2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« Honda1-3愛媛 | トップページ | 野洲2-1鹿児島実業 »

2006/01/01

浦和2-1清水

.0101

 浦和が勝ち、面白くないのですが、概ね妥当な結果だと思います。少なくとも今の戦力の充実度で見れば浦和が一番強いのでしょう。試合を見ていて「ここをこうすれば浦和に勝てるのになあ」という穴はありませんでした。

 浦和が天皇杯を制した要因は2つあると思います。ひとつはポジションのバランスが取れていること。ふたつめはサッカーを(他チームよりも)知っていることです。ポジションのバランスが取れている、というのは特定の選手に頼っていないこと。対川崎、対大宮、対清水と3試合続けて見ましたが、試合のクオリティは同じでした。

 浦和はポンテ、マリッチ、長谷部で試合を組み立てていますがここに三都主が単独で攻め上がってくると対戦相手は守備がかなりし辛かったのではないかと思います。マリッチにしてもピンポイントでのシュートの打ち方がどの対戦相手よりもうまく、ゴール前のチャンスに差がありすぎました。マリッチやポンテから見ればブンデスリーガの屈強のディフェンダーを相手に戦ってきたわけで、日本のディフェンスを抜くのはたやすかったのかも知れません。

 清水のディフェンスがかなりガタガタで、これは清水がダメなのか、浦和がうまかったのか、私にはわかりません。しかし清水は引き気味に守っていても、浦和は積極的にペナルティエリアの中に入ることができたことを見れば、それは浦和の攻撃能力が高いためであり、今日の対戦相手がセレッソであっても結果は同じだったのではないかと思います。

 浦和のもうひとつの勝因は、負けたら終わりの各試合であっても選手に焦りがなかったことです。天皇杯における浦和の対戦相手は浦和に対して気負いがあったのではないでしょうか。川崎の森、清水の平松は短時間にイエローカードを2枚もらい退場しました。彼らにしても退場しやすいという性格ではなかったと思います。けれども絶対に負けられないという気負いが結果的に悪いほうにでました。客観的に見れば最初のイエローカードを貰った時点で「この審判はこういうプレーをするとイエローを出す」と理解すべきなのです。でも学習能力を示すことなくまたカードを貰うというのは気負いがあったとしかいいようがありません。(でなければただの馬鹿です)

 逆に浦和は全体を通して落ち着いていました。絶対に負けられないという気持ちはあったと思いますが、フィールドを見通す能力が長けていたと思います。リードしていても守ることなく相手陣地内でボールを回せるのは精神的に余裕があるということでしょう。そういう格の差が厳としてあり、その結果、浦和は優勝したのだと思います。

 清水はもう少しフォワードに決定力があればなあ、と思います。攻撃パターンが単調で、サイドからのクロスが何本か入るだけだったのですが、併せきることができませんでした。1点返したときは「これでまだわからなくなった」と喜んだのですが続きませんでした。

 来年、浦和はマリッチの代わりにワシントンが入ります。私はマリッチのほうがずっといいと思いますが、実際はどうでしょうか。川崎の補強状況が見えない現在、いまのままでは辛いかなと思います。しかしそれでも浦和は川崎が倒したい、そう思いますね。 

« Honda1-3愛媛 | トップページ | 野洲2-1鹿児島実業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/7945431

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和2-1清水:

« Honda1-3愛媛 | トップページ | 野洲2-1鹿児島実業 »