2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 2-2 FC東京 | トップページ | 栃木市内観光 »

2006/03/25

札幌 0-1 横浜

0325

 室蘭で試合を見るのは初めてです。前方に山(というより崖)、側方に港湾設備とローカル情緒たっぷりなスタジアムでした。オーロラビジョンどころか得点表示ボードすらないというのは驚きました。こういう鄙びたところで城やカズや山口が試合をしているのを見ると非常に強い違和感を感じます。場末のキャバレーで紅白歌合戦をやっているような感じといえばわかってもらえるでしょうか。

 試合は1-0で横浜が勝ちました。まあ勝ってなによりです。試合自体はとても褒められたものではなく、札幌のグダグダさに救われた感がありました。横浜の得点はカウンターによるもので、基点となった内田と北村は評価していいと思います。札幌が圧倒的に攻めている中での蜂の一刺しと言っていいと思います。札幌の迂闊さに救われましたが少ないチャンスをものにするのも才能のひとつです。

 この試合、横浜が勝った理由よりも札幌が負けた理由の方が重要だと思います。フォワードからバックスまでいろいろ問題がありますが、概ねどの選手も創造性を持ったプレーをしていませんでした。この試合に限らず、私が札幌の試合を見るといつも淡々と試合をしているように思えるのですが、柳下監督の戦術ってなにかこう当たり前のことしかしていない感じがしますがこれでいいのかと疑ってしまいます。

 例えばディフェンスのオーバーラップですが、常に上がるのはどちらか決まった一方で、相互にあるいは両方上がるような積極的な姿勢が見られません。侵入ルートの予測が非常に容易なので横浜のセンターバックであるトゥイードが止めてしまいます。芳賀にしても西谷にしてももっと中に切れ込めばいいのになあと思うのですがどうでしょうか。

 札幌の最大の難点は結局フォワードになるのでしょうか。中山も相川もどうして横浜のディフェンスの中に埋没してしまってこれでは点を取れないだろうと感じます。フッキが非常に重宝されるのがよくわかります。本当のことを言えば私はフッキの出来を楽しみにしていたのですがそういう面では残念です。

 横浜はすこしずつ良くなってきているとはいえ、スタメンが去年と殆ど同じで、新戦力効果が全く見えませんでした。この試合は札幌のフォワードのグダグダさに加え、菅野が良く耐えたから勝てたともいえます。横浜のディフェンスが破綻したときが地獄の始まりではないでしょうか。

 なんだかんだ言っても勝つことはいいことだと思います。今ひとつ斜め目線でしかこのチームを見ることが出来ませんが、少しづつでもいい方向への変化が現れると嬉しく思います。

« 川崎 2-2 FC東京 | トップページ | 栃木市内観光 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9275411

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌 0-1 横浜:

« 川崎 2-2 FC東京 | トップページ | 栃木市内観光 »