2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎3-1柏 | トップページ | 富士チャレンジ100(参戦記) »

2005/10/29

浦和3-2川崎

1029za
 試合に負けたわけですからもちろん悔しいに決まっています。でも私は彼らを責める気持ちになれません。これほど気持ちの入った、勝つためにすべてをかけて戦い抜いた試合というのはそれほど見れるものではありません。そういう意味では十分すぎるほど満足しています。浦和に2点先制されたのを前半のうちに追いついたのです。そして後半は逆転のゴールを叩き込んだのです。とれが取り消されたのは非常に悔しい。私はそのシーンをピッチサイド間近で見ていましたが、何故取り消されたのかわかりませんでした。

 試合のポイントは2つ。一つは硬くなりすぎた序盤。もうひとつはあまりにも細かく、厳しすぎたジャッジ。これにつきます。

 硬すぎた、というのは川崎のディフェンス陣が浦和攻撃陣を止めることができず、ペナルティエリア近くから簡単にセンタリングを上げさせてしまったことです。川崎エンドの一番奥で抜かれてしまうと失点を防ぐのは非常に厳しいと思います。失点の直接の原因はすべて佐原でしたが、そのきっかけとなった伊藤に最大の問題があると思います。私は三都主もトゥーリオもスピードはないしボールを持ちたがるしで、それほど良い選手だとは思っていませんが、点が取れたのですからきっといいのでしょう。もう少し落ち着けたらなあと思います。浦和ホームで浦和と対戦するのはリーグ戦では初めてですので入り方の難しさはあったと思います。それはディフェンスだけではありません。後半、都倉が交代出場即退場になりましたが、根は同じです。いまどき靴の裏を見せてスライディングする選手など珍しいと思いますが、まだ若いという点で今回は許してあげたいと思います。ただ試合開始30分あたりからその硬さも取れて川崎のサッカーができるようになりました。
 
 もうひとつの原因、これが最大の敗因でしょうか。主審のファウルの基準があまりにも細かく、しょっちゅう笛がなり試合がとまりました。川崎は対戦相手を圧倒するすばやい攻撃が武器なので、ファウルが多いというのは(たとえ基準が両チーム平等であっても)川崎に不利なのです。

 これがジュビロやマリノスであれば、主審の技術の未熟さはゲームの中で吸収できるでしょう。しかし、川崎にそこまで求めるのは無理です。また、サッカーは「流れ」で決まるスポーツです。笛がなることにより流れを止められてしまうとJ1一年生(復学ですが)の川崎はゲームをものにするのが難しかったと思います。

 浦和の3得点はいずれも妥当なものだと思います。今日の試合を見ていて思うのは、今の浦和は特定の誰に頼っているチームではないということです。今期初めはエメルソンと各日本代表選手達がキーという見方をしていましたが、実際は岩館や長谷部や酒井や永井が良さを出していました。ポンテやマリッチもブンデスリーガのクオリティをそのまま出しています。(だからこそイエローを食らってボトルを蹴飛ばす気持ちもよくわかります)、そういう穴がまったくない、田中達也が欠けたくらいでは弱さをみせない浦和を相手にここまで追い詰め追い込み逆転したという試合を称えたいのです。

 この試合を無念という言葉で片付けられるならこれほど片付けたいものは他にはありません。しかし、これほどクオリティの高い試合を見せつけたフロンターレを私は十分に尊敬したいし、その意味では十分に満足なのです。

« 川崎3-1柏 | トップページ | 富士チャレンジ100(参戦記) »

コメント

はじめまして。このゲーム川崎が勝っても、不思議ではないゲームでしたね。浦和も川崎ギリギリのなかでよく戦ったゲームでしたね。こちらの観戦記拝見しました(^_^)いろんなところへいっておられて凄いなぁと♪とても参考になります~☆これからもはまたおじゃまさせてくださいm(_ _)m

まど。さんはじめまして。コメントありがとうございます。この試合、川崎が勝っても不思議はないというか・・・川崎の勝ちでしょうという試合だったのですが・・。時間がたつにつれれ悔しさが募ります。またコメントを書いてくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/6735174

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和3-2川崎:

» 2005 J1 [第29節] 浦和×川崎 (2005.10.29) [蹴球見聞録]
●2005 Jリーグ・ディビジョン1 [第29節] 浦和レッドダイヤモンズ (3:2) 川崎フロンターレ (2005.10.29) <埼玉スタジアム2002/埼玉・さいたま>  3位・浦和(47p)は4位・川崎(46p)との対戦。思えばタイトルをうかがうチームと戦い続けてる浦和。第21節・名古屋、第24節・広島、第26節・C大阪・・・そして今節・川崎ということで。[http://blogs.yahoo.co.jp/madridista0502/555913.html?p=3&pm=l 第..... [続きを読む]

« 川崎3-1柏 | トップページ | 富士チャレンジ100(参戦記) »