2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/26

マリノス4-0横浜FC

0226a


 力以上に惨敗でした。J1対J2なのですからJ1が勝ってあたりまえなのですが、スタメンを見る限りそれほど差のある感じはしませんでした。横浜FCは城、カズ、山口とJ1経験が豊富なプレーヤーがいますし、マリノスも大島、吉田とJ2イメージの強い選手をそろえてきました。コテンコテンにやられてしまう差であれば、せめて久保、奥、中澤が出ていなければなりません。

 正直な話、お互いのスタメンを総とっかえしても結果は同じだったのではないかと思います。特に根拠はありませんが、なんとなく。チームの出来やクラブの考え方といった土台の部分からしてマリノスと横浜FCは違うチームだなと感じます。(違うといっても予算や設備の差ではありません。念のため)

 横浜FCはJ1昇格をかなえたいばかり、無理な背伸びをしてバネが伸びきってしまったような、そんな気がします。夢に蹴りをつけるのは結構なことですが、こういう結果から考えて、まず身の程を知ったほうがいいと思います。ちなみに夢というのは育てるもの、かなえるものであって蹴飛ばすものではありません。夢をかなえればその先には次の夢があるのです。

 さて、ゲームの内容ですが、ゲームの決め手になったのは、
  1.マリノスのマグロンとマルケスを横浜FCが止め切れなかったこと
  2.横浜FCのディフェンスが自ペナルティエリア内でガタガタだったこと
  3.横浜FCのディフェンスがインターセプトをしたときに速攻にうつれなかったこと

があげられると思います。まあマリノスの外人コンビにやられたと言っていいのではないでしょうか。後半の失点はすべてマリノスサイドでしたので細かくは見ていないのですが、マグロンを止めるのにいっぱいいっぱいで、サイドにいる大島や吉田、清水のフォローができなかったように見えます。

 ただ、横浜FCに苦言をつけたいのは、失点を重ね、もう負けが見えるとそこで気持ちが切れてしまうところです。後半の3失点は特にそう。0-2になった段階で殆どの選手は下を向いてしまいました。去年から続いている一番悪い癖で、気持ちの切り替えが全くできない。クレバーさを維持できない。だから先制点を喰らうとその時点でそのゲームは負けになってしまうのです。それが一向になおらない。その点が非常に悔しいです。

 現実問題、横浜FCがJ1に昇格する機会があるとすればJ2全体が混戦状態となり、シーズン終盤戦に5位、6位から連勝をかさねてジャンプアップ、ギリギリ3位で入れ替え戦、というのが予想されるストーリーではないでしょうか。少なくともぶっちぎりの連勝であっさりJ1昇格というのはありえません。とすると、昇格の決め手になるのは得失点差であり総得点差になります。つまり負け色が濃くなっても常に得点を狙い失点を防ぐクレバーさが必要なのです。それがない。あるのは放心状態によるザル守備かバンザイアタックで玉砕というパターン。これでは無理です。そういう気持ちの強さがもてるかどうかが今期の横浜FCの成績を考えるポイントなのですが・・・さて、実際はどうでしょうか。

2006/02/12

飛行機、宿、手配完了

飛行機、宿とも意外とすんなり取れました。

6月20日 成田11:40発(JAL407便)→16:40パリ・シャルル・ドゴール着 パリ泊
6月21日 パリ発(InterCtiyExpress)→ボン着 ボン泊
6月22日 試合観戦@ドルトムント→ボン泊
6月23日 市内滞在 ボン泊
6月24日 市内滞在 ボン泊
6月25日 ボン発(InterCtiyExpress)→パリ・シャルル・ドゴール着/発17:45(JAL412便)→
6月26日 12:35成田着

費用は
JAL:燃料費、航空保険料、空港使用料、入国税込みで146,480円
宿泊費:パリEUR70(\10,010)
     ボンEUR80×4=EUR320(45,730円)
これにパリ-ボン間の往復が約35,000円

あとは食費とみやげ・・30万弱くらいかな・・高いか安いかはなんともいえない。チケットが無料なのは
かなり大きい。ホテル代が高すぎ。普段ならEUR40程度なのでほぼ倍。もっともいつもはひとつ星、
今回はすべて3つ星なのでボラれているとはいえませんが。

メリットが大きいのはJALのWEB予約によりマイルがそのまんま付くこと。
成田-パリ6206マイル×2×70%×125%=10860マイル。
これに代金をクレジットカード決済 146480÷100×2=2928マイル。
足して13788マイル。これに現地滞在費用をクレジット決済で過ごせばドイツ一往復で韓国1往復が
付きます。いままでこういう発想をしなかったので改めて考えると過去の旅行の仕方がもったいなかった
なあと改めて感じます。うーん。

問題は休暇承認が全く取れていないのだ。ダメって言われたら泣くぞ本当に。

2006/02/10

悪平等時代の終わり

0209
今回は嫌味に受け止めてしまう人がいるかもしれません。でもまじめに書きます。

ワールドカップのチケット引換手続で事務局の人に電話で問い合わせをしました。その際、抽選倍率を聞いたのですが、数百倍とのことでした。相当運がよかったということですしょう。でもそんな奇跡的なことだったんだろうかなと少し考えてしまいます。

 私はクラブチャンピオンシップ(以下トヨタカップ)の試合を前売りで4枚(5試合分)購入しました。購入金額は約4万5千円です。そして4枚とも応募しました。 4枚応募したのですから普通の人よりは4倍当たる確率が高いことになります。それでもまだまだ高倍率です。

 (以下の文章は私の想像です。自惚れと受け止められかねない書き方をしていますがご了承ください。)

 W杯観戦チケットの抽選は厳正に行われたとのことですが、果たしてそうだったのでしょうか。恐らく人を選んで当選させたのではないかなと。私はそう考えています。
 トヨタカップは多くの招待券が撒かれました。この招待された人たちのチケット1枚と、私が前売りで購入したチケット1枚は抽選プールを変えているのではないかと。つまり招待券と自費購入券では抽選の際の重み付けが違うのではないかと。

 日本代表はW杯で何が何でも1次リーグを突破しなければなりません。そこの戦場に送り込むべき兵士は選手だけではなくサポーターも選ばれてしかるべきではないかと。どこまでサッカーが好きか、愛しているのか、JFAは選ぶ基準はそこで判断したのではないかなと。
 
 トヨタカップは7試合10万人以上の人が観戦しました。でもその内5試合以上観戦した人は何人いたのでしょうか?横浜FCクラブメンバーは横浜からチケット交通費共にタダで豊田スタジアムで観戦できるにもかかわらず募集は定員割れを起こしました。そういう中で東京から豊田まで自費で観戦しに行った人って何人いたのでしょうか。

 寒いスタジアムで寒い試合を見て財布の中まで寒くして、それを何試合も見て・・・・そこまでして見た人にこそW杯会場で日本代表を応援してほしい、JFAはそう考えたんじゃないかと思います。だってチケットには限りがあるのですから。
 もしそうであるならば私が当選したのはそれほど奇跡的なものではなく、ある程度必然性があったのかもしれない・・・そんな気がします。

 この仮定が本当だとすると、もうサッカーのチケットも平等を正義とする時代ではないのかと思います。それがいいことなのかどうか知りませんけどね。でもすべて平等に機会を与えるのならばそれは悪平等です。招待券を貰うことと自費で購入することはそれ自体、平等ではないのですから。次の南アフリカワールドカップ、そしてその次・・予選を含めて観戦チケットがプラチナになればなるほどサッカーをわかっている人にだけ手に入れられる時代がくるような気がします。チケットぴあにしつこくダイヤルした人が手に入れられる時代ではなくなってくるのではないかなと。JFAの登録抽選も平等な抽選ではなくなるかもしれません。まず第一歩はJの試合を見てください。女子の試合をみてくださいってね。

 先の文章で私は死ぬ気で応援すると書いたのは、上記のような考えをしていたからです。先のエントリともども嫌味に映るかもしれませんが、とりあえずそう主張させてください。 

2006/02/09

やっぱり当たってました

0209B

 ドイツから帰って見ると自宅に不在配達票が入っていました。トヨタカップジャパン事務局からのもので、ひょっとしたらと思っていましたが・・ちゃんと当選していました。グループリーグ第3戦、ブラジル戦@ドルトムントです。ワールドカップは予定に入れていなかったのですが、急遽予定を組みます。予算は夏のボーナスを突っ込むとして問題は休みですね。当選通知を見せて涙目で訴えればなんとかなるかな。後は飛行機と宿。

 ちなみにワールドカップは第三国の観客としてみるなら単なる祭りですが、当事国の観客としてみるなら戦争における兵隊です。戦争ですので死ぬ気で応援する覚悟が必要です。それができないのならその覚悟がある人にチケットを譲るべきだと思います。本気でそう思っていましたので当然私もその覚悟で行きます。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »