2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜 1-0 草津 | トップページ | ブラジルと戦ってきます »

2006/06/17

湘南 0-2 横浜FC

0617
 2-0で横浜FCの勝ち。普通に強いチームになりました。なんども書いていますが私は未だに強い理由がわかりません。どこまでこの好調さが続くのか、期待感と恐怖感が同居していますね。

 試合は典型的なJ2レベルでグダグダなものでした。前半0-0で終了したときには引き分けの香りも漂ってきたのですが、少なくとも負けはないな、と思いました。湘南の攻撃があまりにもつたなく、攻撃の意図が全く見えなかったからです。

 横浜は山口が最終ラインまで下がったときの安定感が非常に大きく、横浜から見て左サイドを崩させません。山口、チョン、内田の中盤の構成力は目を見張るものがあります。ただしこれは彼ら個人個人の能力が突出しているからではなく、チーム全体の基本コンセプトが確立しているからでしょう。トゥイードや中島と言った、ディフェンスのキーになる選手が負傷欠場しているにもかかわらず、危なさを感じないのは凄いと思います。

 そういうディフェンスの安定さが攻撃陣の信用を生み、堂々と攻めることができます。湘南のプレスは緩く、遅効で攻めてもボールをとられません。もっと刃向かってくればいいのにと敵ながらそう思っていました。

 お互いに速攻がなく、気温の高さもあって眠くなります。こういうチームがJ2上位にいていいのかなとも思いますが、勝っているならいいのだとします。正直、このチームに内容を求めようとは思いません。勝てばいいのです。

 後半、どちらが先にバテるかなと思っていましたが先ににバテたのは湘南でした。もともとかかっていなかったプレスがさらに緩くなります。見かけ上、横浜の選手に相対峙しているように見えますが、横浜は簡単に抜けるので湘南の足が止まっているということだと思います。混戦で城が決めた時点で勝敗は決していました。内田のミドルシュートは見事でしたがこれはおまけですね。余談ですが、こういうミドルシュートが決まるのを見ると今年の新ボールの威力は馬鹿にならないのかなと思います。ワールドカップもそうですが、ロングレンジのシュート決定率が高くなっています。逆にいうと、こういうシュートを打てるか、防げるかというのが勝敗の鍵を握っているのかもしれません。

 横浜FCは今日の勝利により総得点差の2位になりました。実際首位でもおかしくないと思います。一戦一戦が背水の陣のような気がしますが、勝ち続けることに非はありません。キーは夏場だと思いますが、期待したいと思います。

« 横浜 1-0 草津 | トップページ | ブラジルと戦ってきます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/10568390

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南 0-2 横浜FC:

» 横浜FC勝利 [ブログTHIS WORLD]
世間はワールドカップ一色ですが J2はリーグ戦真っ只中 横浜FCは平塚でベルマーレ戦 0−2で快勝 勝ち点で柏レイソルに並んだよ 強いな なんといっても守備がいいよね トゥイードがいなくたって また無失点だよ 得点 横浜FC 城彰二 内田智也 [続きを読む]

« 横浜 1-0 草津 | トップページ | ブラジルと戦ってきます »