2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 町田ゼルビア 6-2 エリースFC東京 | トップページ | 千葉 3-0 横浜FC(練習試合) »

2006/04/29

川崎 2-2 清水

0429
 失望した試合でした。清水相手に負けなかったということや、そもそも昇格2年目で4位以上のポジションについていることは確かにすごいことだと思います。けれども場面場面で「どうしてそこで・・」というようなことが頻発すればガッカリした気持ちになります。

 最大のポイントはもちろん試合終了間際の失点です。リードした状態でちゃんと終わらせることができない、そういう試合を何回見せれば気が済むのかと思います。勘違いしてほしくないのは、やる気がないとか能力がないとかいうネガティブなものではなく、この点さえのりこえれば優勝ですら夢ではないのにという、あと一歩を乗り越えられないもどかしさなのです。逆に言えばそれほどフロンターレのチーム状態はうまくいっているということでもあるのですが。

 開始早々エスパルスに主導権を握られ、若い兵藤に右サイドをギタギタに削られてどっちがホームなんだかという暗々とした気持ちで観戦していました。長谷川監督は若いのにきちんと策を練ってきています。ジュニーニョにマークを二人つけるのはお約束ですが、清水は選手間の間を非常に近くして川崎にプレスをかけ続けます。これが非常に効いていました。これにより谷口と中村が分断されます。そしてマルクスにボールが渡らなくなります。戦争はまず敵の捕球ルートを分断するという戦術の基礎を思い出させます。一般にゾーンディフェンスでもマンツーマンでも、競技はまずは守りからという意識で入るのでしょうが、清水は敵の守備同士のルートを潰すというもう一歩踏み込んだ嫌な攻め方をしてきました。

 もし清水にジュニーニョがいればもう目も当てられなかったのですが、清水はその先の攻撃がうまく続きませんでした。この点に川崎は大きく救われました。マルキーニョスの存在感は非常に大きいものでしたが、存在感がおおきいだけ、という点に救われました。マルキーニョスが張り子の虎になるか本物の虎になるかで清水のJ1の順位は大きく変わると思います。

 川崎はマルクスの孤軍奮闘で試合を続けることができました。前半20分のジュニーニョのロングゴールは見事ですが、得点をすることよりもゲームメイクをきちんとする意志を持ち続けることに尊敬します。今期マルクスのゴールはジュニーニョや我那覇よりも少ないですが、要所要所でチャンスを作る能力は川崎にとって何よりも大切だと思います。

 厳しいことを書きましたがもう少しの課題克服、これをいつ成し遂げるのか、それが早く見たい。ポジティブにこの試合をしめるのであればそう考えて次の試合を見たいと思います。

« 町田ゼルビア 6-2 エリースFC東京 | トップページ | 千葉 3-0 横浜FC(練習試合) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9822324

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎 2-2 清水:

« 町田ゼルビア 6-2 エリースFC東京 | トップページ | 千葉 3-0 横浜FC(練習試合) »