2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 二輪用ETC導入 | トップページ | 栃木SC 3-2 FC琉球 »

2006/03/19

甲府 1-0 川崎

03181-0と最小失点さながら内容は完敗でした。開幕から2試合、大量点がボコボコと入っているので今節も相手が甲府なら・・・というなめた気持ちがなかったわけではありません。しかし川崎は普通に勝つ相手にはコロっと負ける傾向がチーム創設の頃からあって、ひょっとしたらそのクセが出るかも・・という危惧はありました。

 その危惧はあたりました。しかしそれは弱い相手に負けるクセがあるから・・とかそういう負け方ではなく、純粋に試合内容から見ても完敗でした。甲府は強く、そのゲームは美しかったと思います。美しいゲームとは、例えばロナウジーニョのノールックパスとかそのような芸術的なものではなく、むしろ愚直に、ひたむきに攻め続ける、そういう選手の汗が見える純粋なサッカーの美しさであったと言っていいと思います。

 倉貫とバレーを中心とした甲府は運動量が豊富で川崎に対して非常に厳しいプレスを仕掛けます。川崎はプレーの一つ一つが雑でボールを足元に納めることが出来ません。そのこぼれたボールを掻っ攫い、中央から、サイドからバレーに送り出します。その大半はタイミングが合わず川崎のディフェンスに拾われますが、見ていてやばいなと思っていました。前半に限って言うと、川崎も我那覇、ジュニーニョを中心に良く攻め、まあ互角でしたが、少なくとも試合前の「甲府が相手なら・・」という舐めきった気持ちを吹き飛ばすのには充分すぎる内容だったと思います。

 後半は川崎の運動量が落ちてきます。マークがふらふらになってきて川崎ディフェンダーがバレーに振り切られる場面が出てきました。こういう展開になるとファウルで止めるケースが多くなってきます。甲府が速攻で仕掛け、川崎が引っ掛けて転ばせる。バックスタンドで見ていてなんだかなあ、そう思ってきました。もはや前節大量点で勝利した勢いはなく、また甲府もJ2上がりとはとても思えない、そういう試合でした。

 後半、マルコンが激しいチャージで2枚目のイエローカードを貰い退場します。この辺で川崎の勝利は厳しくなりました。川崎のディフェンスがギリギリで抑えているので引き分けに持ち込めるかなと思っていた矢先、バレーのロングシュートが一発できまり、そのまま試合は終わりました。0-1で負け。クソ。

 この試合、川崎は何故負けたのか、選手一人一人は考え直してほしいと思います。はたで見ている限りは能力やフォーメーションの差ではなく、純粋にサッカーに取り組む気持ちで負けたと思います。ボールを追い掛け回すその気力や意気込みは圧倒的な差がありました。その差に選手本人が気づけば今回の敗戦もまだ意味があると思いますが果たしてどうでしょう。

 アウェイで負けると心が疲れます。試合終了後、甲府サポーターの方に挨拶をしてとっとと小瀬を後にします。小瀬は駅から遠いですが、インターチェンジからは近いのでバイク乗りには行きやすい場所です。土曜夕方でしたが渋滞は特になく、7時過ぎには自宅に帰りました。明日は宇都宮に遠征。JFL開幕戦、栃木SC対FC琉球の試合を観戦予定です。 

« 二輪用ETC導入 | トップページ | 栃木SC 3-2 FC琉球 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9165048

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府 1-0 川崎:

« 二輪用ETC導入 | トップページ | 栃木SC 3-2 FC琉球 »