2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 東京V 0-2 蔚山 | トップページ | トレーニング♪ »

2006/03/11

横浜FC 0-0 鳥栖

0311 春到来。今日は非常にいい天気でした。私は寒さに弱いので毎日自宅で自転車トレーニングをしていましたが、今日は三ツ沢まで遠征します。自宅-三ツ沢間の片道17キロは足慣らしにちょうどいいのです。来月はヒルクライムレースがあります。去年よりはがんばらないと。

 三ツ沢に入ってまず驚いたのは入場者数の少なさ。値上げが思いっきり響いているのは明白ですが、これほどとは思いませんでした。そしてマッチデープログラムの貧弱さ。私は買ってはいませんが、イヤーブックもひどいものだそうで、悲しさを超えて悟りの境地に達したような感があります。入場者数が減っても料金は値上げしているので収益は上がっている等という詭弁が聞こえてきそうで滅入ります。

 はっきりと断言しておきます。プロサッカーチームの存在意義は観客に試合を見てもらうことにあります。これがすべてでほかにはありません。所属リーグがJ1であるかJ2であるかなど関係ないのです。それを理解しているかどうか、それがそのチームがサッカーをわかっているかどうかの判断基準になるのですが、横浜FCは明らかにわかっていません。それが非常に怖い。足達監督を第一節で解任することが可か不可かよりもずっと怖いと思います。
 
 今日のスタジアムは静かでした。ゴール裏が声だし応援をしないと決めたそうで、それはそれで然るべき態度だと思います。決して肯定はしませんが、ひとつの判断としてはアリだと思います。少なくともクラブはそれを見て態度を考え直せば今日の勝敗結果にかかわらず一定の効果はあったということになるのでしょう。

 試合は0-0で引き分けでした。前半は両チームともグダグダでしたが、前半終了間際から後半の全ては横浜が主導権を握りました。私は鳥栖は後半、松本監督が絶対に修正してくると踏んだのですが、それは杞憂に終わりました。鳥栖はユンジョンファンがキーになるはずですが殆ど怖さを感じませんでした。どちらかというとリアクションサッカーで鳥栖サポーターから見ればかなりストレスのたまる試合だったと思います。

 鳥栖が今ひとつと書きましたが横浜サポーターから見ればそれは横浜FCのディフェンダー陣の踏ん張り、菅野のファインセーブのおかげだろうと言いたいと思います。しかし申し訳ない言い方ですが、私は横浜のディフェンスもキーパーも「悪くはなかった」以上のものはなかったと思います。評価すべきは後半、左サイドをのフリーエリアに積極的に駆け上がった城でしょう。城からの折り返しをきちんと決めていれば・・そういう思いはありました。バーやポストに嫌われた場面が多かったですね。

 来週は徳島戦です。今日の連携をより深めることが出来れば勝つことは難しくないでしょう。いろいろな面でゴタゴタがありすぎて、私自身、横浜FCが勝つことが必ずしもいいことだとは言い切れなくなってきています。しかし一試合一試合で見ればやはり結果は出してほしいと思います。そういう複雑な思いで横浜FCを見ています。

« 東京V 0-2 蔚山 | トップページ | トレーニング♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9044723

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FC 0-0 鳥栖:

» 高木監督は岡田監督になれるか?〜3.11横浜FCvs鳥栖 観戦記 [ネコ太トラ雄のお薦めホムペとブログ]
KAZUさんの入団依頼、三ツ沢に通うにわかサポです。KAZUさんの入団で私みたいなのも横浜FCを応援し、マスコミも注目し、スポンサーも集まってるのでしょうが...。先月の雨中の横浜ダービーも行きました。先週の愛媛戦はスカパー観戦しました。昨日の三ツ沢開幕戦もバック...... [続きを読む]

» 2006年第2節鳥栖戦 「ポセイドン・アドベンチャー」 [カズアマタノツヅリ]
後半、吉野がヘディングしたボールは、クロスバーに弾かれ そのボールに詰めていたヨンデもヘディングを外し、地面を叩いて悔しがる。 1972年に公開され、パニック映画の原点とも言われる作品 「ポセイドン・アドベンチャー」を思い出す。 監督の交代で転覆する横浜FCと地..... [続きを読む]

« 東京V 0-2 蔚山 | トップページ | トレーニング♪ »