想を持ちましたが、これが実力差なのでしょう。別に大宮を卑下しているわけではなく、大宮・川崎・新潟・大分と言ったチームとマリノス、千葉、浦和、鹿島と言ったチームとの違いと言っていいと思います。一度くらいは勝つかもしれません。でも2度3度試合をすれば勝つのは非常に困難なのです。今日の試合を見て改めて感じました。フロンターレはそのマリノスと24日に対戦します。

« 枝折峠ヒルクライム-3 山頂にて | トップページ | カズ、山口・・・・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/5472207

この記事へのトラックバック一覧です: マリノス 3-1 大宮:

« 枝折峠ヒルクライム-3 山頂にて | トップページ | カズ、山口・・・・・・・ »