2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/29

川崎 2-2 清水

0429
 失望した試合でした。清水相手に負けなかったということや、そもそも昇格2年目で4位以上のポジションについていることは確かにすごいことだと思います。けれども場面場面で「どうしてそこで・・」というようなことが頻発すればガッカリした気持ちになります。

 最大のポイントはもちろん試合終了間際の失点です。リードした状態でちゃんと終わらせることができない、そういう試合を何回見せれば気が済むのかと思います。勘違いしてほしくないのは、やる気がないとか能力がないとかいうネガティブなものではなく、この点さえのりこえれば優勝ですら夢ではないのにという、あと一歩を乗り越えられないもどかしさなのです。逆に言えばそれほどフロンターレのチーム状態はうまくいっているということでもあるのですが。

 開始早々エスパルスに主導権を握られ、若い兵藤に右サイドをギタギタに削られてどっちがホームなんだかという暗々とした気持ちで観戦していました。長谷川監督は若いのにきちんと策を練ってきています。ジュニーニョにマークを二人つけるのはお約束ですが、清水は選手間の間を非常に近くして川崎にプレスをかけ続けます。これが非常に効いていました。これにより谷口と中村が分断されます。そしてマルクスにボールが渡らなくなります。戦争はまず敵の捕球ルートを分断するという戦術の基礎を思い出させます。一般にゾーンディフェンスでもマンツーマンでも、競技はまずは守りからという意識で入るのでしょうが、清水は敵の守備同士のルートを潰すというもう一歩踏み込んだ嫌な攻め方をしてきました。

 もし清水にジュニーニョがいればもう目も当てられなかったのですが、清水はその先の攻撃がうまく続きませんでした。この点に川崎は大きく救われました。マルキーニョスの存在感は非常に大きいものでしたが、存在感がおおきいだけ、という点に救われました。マルキーニョスが張り子の虎になるか本物の虎になるかで清水のJ1の順位は大きく変わると思います。

 川崎はマルクスの孤軍奮闘で試合を続けることができました。前半20分のジュニーニョのロングゴールは見事ですが、得点をすることよりもゲームメイクをきちんとする意志を持ち続けることに尊敬します。今期マルクスのゴールはジュニーニョや我那覇よりも少ないですが、要所要所でチャンスを作る能力は川崎にとって何よりも大切だと思います。

 厳しいことを書きましたがもう少しの課題克服、これをいつ成し遂げるのか、それが早く見たい。ポジティブにこの試合をしめるのであればそう考えて次の試合を見たいと思います。

2006/04/27

町田ゼルビア 6-2 エリースFC東京

0424
 今日は関東2部を観戦するため町田市に遠征します。町田市小野路公園グラウンドは町田市陸上競技場の近くにあります。つまり駅からかなり遠いということです。実は私の通っていた大学がこの近くにあって、この辺の地理はよく知っています。卒業して17年目になりますが全体的な雰囲気は変わっていないですね。「三多摩の里」という雰囲気がにじみ出ています。私の在学時代は野鳥料理を食べさせてくれる店が結構あったのですがまだあるのかしら。それでも鶴川街道と小野路間にトンネルが開通し、ロードサイド店舗が多数できました。

 今日の対戦カードはゼルビア対エリース。関東2部ですが、対戦チームだけ見れば2部とは思えない内容です。エリースは今年降格したとはいえ、1部常連。町田は2部とはいえおそらく関東最強だと思います。11時試合開始は行くのが非常にきついのですが、がんばって試合前にはつきました。

 小野路公園グラウンドは観客席がなく、ピッチレベルの観戦になります。ゼルビアのホームですので子供連れが多いのが目につきます。試合後はサッカースクールをやるそうで、こういうファミリー層に定着をはかる運営方法は非常によいと思います。ただ、予算上やむを得ないとは思いますが、集客を意識して公式戦を行うのであれば観客席がないとつらいと思います。見やすさという観点もそうですがピッチサイドを小さな子供たちが駆け回っているため試合運営に影響が出るのではないかという気もしていました。

 運営側テントで関東リーグのパンフレットを買い、今日のスタメンとつきあわせてみるとエリースに懐かしい名前を発見しました。ディフェンダー早川寛#3。2000年に横浜FCに在籍した選手です。昨年エリースの選手一覧に名前がなかったので引退したかと思っていたのですがまだ現役でプレーをしていました。しかも今日はスタメンです。良かった。今年の地域リーグはよく知っているJの選手が続々移籍するので楽しみですね。
0424a
 試合は6-2でゼルビアの圧勝でした。ゼルビアが勝つだろうなと予想はしたのですが、ここまで点差がつくとは思っていませんでした。事実、エリースのプレーのひとつひとつだけ見れば比較的レベルが高く、しっかりとしていました。エリースが先制したのは良かったのですが、あっさり同点にされた後は総崩れといった感じで、逆転されてからはサッカーにはなっていなかったと思います。

 プレーのレベルが高いのにサッカーになっていないのはどういうことかといと、純粋に精神的な問題でしょう。ゼルビアをなめている、あるいは逆に恐れているといった気持ちはなかったとしても、平常心で試合に臨んではいなかったと思います。あっさり同点にされるとディフェンスがガタガタになったのはその表れだと思います。マークもプレスもまったくかかっておらず、切り刻まれるかのように失点を重ねていきました。

 逆にゼルビアは選手の役割が明確になっているように思えます。同点後の大量追加点ですが、中央にエリースの選手を引きつけてサイドをドリブルで突っ切っていくなど地域リーグレベルではなかなか見られないものでした。(県リーグで実力差がかけ離れていると逆に良くあります)地域リーグで正確にクロスをあげるシーンはそれほど多くないと思います。そういう正確でわかりやすい試合でした。

 この試合の結果を見る限りゼルビアの二部優勝はほぼ確実なものだと思います。もちろんこれは部外者の楽観的な予想であり当事者やサポーターたちは一戦一戦が背水の陣なのでしょうが、少なくとも戦力も目指すベクトルも全く違うのですから勝ち続けることは自然なことだと思います。

 ゼルビアの今後は楽しみでもあり不安でもあります。Jを目指すチームは日本中にありますが、たいていは地域リーグ優勝後、地域リーグ決勝大会前後で大きな挫折を経験しています。静岡FCもグルージャも、かりゆしもそうです。私は焦る必要はないとつくづく思います。ゼルビアにプロ契約選手が何人いるかわかりませんが、地盤をきちんと作ってほしいと思います。いままでサポーター達から話を聞いている限りは正しい方向で動いているようで、それは安心ですが。

 午前11時試合開始でしたので終了は午後1時前です。まだ昼食もとっていませんがこれから急いで帰ります。町内会の理事会が2時に始まりますので時間がありません。ダッシュで保土ヶ谷バイパスを突っ切って家に帰りました。

2006/04/26

等々力到着

等々力到着

人がいない・・・

2006/04/24

横河武蔵野 2-1 ソニー仙台

0422a
 今日は久しぶりに西が丘に遠征します。競技場に来る途中、バイクが突然止まってしまい、途中から歩いたためスタンドに入ったのは前半20分すぎ。既に横河は先制点をあげていました。キックオフに間に合わないとがっかりします。仕方がないですけどね。

 横河武蔵野対ソニー仙台という、お互い中堅チームのカードです。レベル的には三菱や琉球、今期昇格組のチームよりも上のレベルの試合になるはずですが、あまりそういう雰囲気はしません。

 試合はかなり雑なものでした。ソニーがの方が力が上なのですが、試合の進め方にミスが多く、見ていてつらいものがあります。早い時間に横河が先制したので焦りがあったのかもしれません。象徴的なのが横河の2点目で、仙台のGK前川の蹴ったボールはそのまま横河のフォワードに当たりそのままゴールに入ってしまいます。事実上のオウンゴールでこれが決勝点になりました。後半、仙台は逆襲をかけ1点を返しますが試合はそのまま2-1で横河が勝ちました。

 ソニーはもう少しクレバーさがほしかったと思います。審判の判定(これは後述しますが)の微妙さもあり、終始いらいらした試合をしていました。こういう状態に陥ったチームが勝てるとは私は思えません。サッカーがチームプレーである以上、自分を見失った時点で負けだと思います。

 審判についてですが、見ていて不安定だなと思います。特にチャージに対してはイエローカードが多く、その基準も厳しいものでした。ソニーの平間選手が2枚目で退場になったのですが、この時点でソニーの審判に対する不信は頂点に達し、以後投げやりのような展開になりました。後で知ったことですが、今日の主審はこの試合がJFLデビューだったそうです。

 審判の判定は確かに問題でしたし、ソニーに対しては不運だったと思います。しかしソニーに厳しいことを書くようですが、試合を読むということは最初に審判の性格を読むということではないかと思います。今日の主審がチャージに厳しいというのは前半からわかっていたことであり、それがなぜに後半になっても修正できないのか?それが不思議です。後半はソニーの選手が主審に詰め寄り、その都度罵倒しているのが観客席にもよくわかりました。正直、審判よりもその態度に不愉快さが募りました。有料試合を演じている意識があるのかと問いたいくらいです。

 私はサッカーにおいて、選手に求められるクレバーさとは局面の一つ一つをどうやって自分たちに有利なように引き込んでいくかだと思います。審判に詰め寄ることが、檄高させることが自分たちに有利な判定につながると思うのならそうやればよいでしょう。しかし私はそれが正しいことだとは思いません。そういう面で見ると今日の試合は見ていて大変つらいものでした。

2006/04/19

横浜 2-1 神戸

0418
 今シーズン開幕前、横浜サポーターの多くの人は「48戦全勝」と口にしつつも内心では「昇格にからめれば・・」と思っていたのではないでしょうか。少なくとも常勝を目指せるほどの戦力ではないと思います。その目線で見れば札幌、柏、神戸に勝ち仙台に引き分けというのは誰しもが信じられないような結果でしょう。一つ一つの試合を取り上げて勝った原因を後付で探せばその理由はいくらでもでてきます。しかしまず結果を出していること、この事実は最大の評価をするべきだと思います。不安要素はいっぱいありますが、サッカーとは喜べるうちに喜んでおくものです。ペシミストにサッカーファンは勤まりません。

 この試合のMVPは満場一致で城だろうと思いますが、私は山口を推したいです。試合のキーとなったのは山口が三浦淳宏を「キレイに」につぶしたことにあると思います。アツにFKを蹴らせなかったこと、この点をもっと評価してもいいのではないでしょうか。ペナルティエリア付近におけるタックルの慎重さ(誰にもわかるようにボールに行っている)はJリーグをよく知っていないとわかりません。カズも城も山口もアツという選手のすごさをわかっているなあ、と感じさせてくれました。私としては二人が削りあっているのを見るのは少し複雑でしたけどね。

 試合自体は非常にクオリティの高いものだったと思います。少なくとも前週のマリノス-FC東京戦よりはずっと面白い試合でした。ボールを奪ったら前を向いて速攻。サッカーで一番楽しいシーンを90分にわたって見せてくれました。ミスも少なかったですし(判定は変なのが多かったのですが)攻撃の意図もつかみ取れました。また神戸も全力で攻めてくれたのが好ゲームになった理由だと思います。勝敗の分けたのは横浜FCの両サイド(中島-アウグスト、小野智-北村)がすばやく効果的に前線へ供給したことが得点につながり、前述の山口が神戸の三浦アツをつぶしたことですね。そして城が決めてくれたのです。神戸はまだまだ選手が若いですね。サッカーを知っているということで見れば横浜FCのほうが上でした。

 横浜FCの好調さは妙な言い方ですが、後のない切羽詰った緊張感がプラスの効果をもたらしていることにあると思います。開幕戦で監督を交代させるという理解不能な行為に相当の危機感を持って望んだ結果が勝利をよんだのではないでしょうか。その緊張感はいつまで持つのか、この辺が今後の横浜FCの勝敗を決める要素になると思います。連戦、気温、故障、累積警告。高齢選手の多い横浜FCにとって、このネガティブ要素が緊張感を切る可能性は他のチームよりずっと大きいのです。

2006/04/16

ツール・ド・草津

0416
 今年もヒルクライムの季節がやってきました。私の開幕戦がツール・ド・草津です。草津町ではツール・ド・草津が春の始まりを告げるイベントになっているようです。冬季閉鎖中の白根有料道路を自転車レースのために特別に開放して行います。距離18キロ、標高差800メートルというのはヒルクライムレースとしてはそれほど困難ではありませんが、準備不足がたたると結構しんどく感じます。最初は快調で結構抜かしていましたが(それ以上に抜かされていましたが)、半分を過ぎたあたりから脚の回りがおかしくなってきました。明らかにガス欠の症状。うーーーーーーーーん。でもちゃんと完走しました。

 前日は急に冷え込み天気予報は未明にみぞれ、午前中は雨という予報で非常に憂鬱でしたが結果的に晴れました。良かった。気温も高く、防寒ジャージでは暑くて汗がにじみ出ます。こういう調整は難しい。山に登ってしまえば寒くなるのでこれでいいんですけどね。

 世の中にレースの種類はたくさんありますが、自転車レースは参加する人すべてが平等の条件で競争できるのではないかなと思います。オートバイや自動車のレースは金をかけたチームが圧倒的に有利ですから。自転車の価格は安いのから高いのまで非常に差がありますが、アマチュアがレースで使う分には何に乗ろうが大して変わりはありません。練習すればしただけ、しなければしないだけ、キッチリと結果が出ます。私はというと・・・もうちょっとがんばらんと。今年は寒かったのであんまり外に出れなかったからなあ(言い訳)外錬は三ツ沢や等々力に行くときだけというのじゃ甘いです。もっと練習練習。このままでは富士ヒルクライムは散々たる結果が目に見えます。

 今回は雪が非常に多く、開催チームは道路コンディションを良くするために相当苦労したそうです。雪の壁の中を走るのは大変気持ちが良いのですが、スタッフは苦労しただろうなあと思います。頭が下がりますね。アマチュアレース全体にいえるのですが、レースが楽しいかどうかはボランティアスタッフにかかってきます。ゴール後のココアや豚汁やバナナなど美味しかった。こういうホスピタビリティがあると来年も参加しようと思います。ありがとうございました。

 レースに当たってプロ自転車チーム「ANCHOR」のサービススタッフにはお世話になりました。輪行時にチェーンのピンが曲がったらしくギアのシフトができませんでした。全力で修理していただき、無事レースが出来ました。この場を借りて深く感謝の意を述べさせていただきます。ありがとうございました。

2006/04/13

横浜FM 2-0 FC東京

0412
 マリノス対FC東京の試合を三ツ沢で見ることが出来るとは思っても見ませんでした。両ゴール裏、バックスタンド端は完売、バックスタンド中央もほぼ満席。メインはガラガラ。私はバックスタンド中央アウェイ側を買ったのですが3500円という値段の高さにびっくり。でも良く考えてみれば横浜FCホームでバックスタンド当日券を買ってもこの値段なのですよね。改めて馬鹿じゃないのかと思います。

 結果は2-0でマリノスの完勝でしたがそれほどクオリティの高い試合ではありませんでした。原因は両チームともキープレーヤーの調整不足でどの選手も動きが小粒すぎました。

 試合全体を通してマリノスペースでしたが、久保を投入したことにより一気に流れが加速しました。試合終了間近の追加点はその流れの中で久保が押し込んだものです。マリノスを見てつくづく思うのは、マリノスの選手層は決して厚くないということです。象徴的なのがフォワードで、アンジョンファンを入れようがグラウを入れようが、結局は坂田をスタメンで使わざるを得ない。大黒柱である久保が怪我や代表で取られてしまうと点を取るのが難しくなります。中西から奥へつなぐホットラインもついに日の目を見ることはありませんでした。堅牢なディフェンスがマリノスを支えているんだなと思います。奥の変わりに入った吉田が非常に合っていました。今日の試合の立役者は吉田とドゥトラでしょうね。

 それにしても坂田を見ていると柳沢とダブります。戦術上仕方のないことかもしれませんが、私はセンタリングマシンのようなフォワードは評価しません。抜くか打つかどちらかをしてほしいと思います。日本と海外のサッカーの最大の違いはここですね。金を取って魅せるサッカーというのはどういうことなのか、それをもっと考えてもいいのではないでしょうか。

 FC東京についてですが周りで言われているほど酷いものではないと思います。ちゃんと速攻も出来ていました。ただ、試合の大部分がビハインドを追っていましたのでパワープレーをせざるを得なかったのかも知れません。加地がいなくなったのはやはり影響が出ているのでしょうね。

 試合が終わった瞬間すぐに席を立って球技場を後にします。これだけの数がバス停に殺到すると待ち行列が殺人的な長さになります。幸いそれほど並ばずにすみました。待ち時間の合間に他会場の試合経過を携帯で調べます。川崎は鹿島に1-3で負け。・・・・・・はあ。なかなか鹿島には勝てないなあ・・。

 今週末はヒルクライムレースに出るのでサッカー観戦はお休み。次回は4月18日、横浜FC対神戸@三ツ沢です。

2006/04/08

横浜 2-0 柏

0408 2-0で勝つとは正直予想できていませんでした。素直に嬉しいし、選手にはありがとうと言いたいと思います。ポイントは2つ。柏のディエゴを中盤で完全に抑えたこと、これにより守備の負担が軽くなったこと。もうひとつは速攻からの攻めが効果的だったこと。特に柏ペナルティエリア内にボールを入れるタイミングが非常に正確だったこと、これに尽きるでしょう。

 前回の札幌戦と同じパターンですが、試合開始直後は敵に気持ちよく攻めさせて裏を狙う横浜の戦術が当たったと思います。札幌も柏も横浜をどこか見下しているフシがあって、ラインをドンドン上げてきているのが目に付きました。試合開始5分は注意深く様子見、というのがサッカーの基本です。自分自身の試合の入り方、敵の入り方、それぞれを見極めてフォーメーションを組み立てていくのがサッカーの試合特にJ2では必要なことではないかと思います。それを遮二無二せめて行けば穴をつつかれます。この試合、柏はキックオフ直後からディフェンスの岡山を積極的にあげてきました。山口がボールを奪えば当然戻りますが柏のディフェンス陣は明らかにマークがずれており、横浜の得点時にはボールウォッチャーになってしまいました。

 まだ試合開始直後ですからまだまだ挽回できると思ったのでしょう。しかし充分な状況判断ができずに同じやり方でせめて行き、追加点が取られたときになってその考えが誤っていることに気づいても既に遅かったのです。横浜は各スタメンの選手同士で意思疎通が取れており、ディフェンスが安定していました。無失点で過ごせたことに対してGK菅野の出来を評価する声が高いのですが、ディフェンス陣、特にトゥィードがシュートコースを限定させている点は見逃せないと思います。

 柏の動きを見ていて疑問に思うのは、石崎監督は札幌-横浜戦の試合から何を学んだのかということです。試合展開が全く同じです。つまるところ横浜の攻撃はカウンターしかない。ポゼッションサッカーをできるほどの人材はいないのです。であれば試合開始はまず様子見、相手にボールを持たせてカウンター、そういう戦いをすべきでした。石崎監督はそういう試合ができる人です。このあたりがJ1落ちかつ首位チームのプライドなのかもしれません。横浜が勝ったというよりは柏の自滅に近いなと思います。別に横浜を卑下するわけではありませんが、カウンターで来ることがわかっていながらカウンターでやられればそのチームは愚かとしか言いようがありません。

 横浜が強くなったのは一番最初に書いた2点、敵のキープレーヤーを潰すこと、効果的な速攻、これが形になってきたことでしょう。実際、横パスかバックパスしかなかった横浜FCがここまで変わることが出来たのは驚愕に値します。試合のクオリティは高いと思いますし、見ていて楽しかったです。それを実現したのが高木監督の力であるならば純粋にすごい人だと思います。いずれにせよ今の横浜FCはマッタリ感たっぷりのJ2クオリティから決別しました。これだけいい試合をしているのにチケット代を値上げして観衆を減らしているという点でフロントの愚策を嘆いています。

 次節は仙台戦、その次は神戸戦です。強豪との試合が続きますが、今のクオリティを保てるのであれば心配はいらないと思います。心配なのは5月以降の2順目、そして夏場ですね。スタメンが去年から殆ど変わっていないことがどうでるのか、その辺が気がかりです。

 しかしまあ・・フランサ見たかったなあ・・

2006/04/06

輪行

0404
 先週の土曜日は静岡に自転車で行ってきました。ただし自宅から直接ペダルをこいで言ったわけではありません。
 競争用の自転車は簡単に分解することが出来ます。袋にパッキングすると電車に持ち込むことが出来ます。これを輪行と言います。輪行をすると駅から離れたスタジアムにも簡単にいくことが出来て便利です。混んでいる車内に持ち込むときはかなり気を使うのが難点です。基本的には先頭車両の運転席の真後ろ、新幹線や特急ですと一番後ろの席のリクライニングシートの後ろに立てかけます。雨が降ると最低ですが、もっと利用してもいいやり方ですね。

2006/04/02

川崎 2-2 千葉

04021_1
 毎年3月最終日から4月の2日くらいまでの間に急に冷え込む日がきます。3年前は雪が降りました。これが最後の寒の戻りで、明日から本格的に日差しが強くなってきます。それはいいのですが、こういう日にサッカーの試合が当たると観戦が辛いです。風が強いので選手もやりにくいでしょう。

 試合は2-2の引き分けでした。両方のサポーターにとって勝ちきれないすっきりしない結果だったと思います。しかし私としてはお互いに攻め合ういい試合を見ることが出来て概ね満足でした。もちろん勝ちたかったなあという気持ちは強くもっていますけどね。しかし千葉のムービングフットボールを真正面から受けて引きこもることなく戦って勝ち点を得たのですからまあいいとします。

  試合が白熱した理由は両チームがお互いに3バックを強いているため中盤を突破すればその先はフリースペースが広がりゴールを得やすくなるからでしょう。特に試合開始直後は千葉の選手の働きが今ひとつ鈍かったため、川崎の動きのよさが目立ちました。相手が動かなくなるとジュニーニョは生き生きと攻め込むことが出来ます。開始5分の川崎の先制点はこうして生まれました。私はこのままですむはずがないと思っていましたが、川崎が相手の様子を伺うことなしに攻め込んだその姿勢を高く評価したいと思います。(まあ攻めるならその時間帯しかなかったともいえますが)

 その後は千葉が主導権は握りました。両チームの違いはもちろん運動量で、千葉は攻撃に入るとディフェンダーがいなくなります。千葉の攻撃を一身に引き受けたのがセンターバックのストヤノフで、ディフェンダーというよりもリベロに近いと思います。ベッケンバウアーを髣髴させますね。

 同じポジションで比較をすれば寺田に攻撃を任せることができるか?そう考えてもらえばいいと思います。試合の場面場面において川崎は選手がいません。常に数的不利な状態でサッカーをしているわけですから前半で追いつかれたのはやむをえないと思います。まだ川崎はそこまでのチームではありません。

 試合を決めるポイントの一つは前述した風でした。川崎はコイントスで風下を取りました。普通強風の時は風上を選ぶのが常識です。理由としては後半風向きが変わる可能性があるからです。前半は案の定川崎は風に苦しめられました。キーパーのパントキックは風に推し戻されてうまく進みません。この不利な局面を1失点で抑えることが出来たのはある意味ラッキーだったと思います。風上にたった後半はフロンターレも互角に試合をしました。

 この試合で進化したフロンターレを感じることができました。去年の千葉戦でいうと等々力は先制して引きこもっての勝利と遊ばれてなす術もなかった臨海の敗戦が記憶に残っていますが今日は堂々と打ち合えました。
 風の強さを利用して攻め込み、試合も終盤に差し掛かったときにジュニーニョが叩き込んだ2点目は勝利を予感することができるものでした。ロスタイム近くに動転にされたときは「やっぱりなあ」という気持ちもありましたが、そこまで試合を見せてくれて満足です。

 この日の引き分けにより順位は5位に落ちました。今日勝てば無条件で2位だったのですが仕方がありません。今日の上位陣はみんな引き分けですからネガティブに嘆くこともないでしょう。充分に将来を感じることができます。

 スタジアムを出てすぐに引き上げ、自宅に帰った瞬間土砂降りの雨になりました。運が良かったです。次節は三ツ沢で横浜FC-柏の観戦です。柏のフランサに注目ですね。私はレバークーゼン時代のフランサを良くテレビで見ていました。まさかフランサと横浜FCが対戦することになるとは当時は想像もできなかったと思います。そういう意味で楽しみなカードではあります。

2006/04/01

がんばれ俺!!

0331
毎年この時期は同じことを言っているような気がしますが。でもいいのさ。人生毎日が挑戦だから。(意味不明)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »