2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 東京V 4-1 徳島 | トップページ | 足達監督解任 »

2006/03/05

川崎 6-0 新潟

0305a

 6-0と、完璧に開幕戦を飾ることが出来ました。このことは素直に喜びたいと思います。試合は川崎の圧勝でしたが、勝因は展開に恵まれたからという面が多分にあります。
 川崎は3トップにパスを供給する左サイドのマルコンが実に良くフィットし、去年のアウグストの穴を埋めてくれました、また右サイドの長橋もマルコンに負けずボールを出してくれました。我那覇のハットトリックはこれら両ウィングの効果的なセンタリングにより埋まれたと言っていいでしょう。

 試合の決め手はそういう中盤の差だと思います。試合終盤へたれた新潟のディフェンスは論外としても勝負を決めたのは川崎の両ウィングでした。
 
 新潟にもチャンスは充分にあったのです。川崎は中盤の真ん中でボールを奪われることが多く、さらにあろうことか中村、谷口といったボランチが間を抜かれます。こうなると前方には広大なスペースが広がり、ここを抜けられたらおしまいでした。そういう展開がキックオフ後、20分程度続きます。もしこの間に新潟に先制点を挙げられたら展開は全然変わっていたでしょう。少なくとも私は前半、2点目が入るまではハラハラ、ワクワクの展開で充分に好ゲームを楽しんでいました。新潟にマルクスがいれば先制は新潟だったかもしれません(嫌味)

 川崎が勝ったのは私にとって充分に良いことです。しかし序盤の打ち合いとなった展開が後半は影を潜め、川崎の一方的な展開になったことは少し残念でした。嫌味で言っているわけではありません。私は試合を見るときは、最初にいいゲームを期待します。ここが川崎ゴール裏(横浜FC戦では横浜ゴール裏)の人たちと違うところです。きちんと戦う意思をもって90分間戦い抜くこと、これを勝敗よりも重視します。その戦い抜く意思が新潟は切れてしまったのは少し複雑な気持ちでした。

 3-0となった時点で試合の流れは川崎の勝ちになりました。モチベーションの差が顕著になり、後半は新潟は川崎のエリアに攻め込むこともできなくなりました。新潟は敗因の分析よりもまず、メンタル面の充実が大切だと思います。ハートはホットに、頭はクールに。今日の試合に負けたとしても、次につながるためにはどうしたらいいのか、それを見出すことを第一に考えるべきだったと思います。追加点を入れられた後の新潟に連携というものが全く見られなかったのは、選手一人一人の気持ちが切れてしまったからでしょう。これは去年から変わっていません。

 川崎は好スタートを切れました。我那覇のハットトリックは他の選手のハットトリックよりもずっと効果があります。この良い流れを次の試合に向けてほしいです。次は京都戦、その次が甲府戦と勝ちが期待できる相手です。
 私は京都戦はいけませんが、甲府戦は小瀬まで観戦に行く予定です。がんばってほしいと思います。

« 東京V 4-1 徳島 | トップページ | 足達監督解任 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/8961779

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎 6-0 新潟:

« 東京V 4-1 徳島 | トップページ | 足達監督解任 »