2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FCユース 8-0 かながわクラブ | トップページ | 川崎 1-0 C大阪 »

2006/05/06

横浜 1-0 徳島

0506 1-0で横浜FCの勝ち。いいサッカーをしているとは思いますがこの強さはうまく説明ができません。どの選手が良かった、というレベルではないのです。

 試合自体は難しいものでした。レベルが低いというわけではなく、強風と堅守に攻めあぐねたといった感じのものです。この試合の見所は、強い風をどのように利用するかという点にあったと思います。前半、横浜FCは追い風側のエンドをとりました。徳島は向かい風です。徳島の選手は全員がかなり引き気味のポジションを取り横浜FCを待ちかまえました。案の定、横浜FCはポゼッションを握り一方的に攻めます。ここが試合のひとつのポイントで、私は横浜FCが勝としたら前半のうちに点を取るしかないだろうと思っていました。

 しかし徳島はよく粘りました。ジョルジーニョをワントップに据えているとはいえ事実上の全員守備です。これに徳島GK高橋が好守を見せます。高橋はキャッチングやポジショニングはかなり危なっかしい面がありますがセットプレーは鉄壁のセーブを見せます。これは仙台時代からそうです。よく守る徳島、攻めあぐねる横浜、そういう試合だったと思います。結局前半はスコアレスドローでした。徳島の守り勝ちといえる内容でした。

 後半の横浜は風下にエンドをとります。厳しい展開になるとは思っていましたが予想に反して横浜FCはいい動きを見せます。ここで光っていたのはGKの菅野でした。風下に立っていたにもかかわらずゴールキックもパントキックもまっすぐに飛びます。徳島のGK高橋のゴールキックは風に戻されるケースが多かったので、こういうところに彼の技量があるのでしょう。勘違いしてほしくないのは決して高橋がだめと言っているわけではないのです。セットプレーに対する読みの良さは菅野よりも高橋の方が上です。そういう良さの違いを見比べることができただけでもこの試合は楽しめました。

 試合を決めたのは1本のPKでした。北村がペナルティエリア内で倒され、そのPKをカズが決めました。私はこの試合はスコアレスドローで終わるだろうと思っていたので横浜FCとしてはラッキーでした。PK自体は運の良さでしょうが、これを運と見るか実力が引き寄せたと見るかは何ともいえません。横浜FCが調子のいい、キレイなサッカーをしているのを見ると実力で勝ち取った勝利と言ってもいいのでしょうが。

 試合展開がどうであれ、勝ち続けるという結果はまぎれもない実力です。それが最終的にどう転ぶのか、それが全く見えないところに不安が募ります。本来であれば期待に胸ふくらませているべきなのでしょうが。一番最初に述べた「説明がつかない」というところでつっかかります。横浜FCはチームマネージメントが明らかに未熟でその解決が後回しにされています。この状態で勝利を重ねると言うことは基礎の足りない高層ビルを建て続けているようなものと言えばいいのでしょうか。チームの耐震強度が不足していることはサポーターの多くが認識しています。だから地震が起きたとき=連敗を重ねたときの不安が強く残るのです。

« 横浜FCユース 8-0 かながわクラブ | トップページ | 川崎 1-0 C大阪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/9930429

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜 1-0 徳島:

« 横浜FCユース 8-0 かながわクラブ | トップページ | 川崎 1-0 C大阪 »