2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« C大阪2-0川崎 | トップページ | Honda1-3愛媛 »

2005/11/23

横浜0-1鳥栖

1123

 ひどい試合でした。前節の徳島戦を見ていないので詳しいことはわからないのですが、吉武のサイドバックと坂井のスタメン起用の意図がまったく見えていませんでした。横浜FCのフォーメーションは4-4-2ですが、この試合は吉武がほぼ上がりっぱなしで3-5-2のような形でした。監督の意図としては中盤の5人で何とか形を作って富永に当てろや、ということなのかもしれませんが、中盤においてお互いにマークの受け渡しが極めて甘く、結局3バックの広々とした間を自由自在に抜けられてしまいました。また坂井もパフォーマンスは見せるものがなく、守備・攻撃とも弱いとしか言わざるをえません。彼はまだ新人なので辛い評価をつけるのは酷かもしれませんが、有料試合を戦う一プレーヤーであれば評価基準はベテラン選手と同じです。

 試合が始まって直ぐに鳥栖がチャンスを作ります。横浜のバックラインが容易に切り裂かれ簡単にセンタリングが上がります。鳥栖右サイド濱田のスペースの走り込みが横浜のディフェンスを狂わせます。鳥栖のチャンスは大抵外れますが、これだけ守りが甘ければ先制点は時間の問題だろうと思っていました。鳥栖の得点はそんな中で生まれます。

 普通、このように形が作れていないときはあらかじめオプションパターンを申し合わせておくものですが、横浜のゲーム展開を見ている限りではそれもないように思えました。グダグダのまま前半が終わります。後半は横浜の守備も落ち着いてきましたが攻撃側に得点の気配がなく、そのまま試合は終了しました。情けない。

 この試合の敗因を一言で言うなら監督の無策さに尽きるでしょう。この試合、監督の採点をするのであれば10段階評価で4でしょう。吉武のディフェンスと坂井の起用、そして見極めの悪さ、試合中(特に前半)の修正のなさ、その他いろいろとあります。レギュラーメンバーの怪我が多発していることに真の原因があるのかも知れませんが、そういう事態なら事態で試合の取り組みようがあるのです。それが見えなかったのが残念でした。

 この試合、坂井はどう感じたのか、それが気になります。得るものがあるのでしたらこの負け試合でも意味があるのですが、何もできませんでしたで終わってしまうと非常に困るのです。最近の例では内田が酷評を克服していますので坂井も一皮向けてくれ、そう思います。

 横浜FCは11位と順位が確定しました。当初の目標を大幅に下回る結果で、特に徳島より順位が下なのが非常に口惜しい。来年、坂井や三浦(新人のほう)がコンスタントに試合に出てくれれば希望が持てますが、果たして同でしょうか。

 私の今期の横浜FC戦はこれで観戦終了です。課題はあまりにも多すぎますが、来年、どう修正してくるのか期待していきたいと思います。

« C大阪2-0川崎 | トップページ | Honda1-3愛媛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/7289481

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜0-1鳥栖:

« C大阪2-0川崎 | トップページ | Honda1-3愛媛 »