2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜 1-0 徳島 | トップページ | さようなら西が丘第二球技場 »

2006/05/08

川崎 1-0 C大阪

0507a
前日の横浜FC-鳥栖戦が1対0、今日の川崎-C大阪戦も1-0と同じスコアでしたが試合内容は全く異なるものでした。横浜の得点はPKのみ、川崎の得点は流れの中で入れたということを考えると川崎の方がずっといい試合をしたのではないか、と考えがちです。ましてやJ1とJ2とレベルも違います。川崎は強力なフォワードを沢山そろえていて、普通に考えればワクワクしたサッカーを見ることができるだろうと思うでしょう。

 しかし実際は全く逆でした。楽しめるサッカーをしたのは横浜FC、イライラしながら見ていたのが川崎です。この違いはいったい何なのか?と考えてしまいます。

 ひとつ考えられるのはボールポゼッションに対する意識の違いではないかと思います。徳島線における横浜FCは自らが積極的にボールを持ちにいきました。開幕後から柏戦のあたりまでは典型的なカウンターサッカーでしたが現在はボールを持って速攻をかけてきます。バルセロナスタイルとはいいすぎですが、点を取る上での気持ちの持ちようというのは通じるものがあると思います。山口とチョンヨンデがボランチの位置でボールを奪って中央から速攻、という展開は見ていて気持ちがいいものです。この試合に限って言えばPKでしかゴールを奪えませんでしたが守備から攻撃に移るタイミングにミスがなく、見ていて楽しいサッカーだったと思います。

 翻って川崎はどうかというと、そもそもがカウンタースタイルのチームですので戦術は相手が積極的に攻めてくることを前提としています。ところがセレッソは最初から川崎にボールを渡し引き気味に構えています。セレッソはブルーノの縦への飛び出しが効果的で川崎はむやみにラインを上げることができません。またマルコンのディフェンスも怪しく、左サイドから切り崩されてしまいます。これは前々節の清水戦もそうでした。若い兵藤に好き放題やられた印象があります。セレッソは川崎-清水戦を相当研究しているなと思いました。

 J1よりもJ2のほうが見ていて楽しいというのも変な話ですが、サッカーの楽しさとリーグのカテゴリは必ずしも比例しないといういい見本ですね。もちろんいいサッカー、楽しいサッカーをすることが必ずしも強いとは限らないわけですが。

0507b
 ジュニーニョも我那覇も厳しいマークにあい、シュートが打てません。そして雨の影響もあるのでしょうが、ミスが続出します。敵にパスを出す、簡単に奪われる、そういうシーンをさんざん見せつけられれば、見ちゃいられないという気持ちになるのではないでしょうか。川崎にとってラッキーだったのはセレッソが守備的に来ていたため攻撃にタメがなく、あまり怖さを感じなかったことです。セレッソは西澤のワントップだと思いますが川崎の山脈3バックがことごとく彼を押さえていたためセレッソのチャンスはありませんでした。私はセレッソが西澤をフルスタメンで使い続ける理由がよくわかりません。古橋や徳重を中盤で使うぐらいなら彼らを前面に出すか、むしろ若い苔口にもっとチャンスをあげてもいいと思うのですが。

 試合は膠着に膠着を重ねドンドンぐだぐだになってきます。後半の中頃になってセレッソの運動量が落ちたのか、それとも我那覇に変わった黒津が流れを変えたのか川崎が押し始め、マルクスが先制し、そのまま逃げ切りました。勝ってよかった。それだけの試合でした。勝利という結果をだしても「それだけ」と言っている当たりが自分でもすごいと思いますが。

 暫定ですが川崎は首位に立ち、そのまま中断期間に入ります。内容がグダグダであれ、この勝ちは非常に大きいと思います。なぜなら後半のトップ3連戦に対してモチベーションを大きく持って行けるからです。「修羅場3」とクラブ自ら銘打った企画に対して正面から取り組むことができます。いろいろ好き放題言っていますが、私は悪いなりにもひとつひとつ結果を出していることを素直に喜んでいます

« 横浜 1-0 徳島 | トップページ | さようなら西が丘第二球技場 »

コメント

そうなのです。つまらんサッカーをされると困るのです。当日はブルーフレンズの招待券を使い、川崎市民でありながらフロンターレを知らない知人を等々力に連れて行きました。雨の中でご苦労様なのに、あの内容でしたから。「首位vs最下位なんですよね」というのが感想でした。幸いにもハーフタイムのレッズ戦の宣伝を見て、「家族で再挑戦」をしてくれることになりました。今度はちゃんとやれよ、って感じですね。

そうですね。これから川崎の一般人を引き込んでいくためには次につながる試合をしないと。でも結果を出すという成果から見れば十分評価はしていいと思います。明日から大分戦ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9965475

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎 1-0 C大阪:

« 横浜 1-0 徳島 | トップページ | さようなら西が丘第二球技場 »