2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 栃木SC 3-2 FC琉球 | トップページ | 札幌 0-1 横浜 »

2006/03/21

川崎 2-2 FC東京

0321
まさに典型的なな瓦斯栓もといFC東京戦でした。だいたいこのチームと試合をしてちゃんと決着がついた試合というのは少ないような気がします。これは富士通川崎対東京ガスのころからのお約束と言って良く、展開からしてJFL時代そのまんまでした。殴り合い。もうそれしかないですね。FC東京もフロンターレも、選手もサポも、そういう時代を知っている人は少なくなりましたが。先制して逆転されて、追いついて。または壮絶なるスコアレスドロー。こんなチームには負けたくねえ。そういう気持ちを持って戦える相手というのはそれほどありません。憎むべき相手がいるというのはサッカーをやる上で幸せなことだなと思います。

 川崎は家族連れの比率がいっそう多くなりました。これについて私は諸手を揚げて歓迎しています。別にいいんですよ。無理にヨーロッパのまねをしなくても。花火爆竹発炎筒がなくても。それはそれで日本のカラーですから。もっと来てほしいですね。こういう子供の目にさらされることが選手を鍛えます。そのことに各チームのコアサポは気づいてほしいと思います。今日の観衆は1万4千人。見た限りもっと入っているはずですが、観客は確実に増えています。

 試合はFC東京が我那覇、ジュニーニョを徹底的にマークすることから始まりました。茂庭がこの二人をめんどう見ているので抜けません。FC東京はリチェーリが先発。見たこともない選手なのでどれほどのものなのかと興味がありましたがそれほど怖さを感じさせず前半で交代。まだまだのようですね。むしろ宮沢を出したことに怖さを覚えました。私はFC東京では宮沢と金沢が好きです。FC東京の不調は宮沢を出さないからだと一人で思っていたくらいなので彼が先発で出たことは敵ながら嬉しかったです。まあ、決して効果的とはいえませんでしたが。

 ジュニーニョは果敢にスペースを狙いますが突破できません。これが苦しい。試合のクオリティは決して低くはなく、見ていて面白いのですが、苛立つジュニーニョを見ると私も切なくなります。
 試合はリチェーリの交代で川口を入れたことで一気にFC東京ペースになりました。東京の同点、逆転は彼の投入で生まれたと言っていいと思います。彼の投入で川崎はひたすら耐えるしかありませんでした。

 普通だったらこのまま負けてしまうところですが、これが瓦斯戦の醍醐味で後半も押し迫った頃に川崎が攻め立てます。黒津の投入で一気に推し戻し、フリーキックを何本も獲ります。この何本のうちの1本でも決まればよかったのですが、みんなはずしてしまいます。しかしパワープレイはそのまま利いて、最後は同点に追いつきました。

 同点で終えたことについては両チームとも受け入れがたいと思います。お互いに勝ちきれなかったと考えているはずです。川崎はここ数日の出来事からして集中力を維持するのは難しいのではないかと思っていましたがよく戦ったと思います。まだ序盤戦ですので勝ち点から見るとそれほど悲観しなくてもいいと思います。

 むしろ、やっとJ1でFC東京と殴り合いが出来るように喜びを感じました。2000年の惨敗が私の頭にトラウマのように残っていて、それ以後は失われた5年間といっていいものでした。サポーターの数は差がついてしまいましたが、川崎のクラブ運営は非常にマトモですのでそれほど悲観していません。楽しみはこれからと言っていいでしょう。

 川崎は次節、磐田と対戦します。今の磐田は最強といえるほどではないので勝機は充分にあります。むしろ磐田戦の試合を見て今期の川崎の行方が判断できるのではないでしょうか。磐田に対してですが、名波を使い続けている限り川崎に利があると思います。

« 栃木SC 3-2 FC琉球 | トップページ | 札幌 0-1 横浜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9196801

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎 2-2 FC東京:

» 川崎フロンターレ vs FC東京 [Football 観戦記]
■J1 第4節  川崎フロンターレ 2-2 FC東京  [等々力陸上競技場/生観戦]  結果はもちろん残念です。勝てる試合でしたよ。でも、前節のあの絶望的な試合からたった二日、こんな短期間でFC東京というクラブがまた戦う集団になってくれていたことが素直に嬉しかったです。  前半はあまりゴールの予感はしなかったですね。中盤から結構厳しくチェックにいくのは良いんだけど、その後のつなぎはやっぱりまだダメです。すぐ取り返されて、また奪って、取り返されて、と。そ... [続きを読む]

« 栃木SC 3-2 FC琉球 | トップページ | 札幌 0-1 横浜 »