2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 準備着々 | トップページ | YSCC 0-1 矢板SC »

2006/05/28

横浜 2-0 愛媛

0527_1

 2-0で横浜FCの勝ち。ゲームに創造性がなく、みどころの非常に少ない試合でしたがこれはやむを得ないものでした。愛媛の徹底した専守防衛フォーメーションをこじ開けるのは今の横浜FCでは非常に難しく、吉武の得点を褒めることでよいのではないかと思います。逆に愛媛はどうかというと、前半の早いうちに退場者を出していますので上位相手に勝ち点を拾うためにはとにかく引いて守るんだ、という考えは理解できます。

 純粋に観客席からの目線で見るのなら、愛媛の引きこもりとも言える極端な守り方は非難されてしかるべきです。少なくともエンタティメント性はぶち壊わしでイライラするものでした。しかし現在愛媛が下位に低迷しているのを考えると仕方ないのかもしれません。アウェイですので勝ち点1がとれるのならばOKなのでしょう。

 横浜よりの目線で見るのであれば、こういう試合だとベテラン選手が生きないなと思います。敵の運動量が絶対的にないので老練や老獪さという強みを発揮する場面がありません。私としては敵にボールを渡してわざと攻めさせてみれば?とも思うのですが、難しいのでしょうね。自らが格上となって試合をした経験がないためにとまどいを見せたようにも思います。ただ、前半になんとかして1点ほしかったと思います。そうすれば後半の展開は全く違ったものになっていたはずです。

 でもそれでも点を取って勝ったのです。それをもって評価とするで良いと思います。内容を伴った勝ちを要求するほど横浜FCの選手層は厚くありません。普通に考えて、このチームが連勝を続けるだけの理由は説明できないのです。このチームがどの辺で地獄を見ることになるのか、それはだれにもわかりません。夏前でバテるか、昇格前のプレッシャーで見るか、昇格後の連敗で見るのか、どこかのタイミングでそのときがくるのでしょうが、そのときはそのとき、そう考えていいと思います。

« 準備着々 | トップページ | YSCC 0-1 矢板SC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/10273448

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜 2-0 愛媛:

« 準備着々 | トップページ | YSCC 0-1 矢板SC »