2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 飛行機、宿、手配完了 | トップページ | 東京V 4-1 徳島 »

2006/02/26

マリノス4-0横浜FC

0226a


 力以上に惨敗でした。J1対J2なのですからJ1が勝ってあたりまえなのですが、スタメンを見る限りそれほど差のある感じはしませんでした。横浜FCは城、カズ、山口とJ1経験が豊富なプレーヤーがいますし、マリノスも大島、吉田とJ2イメージの強い選手をそろえてきました。コテンコテンにやられてしまう差であれば、せめて久保、奥、中澤が出ていなければなりません。

 正直な話、お互いのスタメンを総とっかえしても結果は同じだったのではないかと思います。特に根拠はありませんが、なんとなく。チームの出来やクラブの考え方といった土台の部分からしてマリノスと横浜FCは違うチームだなと感じます。(違うといっても予算や設備の差ではありません。念のため)

 横浜FCはJ1昇格をかなえたいばかり、無理な背伸びをしてバネが伸びきってしまったような、そんな気がします。夢に蹴りをつけるのは結構なことですが、こういう結果から考えて、まず身の程を知ったほうがいいと思います。ちなみに夢というのは育てるもの、かなえるものであって蹴飛ばすものではありません。夢をかなえればその先には次の夢があるのです。

 さて、ゲームの内容ですが、ゲームの決め手になったのは、
  1.マリノスのマグロンとマルケスを横浜FCが止め切れなかったこと
  2.横浜FCのディフェンスが自ペナルティエリア内でガタガタだったこと
  3.横浜FCのディフェンスがインターセプトをしたときに速攻にうつれなかったこと

があげられると思います。まあマリノスの外人コンビにやられたと言っていいのではないでしょうか。後半の失点はすべてマリノスサイドでしたので細かくは見ていないのですが、マグロンを止めるのにいっぱいいっぱいで、サイドにいる大島や吉田、清水のフォローができなかったように見えます。

 ただ、横浜FCに苦言をつけたいのは、失点を重ね、もう負けが見えるとそこで気持ちが切れてしまうところです。後半の3失点は特にそう。0-2になった段階で殆どの選手は下を向いてしまいました。去年から続いている一番悪い癖で、気持ちの切り替えが全くできない。クレバーさを維持できない。だから先制点を喰らうとその時点でそのゲームは負けになってしまうのです。それが一向になおらない。その点が非常に悔しいです。

 現実問題、横浜FCがJ1に昇格する機会があるとすればJ2全体が混戦状態となり、シーズン終盤戦に5位、6位から連勝をかさねてジャンプアップ、ギリギリ3位で入れ替え戦、というのが予想されるストーリーではないでしょうか。少なくともぶっちぎりの連勝であっさりJ1昇格というのはありえません。とすると、昇格の決め手になるのは得失点差であり総得点差になります。つまり負け色が濃くなっても常に得点を狙い失点を防ぐクレバーさが必要なのです。それがない。あるのは放心状態によるザル守備かバンザイアタックで玉砕というパターン。これでは無理です。そういう気持ちの強さがもてるかどうかが今期の横浜FCの成績を考えるポイントなのですが・・・さて、実際はどうでしょうか。

« 飛行機、宿、手配完了 | トップページ | 東京V 4-1 徳島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/8852789

この記事へのトラックバック一覧です: マリノス4-0横浜FC:

» 3/21横浜FC試合結果報告 [タメットCLUB]
WBCに盛り上がった3/21(祝)。 日本チームが勝利を挙げると同時に 我らが 横浜FC がホームである三ツ沢公園球戯場で サッカー界を盛り上げてくれました!! [続きを読む]

« 飛行機、宿、手配完了 | トップページ | 東京V 4-1 徳島 »