2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 浦和2-1清水 | トップページ | 史上最も困難な輸送 »

2006/01/09

野洲2-1鹿児島実業

0109
 これほど見ていて楽しい試合というのは久しぶりでした。もちろん野洲高校のことです。蜂の一刺し、そんな言葉が頭をよぎりました。奔放かつ正確無比なサイドチェンジ、そしてゴールを一直線に目指す高速ドリブル。高校生の試合であることを充分に忘れさせてくれました。

 個々のレベルは鹿児島実業のほうが上だと思います。事実、後半の大多数は鹿児島実業が試合の主導権を握りました。鹿児島実業が同点に追いついたのは圧倒的にゲームプランを握り、押せ押せの状態で混戦に持ち込み、そこからこぼれだまをけりこんだものでした。これ自体は評価できます。ただ、目指すサッカー、そういう面では野洲が上回っていました。ゲームを支配され続けていても、ほんのひとつの隙にあっという間に逆サイドにボールが渡る。これほど見ていてわくわくするものがあるでしょうか。これは一朝一夕で出来るものではありません。自由奔放とは聞こえがいいですが、このサッカーを実現するためには気が遠くなるほどの基礎練習があったはずです。逆サイドから来るロングボールをトラップひとつで足元に落とし、そのままダイレクトに前に進むというのは繰り返し繰り返し練習したはずです。ここでボールを奪えばここの位置にフリーで選手がいて、そいつにパスを出せばいい、そういう信頼関係を築きあげたのではないかと思います。見ている限り、脱帽でした。

 野洲高校に対して大きな拍手を送りたい、もうひとつの理由は昨今幅を利かせているシステム論を無意味にしたことです、。私は3バックだの4バックだの、こういうシステム論が嫌いです。システムは現在のチームの状態、そして対戦相手ごとに変化してしかるべきもので、一概に何がいいか決めることは出来ないはずです。野洲高校は見た目上、2バック、3バック、4バックと戦況応じて変化していきました。このため時折マークのずれなども見受けられましたが、自由なフォーメーションが硬いディフェンスと早いオフェンスを両立させたのではないかと思います。オシムのサッカーがいい例ですが、全員が守備の意識をもちつつ攻撃する、そういう戦術が高校生レベルで完成してきた、そういう時代なのかもしれません。

 鹿児島実業もいいサッカーをしていたと思います。残り時間10分で同点に追いついた執念、後半ロスタイム、キーパーが相手陣内にまで突入した執念、そういう思いを120分見せ続けてくれました。いい試合だったと思います。

 野洲高校が優勝した理由はトーナメントであったから、というものはあると思います。見慣れないさっかーゆえ、対戦しなければわからないものはあったはずです。試合を重ねていけば、弱点も見つけやすいサッカーだと思います。でも前年度優勝校を相手に臆することなく先制点を奪い、試合をリードし続けた野洲は賞賛に値します。こういうサッカーをプロで見たい。そう思います。お金を取れる試合というのはこういうサッカーなのです。川崎は、横浜はこういう試合をやってくれるのでしょうか。私は少し不安に思います。

« 浦和2-1清水 | トップページ | 史上最も困難な輸送 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/8087189

この記事へのトラックバック一覧です: 野洲2-1鹿児島実業:

» 高校サッカー決勝〜鹿実vs野州 [眠らない街]
高校サッカー決勝、鹿実vs野洲(やす)を観て来ました{/face_hohoemi/}。 高校サッカーにおける2大主流は、国見に代表される体力と運動量重視、市立船橋に代表される組織重視でしたが、野洲はこれらとは一線を画しています{/face_sup/}。 野洲の山本監督は「攻守両面で相手との駆け引きが醍醐味」と言い、選手自身に考えさせる指導をしています。以下はエルゴラッソに掲載された同監督の談話{/face_zzz/}。... [続きを読む]

« 浦和2-1清水 | トップページ | 史上最も困難な輸送 »