2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 水戸サイクリング | トップページ | 東京V 4-1 柏 »

2006/08/21

流通経済 2-2 ホンダロック

0820a
 私はホンダロックも流通経済大学の試合も観戦したことがありません。行きたいなあと思いつつも既に8月も終わり。現在の両チームの順位を考えると来年、JFLで観戦できる機会はないかもしれません。これはいけない!!と日程を調べるとちょうど両チームの対戦が水戸市立競技場であることがわかりました。ということで青春18切符を購入して常磐線にMTBを積み込んで観戦にでかけます。

 水戸市立競技場は数年前にホーリーホックの試合で観戦したことがありますが、当時よりボロッちさに磨きがかかりました。出入り口のタイルが波打っているのを見るとこれだけでけが人が出るのではないかと思います。けが人が出たら水戸市は賠償義務を負うのだろうかとちょっと考えてしまいます。

 流通経済大学のサッカー部員は切符販売からもぎり、ジュース販売に至るまで全員が礼儀正しく応対します。体育会系の部員はたいていそうですが、まず礼儀ありきの姿勢は好きですね。試合後に競技場の写真を撮るべくバックスタンドに回りましたが用具片付けの部員も「こんにちは」と挨拶します。このレベルの常識を身につける学生は日常生活ではなかなかいません。どこぞのプロボクサーを見ているとあれは違う種類の人間だと言うことがよくわかります。

 閑話休題。試合ですが、JFL下位同士の試合とはいえ、勝ち点1を奪い合う真剣なゲームでした。もっともレベル的にはアレで、誰が良かったというものではありませんでしたが。それでもホンダロックが先制し、追いつかれ、突き放し、このまま逃げ切るかと思われた最後の瞬間、流通経済が追いついた時はドラマがありました。同点即試合終了のその瞬間、ホンダロックの全選手が全員が芝に伏せてしまいましたが、そのときはさすがにサッカーの残酷さを感じました。最下位をとにかく脱出したいホンダロックにとって、あと数秒耐えれば得られた勝ち点3が逃げてしまったという気持ちは私には想像できませんね。頭を抱えるサポーターを見るとやりきれません。

 ホンダロックは宮崎県のチームですが応援団が大勢来たのは意外でした。30人ほどでしょうか。ホンダの栃木工場からの動員かもしれませんが、言葉遣いが九州のものなので団体で遠征したのかもしれません。今時珍しい割れメガホンをパンパンと叩いて応援する様は実業団チームそのものですね。なにか懐かしいものを感じました。

 そうそうホンダロックで南光太選手を見つけたときはうれしかったです。99年のJFLで横浜FCが水戸と対戦したとき、この選手にやられた覚えがあります。今日の試合も唯一目立っていた選手でした。名前からしてキーパーだったかなと錯覚してしまいますが、ポジションはボランチです。それと城和憲選手を初めて見ました。お兄さんそっくりでしたね。顔とかプレースタイルとかではなく、ふてぶてしく歩く後ろ姿が。頑張ってください。 

会場:水戸市立競技場 観衆:252人

« 水戸サイクリング | トップページ | 東京V 4-1 柏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38976/11547464

この記事へのトラックバック一覧です: 流通経済 2-2 ホンダロック:

« 水戸サイクリング | トップページ | 東京V 4-1 柏 »