2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 千葉 2-2 マリノス (後編) | トップページ | 川崎3-1柏 »

2005/10/24

横浜1-2仙台

1021
 富永の退場ですべてが終わってしまったと言ってよい試合でした。最近、横浜FCは強大なネタ選手を大量に仕込んで戦力は充実しているはずなのですが、おかしいなあ。
 試合自体は概ねよいものだったと思います。特に北村と吉武の成長振りに大きく驚かされました。北村の先制点は本人の努力と開花した才能の賜物であることはもちろんですが、吉武のサイドからの切れ込みが非常に効果的で、北村のアシストをしたと思います。

 ベテラン選手の大量補強で、今期どころか来期ですら終わったなと私は思っていました。しかし北村や吉武が来期の中心としてベテランを押しのけてこれるのであれば、十分に希望は持てます。内田がやや停滞気味なのは残念ですし、岩倉が怪我のため長期離脱しているのも悔しいと思いますが、来期は成長した姿を見せてほしいと思います。もっとも吉武などはサッカー選手としては一番油の乗っている時期であり、来期に期待、などといっている場合ではないのですがね。

 ベテランと若手の融合というより若手ばかりの活躍が目立ったこの試合、チームが目指す方向に気づいてくれるのであれば敗戦の一つや二つ、痛くもなんともないのですが、富永の退場がすべてを壊してしまいました。10人となった横浜FCにもはや○○が良かったと指せるものはありません。

 退場が残念と書きましたが、これが今季初の退場であればそういいきってしまってもいいのです。しかし、何故にこう毎節のように退場者をだし、そこで試合を終わらせていしまうのか、それが不思議でなりません。
 審判がタコだから、という批判はもちろんあるでしょう。しかし一節単位での運不運はあったとしても審判の稚拙さの不幸はJ2のどのチームも同じなのです。この審判はこういうクセがある、そういう勉強はしていないのかと思います。育成とかJ1昇格とかチームから出されるコメントが現実逃避をしているとしか思えないのはこういう学習能力のなさが根にあるからなのです。

 J2も残り6試合になりました。もう横浜FCは順位的にはさほど期待していないので、残りひとつひとつが次に期待を持たせられるような、そういう試合を期待します。

« 千葉 2-2 マリノス (後編) | トップページ | 川崎3-1柏 »

コメント

孫はかわいいが、嫁につらくあたる姑のような観戦記が多いですね。先入観を持ちすぎて観戦しているような感じです。このHPの観戦記は誰に向けて書いているんでしょうか?

すみません、おっしゃる意味がわかりません。

すみません、おっしゃる意味がわかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/6554869

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜1-2仙台:

« 千葉 2-2 マリノス (後編) | トップページ | 川崎3-1柏 »