2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 蔚山 6-0 G大阪 | トップページ | 川崎 1-1 横浜FM »

2006/08/07

横浜 3-2 水戸

0806n
 前半は一方的に横浜がゲームを支配し、速攻で2点を取り、後半は逆に速攻で支配されるサポ的にはグダグダな試合でした。最後の城のゴールがスペクタルで、そこに物語性がでちゃっている分、客観的に見れば面白いゲームなのでしょうが、サポ目線で「感動した!」と言っている人がいればその人自身もグダグダです。横浜はまだまだゲームコントロールができないチームです。城が見せた最後の気力だけ、そこだけを切り取ってよくやったと言うべきなのでしょう。

 後半はとりあえず無視して前半だけ限定して書きます。アレモンとアウグストのコンビネーションが抜群で、水戸としてはマークが難しかったのではないでしょうか。カズをスタメンから外したのは大正解で前線の動きが飛躍的に高くなりました。人もボールも動くいいサッカーで、前半だけならJ1でみるゲームクオリティでした。あとは山口をいつ先発から外すか、そのタイミングの見極めが大事だと思います。

 まあこのゲームにこれ以上の価値はないのですが。これがカップ戦ならば勝ったことで次があるので充分よくやったと言えます。しかしこの試合はリーグ戦なので次にどうつなげるのか、その問題点がものすごくぼやけてしまったと私はそう思っています。

« 蔚山 6-0 G大阪 | トップページ | 川崎 1-1 横浜FM »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔚山 6-0 G大阪 | トップページ | 川崎 1-1 横浜FM »