2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/20

これからパリに向かいます

これからパリに向かいます

頑張って応援してきます。パリ乗り継ぎでデュッセルドルフまでいきます。

2006/06/19

ブラジルと戦ってきます

0619_1
何も言うことはありません。決勝トーナメント進出などどうでもいい。ただ、目の前の敵をたたきつぶしてきます。

2006/06/17

湘南 0-2 横浜FC

0617
 2-0で横浜FCの勝ち。普通に強いチームになりました。なんども書いていますが私は未だに強い理由がわかりません。どこまでこの好調さが続くのか、期待感と恐怖感が同居していますね。

 試合は典型的なJ2レベルでグダグダなものでした。前半0-0で終了したときには引き分けの香りも漂ってきたのですが、少なくとも負けはないな、と思いました。湘南の攻撃があまりにもつたなく、攻撃の意図が全く見えなかったからです。

 横浜は山口が最終ラインまで下がったときの安定感が非常に大きく、横浜から見て左サイドを崩させません。山口、チョン、内田の中盤の構成力は目を見張るものがあります。ただしこれは彼ら個人個人の能力が突出しているからではなく、チーム全体の基本コンセプトが確立しているからでしょう。トゥイードや中島と言った、ディフェンスのキーになる選手が負傷欠場しているにもかかわらず、危なさを感じないのは凄いと思います。

 そういうディフェンスの安定さが攻撃陣の信用を生み、堂々と攻めることができます。湘南のプレスは緩く、遅効で攻めてもボールをとられません。もっと刃向かってくればいいのにと敵ながらそう思っていました。

 お互いに速攻がなく、気温の高さもあって眠くなります。こういうチームがJ2上位にいていいのかなとも思いますが、勝っているならいいのだとします。正直、このチームに内容を求めようとは思いません。勝てばいいのです。

 後半、どちらが先にバテるかなと思っていましたが先ににバテたのは湘南でした。もともとかかっていなかったプレスがさらに緩くなります。見かけ上、横浜の選手に相対峙しているように見えますが、横浜は簡単に抜けるので湘南の足が止まっているということだと思います。混戦で城が決めた時点で勝敗は決していました。内田のミドルシュートは見事でしたがこれはおまけですね。余談ですが、こういうミドルシュートが決まるのを見ると今年の新ボールの威力は馬鹿にならないのかなと思います。ワールドカップもそうですが、ロングレンジのシュート決定率が高くなっています。逆にいうと、こういうシュートを打てるか、防げるかというのが勝敗の鍵を握っているのかもしれません。

 横浜FCは今日の勝利により総得点差の2位になりました。実際首位でもおかしくないと思います。一戦一戦が背水の陣のような気がしますが、勝ち続けることに非はありません。キーは夏場だと思いますが、期待したいと思います。

2006/06/11

横浜 1-0 草津

0610
 1-0で横浜FCの勝ち。トゥイード・中島と言ったレギュラーディフェンダーの欠場や週2戦の過密日程を考えると試合のクオリティが低いのはやむを得なかったかなと思います。ミスパスといえるようなものは特にありませんでしたが、積極的に間を詰める草津に対して横浜が打開を計るようなことは見られませんでした。唯一突破できたのはアウグストの個人技で、その一刺しが得点を生みました。

 試合内容が悪いなりにも勝ってしまうのは褒めてしかるべきで、そういう意味では充分に満足しています。しかしだんだん厳しくなってきています。ヒト・カネ・モノすべてが不足しているチームが好試合を続けられるわけでもなく仕方がないのでしょうね。カズや山口の能力の限界、城に疲れが目立つなど、今日の勝ちを明日につなげることができていないなと思います。

 草津はやることをやっていたと思います。守備はマークが厳しく、横浜の攻撃を潰しました。高田は湘南時代の高田そのものでした。点を取れなかったのですから評価はできないのでしょうが、自分でサイドから裏をつく動きを見ているともっとボールを入れてあげればいいのにと思います。しかし、まず守備ありきでは攻撃に幅を持たせることができないのでしょうね。仕方がないのでしょう。ポゼッションのとれないサッカーは苦しいと思います。2,3年前までの横浜FCを思い出させます。

 横浜は次は湘南と戦います。湘南も監督が替わりしんどい状態です。なにかグダグダな試合を予感しますが、今の横浜は勝てばいい、という状態ですのでまずは勝利のみを期待したいと思います。
 

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »